webdevqa.jp.net

Django ModelAdminの「list_display」は、ForeignKeyフィールドの属性を表示できますか?

私は、Personと外部キー関係を持つBookモデルを持っています。これは、いくつかのフィールドを持っていますが、author(標準CharField)について最も心配しています。

そうは言っても、私のPersonAdminモデルでは、book.authorを使用してlist_displayを表示したいと思います。

class PersonAdmin(admin.ModelAdmin):
    list_display = ['book.author',]

そうするための明白な方法をすべて試しましたが、何もうまくいかないようです。

助言がありますか?

250
Huuuze

別のオプションとして、次のようなルックアップを実行できます。

class UserAdmin(admin.ModelAdmin):
    list_display = (..., 'get_author')

    def get_author(self, obj):
        return obj.book.author
    get_author.short_description = 'Author'
    get_author.admin_order_field = 'book__author'
410
imjoevasquez

上記のすばらしい答えにもかかわらず、私はDjangoに慣れていないので、まだ行き詰っていました。これは非常に初心者の視点からの私の説明です。

models.py

class Author(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=255)

class Book(models.Model):
    author = models.ForeignKey(Author)
    title = models.CharField(max_length=255)

admin.py(間違った方法)-'model__field'を使用して参照すると機能すると思いますが、機能しません

class BookAdmin(admin.ModelAdmin):
    model = Book
    list_display = ['title', 'author__name', ]

admin.site.register(Book, BookAdmin)

admin.py(正しい方法)-これはDjango方法で外部キー名を参照する方法です

class BookAdmin(admin.ModelAdmin):
    model = Book
    list_display = ['title', 'get_name', ]

    def get_name(self, obj):
        return obj.author.name
    get_name.admin_order_field  = 'author'  #Allows column order sorting
    get_name.short_description = 'Author Name'  #Renames column head

    #Filtering on side - for some reason, this works
    #list_filter = ['title', 'author__name']

admin.site.register(Book, BookAdmin)

追加のリファレンスについては、Django model link here を参照してください

113
Will

残りと同様に、私は呼び出し可能オブジェクトも使用しました。ただし、欠点が1つあります。デフォルトでは、注文することはできません。幸いなことに、それに対する解決策があります。

def author(self):
    return self.book.author
author.admin_order_field  = 'book__author'
60
Arjen

get_author関数を追加すると、管理者のlist_displayが遅くなります。これは、各人を表示するとSQLクエリが作成されるためです。

これを回避するには、PersonAdminでget_querysetメソッドを変更する必要があります。次に例を示します。

def get_queryset(self, request):
    return super(PersonAdmin,self).get_queryset(request).select_related('book')

変更前:36.02msで73個のクエリ(adminで67個のクエリが重複)

後:10.81msで6つのクエリ

31
Hunger

ドキュメントによると、ForeignKeyの__unicode__表現のみを表示できます。

http://docs.djangoproject.com/en/dev/ref/contrib/admin/#list-display

DB APIの他の場所で使用されている'book__author'スタイルの形式をサポートしていないようです。

この機能のチケット があり、これは「修正しない」とマークされています。

20
Jonny Buchanan

Callableを使用して、リスト表示で必要なものを表示できます。次のようになります。

 
 def book_author(object):
 return object.book.author 
 
 class PersonAdmin(admin.ModelAdmin):
 list_display = [book_author、]
10
AlexRobbins

Admin.ModelAdminが '__'構文をサポートするスニペットを投稿しました:

http://djangosnippets.org/snippets/2887/

だからあなたができる:

class PersonAdmin(RelatedFieldAdmin):
    list_display = ['book__author',]

これは基本的に他の回答で説明したものと同じことをしていますが、(1)admin_order_fieldの設定(2)short_descriptionの設定と(3)各行のデータベースヒットを回避するためのクエリセットの変更を自動的に処理します。

10
Jack Cushman

これはすでに受け入れられていますが、 現在受け入れられている答え からすぐに得られなかった他のダミー(私のような)が存在する場合、もう少し詳しく説明します。

ForeignKeyによって参照されるモデルクラスには、次のように__unicode__メソッドが含まれている必要があります。

class Category(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=50)

    def __unicode__(self):
        return self.name

それは私にとって違いを生み、上記のシナリオに当てはまるはずです。これはDjango 1.0.2で機能します。

6
bmelton

list_displayで使用する多くのリレーション属性フィールドがあり、それぞれに関数(およびその属性)を作成したくない場合、汚れた単純な解決策はModelAdmin instace __getattr__メソッドをオーバーライドし、その場で呼び出し可能オブジェクトを作成します:

class DynamicLookupMixin(object):
    '''
    a mixin to add dynamic callable attributes like 'book__author' which
    return a function that return the instance.book.author value
    '''

    def __getattr__(self, attr):
        if ('__' in attr
            and not attr.startswith('_')
            and not attr.endswith('_boolean')
            and not attr.endswith('_short_description')):

            def dyn_lookup(instance):
                # traverse all __ lookups
                return reduce(lambda parent, child: getattr(parent, child),
                              attr.split('__'),
                              instance)

            # get admin_order_field, boolean and short_description
            dyn_lookup.admin_order_field = attr
            dyn_lookup.boolean = getattr(self, '{}_boolean'.format(attr), False)
            dyn_lookup.short_description = getattr(
                self, '{}_short_description'.format(attr),
                attr.replace('_', ' ').capitalize())

            return dyn_lookup

        # not dynamic lookup, default behaviour
        return self.__getattribute__(attr)


# use examples    

@admin.register(models.Person)
class PersonAdmin(admin.ModelAdmin, DynamicLookupMixin):
    list_display = ['book__author', 'book__publisher__name',
                    'book__publisher__country']

    # custom short description
    book__publisher__country_short_description = 'Publisher Country'


@admin.register(models.Product)
class ProductAdmin(admin.ModelAdmin, DynamicLookupMixin):
    list_display = ('name', 'category__is_new')

    # to show as boolean field
    category__is_new_boolean = True

ここに要点

booleanshort_descriptionなどの呼び出し可能な特別な属性は、ModelAdmin属性として定義する必要があります(例:book__author_verbose_name = 'Author name'category__is_new_boolean = True)。

呼び出し可能なadmin_order_field属性は自動的に定義されます。

ModelAdminlist_select_related 属性を使用して、Djangoが追加のクエリを回避することを忘れないでください。

4
Cauê Thenório

inlineで試しても、次の場合を除いて成功しません:

あなたのインラインで:

class AddInline(admin.TabularInline):
    readonly_fields = ['localname',]
    model = MyModel
    fields = ('localname',)

モデル(MyModel)内:

class MyModel(models.Model):
    localization = models.ForeignKey(Localizations)

    def localname(self):
        return self.localization.name
4
Eyal Ch

まさにそれを処理するPyPIで利用できる非常に使いやすいパッケージがあります: Django-related-adminGitHubのコードを参照 もできます。

これを使用すると、次のように簡単に達成できます。

class PersonAdmin(RelatedFieldAdmin):
    list_display = ['book__author',]

両方のリンクにはインストールと使用の完全な詳細が含まれているため、変更した場合にここに貼り付けません。

念のため、既にmodel.Admin以外のものを使用している場合(たとえば、代わりにSimpleHistoryAdminを使用していた場合)、これを行うことができます:class MyAdmin(SimpleHistoryAdmin, RelatedFieldAdmin)

3