webdevqa.jp.net

メディア以外のダイアログに対してwp.media.editorモーダルを再利用することは可能ですか?

拡張するには:私は、メディアエディタではなく、私自身のカスタムダイアログのモーダルを開くために、同じモーダルコード/外観(wp.media.Modal、wp.media.FocusManagerで使用されるもの)を利用したいと思います。以前は、こういったことにthickboxを使っていましたが、wp.media.Modalがモーダルの未来の道であるように見えます - 言うまでもありませんがクールに見えます。

私はJSのソースを少し突いて、いくつかの可能な解決策を見つけました。

  1. コードmedia-views.jsを「借用」して私のプラグインで使用します。
  2. "Extend" wp.media.Modal(結局のところ、バックボーンビューです)。
  3. カスタム実装、jQueryUIなどを作成します。
  4. あきらめてthickboxを使うだけです。

借用はwp.media.Model.extend({})を使用するよりも多少危険性が少ないように見えますが、無駄です。私はjQueryUIの様相の大ファンではありませんが、それは仕事を完成させるでしょう。同時に、私はモーダルのカスタム実装を行うことができます(または別のライブラリからそれをベースにする)。

他の誰かがこれをやめたのか、それとも新しいメディアライブラリのモーダルコードが "新しすぎる"再利用を許しているのか。

30
Jer

返答と編集。免責事項:次のコードは no copy&paste-togoのコードです。

ラフスケッチ

メディアモーダルを他のものに誤用したことは一度もないので、ここでは、現在進行中のプロジェクトから一部を抜粋してスケッチした概要を簡単に説明します。それはnotの準備ができた例ですが、それはあなたを十分近くに連れて行くべきです。コメント慎重にを読み、あなたのオブジェクトに以下のPHPを実装してください。

PHP

コンストラクタにスクリプトを登録し、情報とメディアボタンを保持するメタボックスを追加し、追加のMIMEタイプ(Zipなど)でフィルタリングし、追加データを保存するようにします。

public function __construct()
{
    add_action( 'admin_enqueue_scripts', array( $this, 'enqueue_scripts' ) );

    foreach( $this->post_types as $post_type )
        add_action( "add_meta_boxes_{$post_type}", array( $this, 'add_meta_box' ) );

    add_filter( 'media_view_settings', array( $this, 'filter_media_view_settings' ), 10, 2 );

    add_action( 'wp_insert_post_data', array( $this, 'wp_insert_post_data' ), 10, 2 );
}

特定のページにそのスクリプトが必要ない場合は、必ず中止するようにしてください。これはメモリを節約し、時間を要求しそしてあなたの設備をきれいに保つのを助ける。

public function enqueue_scripts( $page )
{
    if (
        ! in_array( $page, array( 'post.php', 'post-new.php' ) )
        # Assuming that there's a class property array that holds post types we want to add to
        # OR ! in_array( get_current_screen()->post_type, array_keys( $this->post_types ) )
    )
        return;

    wp_enqueue_media();
    wp_enqueue_script(
        'wpse_media_modal',
        plugins_url( 'assets/js/media-modal.js', dirname( __FILE__ ) ),
        array(
            # 'jquery',
            'media-views'
        ),
        null,
        true
    );
    wp_localize_script(
        'wpse_media_modal',
        'wpse_obj',
        $this->get_media_props()
    );
}

それからメタボックスを追加します。関数内では、$postオブジェクトのpost_typeプロパティを使用することができます。これは新しい投稿にも設定されます。コンストラクター内のコールバックを適切なコンテキストフックに既に登録しているので、どんな種類の投稿でも使用できます。

public function add_meta_box( $post )
{
    add_meta_box(
        'wprd_upload',
        __( 'Upload', 'our_textdomain' ),
        array( $this, 'render_content' ),
        $post->post_type,
        'advanced',
        'default',
        array()
    );
}

追加のMIMEタイプ

Media ModalのデフォルトのMIMEタイプをオーバーライドするか追加する配列を単純に投入します。他の設定を追加または上書きすることもできます。コールバックが何を提供するのかを見るためにはvar_dump( $settings );だけです。また、間違った投稿タイプを傍受しないようにしてください。

public function filter_media_view_settings( $settings, $post )
{
    if ( ! in_array( $post->post_type, array_keys( $this->post_types ) ) )
        return $settings;

    $settings['mimeTypes'] += array( 'application/Zip' );

    return $settings;
}

コンテンツをレンダリングする

public function render_content()
{
    $props = array(
        'modalTitle'      => __( 'Select Zip Archives', 'our_textdomain' ),

        // The following data is what we will access later
        // SomeIDfromLocalizedScriptOBJ
        'buttonID'        => 'open-media-lib',
        'buttonClass'     => 'open-media-button',
        'buttonText'      => __( 'Add Zip', 'our_textdomain' ),
        'buttonDataText'  => __( 'Select', 'our_textdomain' ),
        'buttonDataTitle' => __( 'Select Whatever', 'our_textdomain' ),

