webdevqa.jp.net

Pythonでファイルをコピーする方法

Pythonでファイルをコピーする方法

os の下に何も見つかりませんでした。

1869
Matt

shutil にはたくさんの方法があります。そのうちの1つです。

from shutil import copyfile

copyfile(src, dst)

srcという名前のファイルの内容をdstという名前のファイルにコピーします。宛先の場所は書き込み可能でなければなりません。そうでなければ、IOError例外が発生します。 dstが既に存在する場合は置き換えられます。キャラクタまたはブロックデバイスやパイプなどの特殊ファイルは、この機能ではコピーできません。 srcdstは、文字列として与えられたパス名です。

2300
Swati
┌──────────────────┬───────────────┬──────────────────┬──────────────┬───────────┐
│     Function     │Copies metadata│Copies permissions│Can use buffer│Dest dir OK│
├──────────────────┼───────────────┼──────────────────┼──────────────┼───────────┤
│shutil.copy       │      No       │        Yes       │    No        │    Yes    │
│shutil.copyfile   │      No       │        No        │    No        │    No     │
│shutil.copy2      │      Yes      │        Yes       │    No        │    Yes    │
│shutil.copyfileobj│      No       │        No        │    Yes       │    No     │
└──────────────────┴───────────────┴──────────────────┴──────────────┴───────────┘
839
jezrael

copy2(src,dst)copyfile(src,dst) よりも便利なことがよくあります。

  • これにより、dst directory (完全なターゲットファイル名の代わりに)にすることができます。この場合、srcbasename を新しいファイルの作成に使用します。
  • ファイルのメタデータに元の変更とアクセス情報(mtimeとatime)を保存します(ただし、これにはわずかなオーバーヘッドが伴います)。

これは簡単な例です。

import shutil
shutil.copy2('/src/dir/file.ext', '/dst/dir/newname.ext') # complete target filename given
shutil.copy2('/src/file.ext', '/dst/dir') # target filename is /dst/dir/file.ext
646
unmounted

以下の例に示すように、ファイルのコピーは比較的簡単な操作ですが、代わりに shutil stdlibモジュール を使用してください。

def copyfileobj_example(source, dest, buffer_size=1024*1024):
    """      
    Copy a file from source to dest. source and dest
    must be file-like objects, i.e. any object with a read or
    write method, like for example StringIO.
    """
    while True:
        copy_buffer = source.read(buffer_size)
        if not copy_buffer:
            break
        dest.write(copy_buffer)

ファイル名でコピーしたい場合は、次のようにします。

def copyfile_example(source, dest):
    # Beware, this example does not handle any Edge cases!
    with open(source, 'rb') as src, open(dest, 'wb') as dst:
        copyfileobj_example(src, dst)
88
pi.

shutil パッケージからコピー機能の1つを使用することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━..ディレクトリdest。ファイルobjメタデータ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 shutil.copy ✔✔ ☐☐
 shutil.copy 2 ✔✔☐✔
 shutil.copyfile ☐☐☐☐
 shutil.copyfileobj ☐☐☐☐ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例:

import shutil
shutil.copy('/etc/hostname', '/var/tmp/testhostname')
86
maxschlepzig

Pythonでは、ファイルをコピーすることができます。


import os
import shutil
import subprocess

1) shutil moduleを使用してファイルをコピーする

shutil.copyfilesignature

shutil.copyfile(src_file, dest_file, *, follow_symlinks=True)

# example    
shutil.copyfile('source.txt', 'destination.txt')

shutil.copysignature

shutil.copy(src_file, dest_file, *, follow_symlinks=True)

# example
shutil.copy('source.txt', 'destination.txt')

shutil.copy2signature

shutil.copy2(src_file, dest_file, *, follow_symlinks=True)

# example
shutil.copy2('source.txt', 'destination.txt')  

shutil.copyfileobjsignature

shutil.copyfileobj(src_file_object, dest_file_object[, length])

# example
file_src = 'source.txt'  
f_src = open(file_src, 'rb')

file_dest = 'destination.txt'  
f_dest = open(file_dest, 'wb')

shutil.copyfileobj(f_src, f_dest)  

