webdevqa.jp.net

合計にも使用できるPower Biの信号機

合計にも有効なテーブルビジュアルで信号を作成する方法は?私たちのKPIは、国ごとの一人当たりのGDPのような比率またはシェアのようなものであるとしましょう、または店舗ごとの予算との差。個々のカテゴリの信号機があることは興味深いですが、すべてのカテゴリの要約のための信号機があることはさらに興味深いでしょう。

私は従い、例を示しました here :アイデアはDAXメジャーの追加に基づいています:

TrafficLight = UNICHAR(11044)

次に、他の列またはメジャーに基づいて信号機の条件付き書式を設定します。ただし、条件付き書式は合計には影響しないようです。合計で赤、黄、緑の色も示す信号機をどのように作成しますか?

enter image description here

編集。投票できる夢の機能のようです。投票してください!

https://ideas.powerbi.com/forums/265200-power-bi-ideas/suggestions/17401381-conditional-formatting-for-total-and-subtotals-in

4

UNICHAR()で途中まで来ました。次のステップは、Power BIの条件付き書式設定をあきらめることです。信号機に使用できる3つのUnicode文字を次に示します。私はそれらを Emojipedia から入手しました。 「赤丸」「黄丸」「緑丸」の3つです。

_RedLight = UNICHAR ( 128308 )

YellowLight = UNICHAR ( 128993 )

GreenLight = UNICHAR ( 128994 )
_

これらは次のようになります: red, yellow, and green circles from Unicode codepoints

これで正しい色を返すメジャーができたので、範囲ロジックを持つ別のメジャーでこれらを参照できます。これがサンプルです。メジャー名を使用しました。私の画像は、異なる名前のデモブックからのものです。

_Sales Amount KPI = 
VAR SalesAmount = [SalesAmount]
RETURN
SWITCH (
    TRUE (),
    ISBLANK ( SalesAmount ), BLANK (),
    SalesAmount < 50, [GreenLight],
    SalesAmount < 150, [YellowLight],
    [RedLight]
)
_

これは SWITCH を利用しており、少しだけ賢いことを行っています。 SWITCHは、最初の引数と後続の引数が等しいかどうかをテストします。 TRUE ()に対してテストすることにより、任意のブール式を使用できます。一致する式に続く値が返されます。

最初のテストISBLANKは、すべてのディメンション値に対してこのKPIメジャーを表示しないようにすることです。基本メジャーのデータを持つディメンション属性の値のみを返します。

次に、条件付きフォーマットで行うように、KPI境界を定義するための一連の不等式テストです。

好きなだけ複雑にできます。これは次のようになります。

sample of KPI measure in a table visual

これは通常のテキスト値を返す通常のメジャーであるため、カード、マルチカード、ツールチップ、テーブル、マトリックスなどのテキストを表示する場所であればどこでも使用できます。このメジャーの総計レベルに特別なものはありません。

1
greggyb

合計の信号機は標準的な方法では実行できませんが、回避策があります。あなたはこのようなものを達成するかもしれません:

![enter image description here

このアイデアは、次の点に基づいています。

  1. カテゴリの辞書を用意し、それに値「合計(平均)」を追加するか、あなたの希望に応じて名前を付けます。
  2. テーブルビジュアルのフォーマットペインで合計の表示をオフにします。
  3. 通常のラベルと「合計(平均)」では異なる計算を返すDAXメジャーを追加します。ここで使用SWITCH(TRUE()...下部の例を参照してください。
  4. 便宜上、SortColumnをカテゴリディクショナリに追加します。そのため、合計に名前を付けても、「合計(平均)」は常にテーブルビジュアルの下部に表示されます。 enter image description here
  5. 残念ながら、条件付き書式で太字フォントを設定する方法はありません。背景とフォントでのみプレイできます。 SortColumnに適用されたルールに基づいて条件付き書式を設定します。 「Total(avg)」の背景をグレーアウトし、フォントを黒色に設定しました。テーブルのすべての列に同じ条件付き書式を設定する必要があります。 enter image description here
  6. テーブルビジュアルの形式で、通常の致命的な値のわずかに灰色のフォントを設定します。前のポイントで設定した合計の黒のフォントとのコントラストを高めるために行われます。

enter image description here

ここに私が使用したDAX測定があります:測定:

KPI = SWITCH(TRUE(),
MAX(DimCountry[SortColumn]) = 999, [GDP per capita Total],
[GDP per capita]
)

合計を測定します。

GDP per capita Total = CALCULATE([GDP per capita], ALL(FactTable))

ここまで読んだことがある人のために、ダウンロード用のpbixファイルを示します。

TrafficLightsForTotals.pbix

0