        'mimeTypes'       => array(
            $Zip => __( 'Zip Archive', 'our_textdomain' ),
        ),
    );

    wp_nonce_field( plugin_basename( __FILE__ ), $this->nonce_name );
    ?>
    <input type="button"
           class="button <?php echo $props['buttonClass']; ?>"
           id="<?php echo $props['buttonID']; ?>"
           value="<?php echo $props['buttonText']; ?>"
           data-title="<?php echo $props['buttonDataTitle']; ?>"
           data-button-text="<?php echo $props['buttonDataText']; ?>" />
}

データを保存する

最後に、データが正しく保存され、チェックされるようにします。すべてのesc_*()関数、型キャスト、nonce、および何も使わないでください。

public function wp_insert_post_data( $data, $post_array )
{
    if (
        ! in_array( $post_array['post_type'], array_keys( $this->post_types ) )
        # OR ( defined( 'DOING_AUTOSAVE' ) AND DOING_AUTOSAVE )
        OR ! isset( $_POST[ $this->nonce_name ] )
        OR ! wp_verify_nonce( $_POST[ $this->nonce_name ], plugin_basename( __FILE__ ) )
    )
        return $data;

    $post_array['Zip'] = array_map( 'array_filter', $post_array['Zip'] );

    $id = $post_array['ID'];
    update_post_meta(
        $id,
        'Zip',
        $post_array['Zip'],
        get_post_meta( $id, 'Zip' )
    );

    return $data;
}

JSの例に進む前の最後のメモ:コードは現在のプロジェクトの分割です。そのため、すでに述べたように、デフォルトでは機能しません。それはガイドのみで、他には何もありません。

ジャバスクリプト

JavaScript自体はかなり簡単です。違います。しかし、お分かりのように、私はjQueryをカスタムのローカライズされたスクリプトオブジェクトとして関数に注入しています。それ以降は、必要なロジックを追加する必要があります。さまざまな状態とコールバックの基本的な環境が提供されており、console.log()が存在します。

var ds = ds || {};

( function( $, obj ) {
    var media;

    ds.media = media = {};

    _.extend( media, {
        view: {},
        controller: {}
    } );

    media.buttonID    = '#' + obj.buttonID,

    _.extend( media, {
        frame: function() {
            if ( this._frame )
                return this._frame;

            var states = [
                new wp.media.controller.Library(),
                new wp.media.controller.Library( {
                    id:                 'image',
                    title:              'Images',
                    priority:           20,
                    searchable:         false,
                    library:            wp.media.query( { type: 'image' } ),
                    multiple:           true
                } ),
                /*new wp.media.controller.Library( {
                    id:                 'video',
                    title:              'Video',
                    priority:           40,
                    library:            wp.media.query( { type: 'video' } ),
                    multiple:           false,
                    contentUserSetting: false // Show the Upload Files tab.
                } ),*/
                new wp.media.controller.Library( {
                    id:                 obj.SomeIDfromLocalizedScriptOBJ,
                    title:              obj.SomeTitlefromLocalizedScriptOBJ,
                    priority:           30,
                    searchable:         true,
                    // filterable:         'uploaded',
                    library:            wp.media.query( { type: obj.SomeMIMETypesfromLocalizedScriptOBJ } ),
                    multiple:           true
                    // contentUserSetting: true
                } ),
            ];

            this._frame = wp.media( {
                // className: 'media-frame no-sidebar',
                states: states
                // frame: 'post'
            } );

            this._frame.on( 'open', this.open );

            this._frame.on( 'ready', this.ready );

            this._frame.on( 'close', this.close );

            this._frame.on( 'menu:render:default', this.menuRender );

            this._frame.state( 'library' ).on( 'select', this.select );
            this._frame.state( 'image' ).on( 'select', this.select );
            this._frame.state( obj.ZIPTabID ).on( 'select', this.select );

            return this._frame;
        },

        open: function() {
            console.log( 'Frame opened' );
        },

        ready: function() {
            console.log( 'Frame ready' );
        },

        close: function() {
            console.log( 'Frame closed' );
        },

        menuRender: function( view ) {
            /* view.unset( 'library-separator' );
            view.unset( 'embed' );
            view.unset( 'gallery' ); */
        },

        select: function() {
            var settings = wp.media.view.settings,
                selection = this.get( 'selection' );

            selection.map( media.showAttachmentDetails );
        },

        showAttachmentDetails: function( attachment ) {
            // This function normally is used to display attachments
            // Handle removal of rows
            media.removeAttachmentRow( /* some var */ );
        },

        removeAttachmentRow: function( row ) {
            // Remove stuff callback
        },

        init: function() {
            // Open media frame
            $( media.buttonID ).on( 'click.media_frame_open', function( e ) {
                e.preventDefault();

                media.frame().open();
            } );
        }
    } );

    $( media.init );
} )( jQuery, wpse_obj );

チュートリアル

WP 3.5メディアマネージャの作者であるDominik Schillingは、メディアモーダルのためのデモのセットを書きました。 GitHubでそれらを見ることができます

12
kaiser