2) os moduleを使用してファイルをコピーする

os.popensignature

os.popen(cmd[, mode[, bufsize]])

# example
# In Unix/Linux
os.popen('cp source.txt destination.txt') 

# In Windows
os.popen('copy source.txt destination.txt')

os.systemsignature

os.system(command)


# In Linux/Unix
os.system('cp source.txt destination.txt')  

# In Windows
os.system('copy source.txt destination.txt')

3) subprocess moduleを使用してファイルをコピーする

subprocess.callsignature

subprocess.call(args, *, stdin=None, stdout=None, stderr=None, Shell=False)

# example (WARNING: setting `Shell=True` might be a security-risk)
# In Linux/Unix
status = subprocess.call('cp source.txt destination.txt', Shell=True) 

# In Windows
status = subprocess.call('copy source.txt destination.txt', Shell=True)

subprocess.check_outputsignature

subprocess.check_output(args, *, stdin=None, stderr=None, Shell=False, universal_newlines=False)

# example (WARNING: setting `Shell=True` might be a security-risk)
# In Linux/Unix
status = subprocess.check_output('cp source.txt destination.txt', Shell=True)

# In Windows
status = subprocess.check_output('copy source.txt destination.txt', Shell=True)

65
kmario23

shutilモジュール を使用してください。

copyfile(src, dst)

Srcという名前のファイルの内容をdstという名前のファイルにコピーします。宛先の場所は書き込み可能でなければなりません。そうでなければ、IOError例外が発生します。 dstが既に存在する場合は置き換えられます。キャラクタまたはブロックデバイスやパイプなどの特殊ファイルは、この機能ではコピーできません。 srcとdstは文字列として与えられたパス名です。

filesys を見て、標準のPythonモジュールで利用可能なすべてのファイルとディレクトリ処理関数について調べてください。

60
Airsource Ltd

ディレクトリとファイルのコピー例 - Tim GoldenのPython Stuffより:

http://timgolden.me.uk/python/win32_how_do_i/copy-a-file.html

import os
import shutil
import tempfile

filename1 = tempfile.mktemp (".txt")
open (filename1, "w").close ()
filename2 = filename1 + ".copy"
print filename1, "=>", filename2

shutil.copy (filename1, filename2)

if os.path.isfile (filename2): print "Success"

dirname1 = tempfile.mktemp (".dir")
os.mkdir (dirname1)
dirname2 = dirname1 + ".copy"
print dirname1, "=>", dirname2

shutil.copytree (dirname1, dirname2)

if os.path.isdir (dirname2): print "Success"
45
Noam Manos

os.system('cp nameoffilegeneratedbyprogram /otherdirectory/')を使うことができます

または私がやったように、

os.system('cp '+ rawfile + ' rawdata.dat')

ここでrawfileはプログラム内で生成した名前です。

これはLinuxのみのソリューションです

14
mark

小さなファイルでpythonビルトインのみを使用する場合は、次のようなワンライナーを使用できます。

with open(source, 'r') as src, open(dest, 'w') as dst: dst.write(src.read())

以下のコメントで@maxschlepzigが述べたように、これはファイルが大きすぎるアプリケーションやメモリがクリティカルなアプリケーションには最適な方法ではないので、 Swati's answerが優先されるべきです。

12
yellow01

大きなファイルの場合は、ファイルを1行ずつ読み込み、各行を配列に読み込むことでした。その後、配列が一定のサイズに達すると、それを新しいファイルに追加します。

for line in open("file.txt", "r"):
    list.append(line)
    if len(list) == 1000000: 
        output.writelines(list)
        del list[:]
11
ytpillai
from subprocess import call
call("cp -p <file> <file>", Shell=True)
11
deepdive

