webdevqa.jp.net

マスター値とローカル値のphpinfo()の違い

私はphp5.2.13でCentOsをクリーンインストールしています。ロードされ、phpinfo()のヘッダーに存在するphp.iniには、

  safe_mode=off

私が持っているphpinfo()情報に

// local value - safe_mode: On
// master value - safe_mode: off

phpファイルにはphpinfo()関数しかありません。私はまだこれを上書きするディレクティブがあるかどうかを確認するためにvhostファイルを探していますが、それでも何か提案はありますか?

18
Elzo Valugi

問題/解決策は、vhostsフォルダーに追加された追加の構成ファイルにあることがわかりました。ファイルの名前はhttpd.includeで、次の行があります

php_admin_flag safe_mode on

PS。他のシステムがこのようにオンザフライでファイルを作成するとき、特に必要な値を使用して、私は本当に嫌いです。

8
Elzo Valugi

「マスター値」(php.iniから)は、httpd.confの「ローカル値」でオーバーライドできます。 .htaccessまたはphp_valueディレクティブを使用したその他のApache構成。

10

Phpinfo()の出力で「解析された追加のiniファイル」を探します。この設定は、Apache構成(.htaccessファイルを含む)でも変更できます。

10
m1tk4