webdevqa.jp.net

Markdownの拡張機能をPython

インストールノート (git://gitorious.org/python-markdown/mainline.git)ファイルで言うusing_as_module.txt

渡すことができるパラメータの1つは、拡張機能のリストです。拡張機能は、markdown.extensionsパッケージ内またはPYTHONPATHで、名前がmdx_で始まり、その後に拡張機能の名前が続くpythonモジュールとして使用可能である必要があります。したがって、extensions=['footnotes']は最初にモジュールmarkdown.extensions.footnotesを検索し、次にmdx_footnotesという名前のモジュールを検索します。その拡張機能の構成設定を指定する方法については、使用している拡張機能に固有のドキュメントを参照してください。

PYTHONPATHが次のようになるように、フォルダ「extensions」を〜/ bin/python /に配置します

export PYTHONPATH=/Users/masi/bin/python/:/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/

指示には、次のようなアドオンをインポートする必要があると書かれています。

import markdown
import <module-name>

ただし、Pythonにモジュールが表示されません。これは、拡張機能が「python modules --- on [my] PYTHONPATH with nameがmdx _--で始まる」として利用できないことを示唆しています。

Markdownの拡張機能を機能させるにはどうすればよいですか?


2回目の試行

〜/ bin/markdownで実行します

git clone git://gitorious.org/python-markdown/mainline.git python-markdown
cd python-markdown
python setup.py install

インストールメッセージが拡張機能の新しい場所であることを示唆しているので、フォルダ/Users/masi/bin/markdown/python-markdown/buildをPATHに配置しました。

テストマークダウンドキュメントに次のものがあります

[TOC]
-- headings here with # -format ---

しかし、目次がわかりません。これは、markdown.py -scriptでコンパイルするときに、何らかの方法で拡張機能をアクティブ化する必要があることを示唆しています。 **問題は最初に引用したテキストに戻りますが、私はかなり混乱しています。

pythonをあらゆる種類のプロジェクトに使用する場合は、virtualenvを設定するのが好きです。したがって、Debianベースのシステムでは、pipvirtualenvをインストールします。

Sudo aptitude install python-pip python-virtualenv

次に、pythonマークダウンを使用する場合、仮想環境を作成し、pipを使用してpython-markdownElementTreeをインストールします。

virtualenv mynewbook
pip -E mynewbook install -U Markdown ElementTree

生活を楽にするために、私は通常、新しいプロジェクトディレクトリに変更した後、環境をローカル仮想環境に設定します

cd mynewbook
source bin/activate

次に、ファイルmybook.markdown内の私の本を次の形式で使用します

[TOC]

Heading-a
==========

---text---

Heading-b
------------

私はただ走らなければなりません

markdown mybook.markdown -f mybook.html -x toc

仮想環境が完成したら、入力するのと同じくらい簡単です。

deactivate
6
Tyler