webdevqa.jp.net

どのように私は私が「プラグイン>設定」リンクで得られる「すみません、あなたはこのページにアクセスすることを許されない」エラーを修正しますか?

私はちょうどWordPress 4.6にアップグレードしました、そして今私が私のこのプラグインのいくつかの Settings リンクをクリックしようとすると、この " 申し訳ありませんが、あなたはこのページにアクセスできません。 "メッセージ。

私はうまくプラグインを有効/無効にすることができますが、何らかの理由で私は設定ビューの下に行くことができません。

私は他の人がこれを直すのに使った方法のいくつかに従うことを試みました。新しい管理者を追加したり、データベースの " wp_capabilities "と " wp_user_level "の値を更新するのと同じですが、まだ機能しません。

この問題をさらにデバッグまたは解決する方法を誰かが知っていますか?

1
olimits7

私はこのメッセージ「すみません、あなたはこのページにアクセスすることを許可されていません」は、さまざまなWordPressサイトが同じphpMyAdminにあるときに発生します。同じphpMyAdmin内に同じテーブルプレフィックスがあると予想されるWordPressサイトの数はわかりません。

0
Alvan

"define( 'DISALLOW_FILE_MODS'、true);"のwp-setting.phpファイルも検索してください。削除してください。上記の解決策のどれも、これ以外は私のために働きました!

0
Kmaj

Wp-config.phpでテーブルのプレフィックスを "_"に変更して保存してください。それからwp-admin /をロードしてみてください。新しいインストールメッセージが表示されることがあります。インストールせずに戻って、プレフィックスを "WP"に変更してください。これは私のために働きました。私はこれが皆のために働くかどうかわからない。

前:$table_prefix = 'wp_';
間に:$table_prefix = '_';
の後:$ table_prefix = 'WP_';

0
Muhammed AK

いくつかのバックエンドイベントが発生すると、Wordpressはデフォルトの403ページを表示します。

  1. 役割に誤った権限があるため、ユーザーはアクセスを許可されていません
  2. バックエンドページが見つかりません。これは、プラグインやテーマがアクティブでなくなってデータベースに遺物データが残っている場合、または管理ページが誤って設定されているために誤ってルーティングされている場合に発生します。あなたがurl書き換えプラグインを使用していて、バックエンドのurisを正しく扱っていないか、書き換えをしていない場合、これはしばしば起こります。これはしばしばログイン画面から締め出されることにもつながります。
  3. 内部コアルーティングメカニズムにエラーがあり、理解できない、処理できない、または認識されないスキーマにマッピングされるという結果を受け取ります。
  4. ダッシュボードのルーティングステップ中に致命的ではない致命的なエラーが発生する

あなたの場合、それはおそらく3番目の可能性です。 Wordpressのコアコードは厳密な型チェックを行わないため、受け取ったデータが適切にフォーマットされているか、現在の目的に有効であるかを確認することにあまり時間をかけずに内部処理を進めます。コアの内部構造がどのように機能するのかわからない場合、これは非常に奇妙で頻繁にエラーを診断することを困難にします。

次の対策は、予備的なプリフライトとして順に並んでいます。

  • 同じインストールで実行されている各サイトに独自のデータベースが割り当てられていることを確認します。これには、クラスタ内の他のデータベースにアクセスする権限を持たない独自の専用ユーザーがあります。たとえば、rootとしてPhpMyAdminにログインすると、クラスタ全体にアクセスできます。特定のアプリケーションでは、クラスタ内に専用のデータベースとユーザーが必要です。2つのアプリケーション間でデータをやり取りするために明示的に作成された共有リソースでない限り、ユーザーはクラスタ内の他のデータベースにアクセスできません。これにより、間違ったデータベースからデータを取得しようとすることによってアプリケーションが混乱する可能性が軽減され、同じプレフィックスを持つ2つ以上のワードプレスインストール間の衝突に関する問題が防止されます。同じデータベースに2つのwordpressインストールを置かないでください。
  • ブラウザのWebインスペクタでネットワークパネルを確認し、リクエストのエラーコードを確認してください。それが403 (そうあるべきです) である場合、問題はページが実際には存在しないか、ユーザがパーミッションを欠いているかのどちらかです。それが500 (そうではないはずです) である場合、それはサーバがエラーに遭遇したことを意味し、標準の終了手続きに戻りました。それが500であるならば、あなたは扱うべき悪いプラグイン、テーマまたはデータベース問題を抱えています。 403である場合、それはおそらく悪いアップデート、不正確な設定、または正当なアクセスの拒否のいずれかです。
0
mopsyd

接頭辞が異なっていて衝突しない限り、複数のWPを保持できます。接頭辞を変更してもエラーに直面したときのアクセスエラーを修正します: https:// www .mysysadmintips.com/other/web/743ワードプレス管理者申し訳ありませんが、このページへのアクセスは許可されていません

0
Diana

私によるとPHPMyAdmin goto wp_usermetaにログインしてから任意のユーザーのwp32_capabilitiesを編集してこれを追加します。 a:1:{s:13: "administrator"; s:1: "1";} 管理者それが変わる理由はいくつかありますが、エラーが発生します。

私は私のウェブサイトでこのエラーを受けていました、そして私は一度だけこれを試してみました、そして、それは解決されました。

0
Aashirvad Kumar

デフォルトでは、プラグインが初めて実行されたときに、機能は「管理者」および「編集者」の役割に割り当てられます。 Members という名前のすばらしいプラグインを使用して、ユーザーの機能を追加または削除できます。

0
Jatin Bhatti

WordPressにhttpsがあり、wp-config.phpに以下のコードを追加した場合は、その行が必ずページの先頭にくるようにしてください。私はこの問題を見つけました。そしてそれは助けになるかもしれません。

define('FORCE_SSL_ADMIN', true);
if (strpos($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'], 'https') !== false)
    $_SERVER['HTTPS']='on';
0
tg910