まず、私はあなたの参考のためにshutilメソッドの徹底的なチートシートを作りました。

shutil_methods =
{'copy':['shutil.copyfileobj',
          'shutil.copyfile',
          'shutil.copymode',
          'shutil.copystat',
          'shutil.copy',
          'shutil.copy2',
          'shutil.copytree',],
 'move':['shutil.rmtree',
         'shutil.move',],
 'exception': ['exception shutil.SameFileError',
                 'exception shutil.Error'],
 'others':['shutil.disk_usage',
             'shutil.chown',
             'shutil.which',
             'shutil.ignore_patterns',]
}

次に、コピー方法を例で説明します。

  1. shutil.copyfileobj(fsrc, fdst[, length])は開かれたオブジェクトを操作します
In [3]: src = '~/Documents/Head+First+SQL.pdf'
In [4]: dst = '~/desktop'
In [5]: shutil.copyfileobj(src, dst)
AttributeError: 'str' object has no attribute 'read'
#copy the file object
In [7]: with open(src, 'rb') as f1,open(os.path.join(dst,'test.pdf'), 'wb') as f2:
    ...:      shutil.copyfileobj(f1, f2)
In [8]: os.stat(os.path.join(dst,'test.pdf'))
Out[8]: os.stat_result(st_mode=33188, st_ino=8598319475, st_dev=16777220, st_nlink=1, st_uid=501, st_gid=20, st_size=13507926, st_atime=1516067347, st_mtime=1516067335, st_ctime=1516067345)
  1. shutil.copyfile(src, dst, *, follow_symlinks=True)コピーして名前を変更する
In [9]: shutil.copyfile(src, dst)
IsADirectoryError: [Errno 21] Is a directory: ~/desktop'
#so dst should be a filename instead of a directory name
  1. shutil.copy()メタデータを保存せずにコピー
In [10]: shutil.copy(src, dst)
Out[10]: ~/desktop/Head+First+SQL.pdf'
#check their metadata
In [25]: os.stat(src)
Out[25]: os.stat_result(st_mode=33188, st_ino=597749, st_dev=16777220, st_nlink=1, st_uid=501, st_gid=20, st_size=13507926, st_atime=1516066425, st_mtime=1493698739, st_ctime=1514871215)
In [26]: os.stat(os.path.join(dst, 'Head+First+SQL.pdf'))
Out[26]: os.stat_result(st_mode=33188, st_ino=8598313736, st_dev=16777220, st_nlink=1, st_uid=501, st_gid=20, st_size=13507926, st_atime=1516066427, st_mtime=1516066425, st_ctime=1516066425)
# st_atime,st_mtime,st_ctime changed
  1. shutil.copy2()メタデータを保存してコピーする
In [30]: shutil.copy2(src, dst)
Out[30]: ~/desktop/Head+First+SQL.pdf'
In [31]: os.stat(src)
Out[31]: os.stat_result(st_mode=33188, st_ino=597749, st_dev=16777220, st_nlink=1, st_uid=501, st_gid=20, st_size=13507926, st_atime=1516067055, st_mtime=1493698739, st_ctime=1514871215)
In [32]: os.stat(os.path.join(dst, 'Head+First+SQL.pdf'))
Out[32]: os.stat_result(st_mode=33188, st_ino=8598313736, st_dev=16777220, st_nlink=1, st_uid=501, st_gid=20, st_size=13507926, st_atime=1516067063, st_mtime=1493698739, st_ctime=1516067055)
# Preseved st_mtime
  1. shutil.copytree()

Srcをルートとするディレクトリツリー全体を再帰的にコピーし、コピー先ディレクトリを返す

11
JawSaw
open(destination, 'wb').write(open(source, 'rb').read())

読み取りモードでソースファイルを開き、書き込みモードで宛先ファイルに書き込みます。

3
Sundeep Borra

Python 3.5 の時点で、あなたは小さなファイル(すなわち、テキストファイル、小さなjpegs)のために以下をすることができます:

from pathlib import Path

source = Path('../path/to/my/file.txt')
destination = Path('../path/where/i/want/to/store/it.txt')
destination.write_bytes(source.read_bytes())

write_bytesは目的地の場所にあったものは何でも上書きします

2
Marc

Pythonには、オペレーティングシステムシェルユーティリティを使用してファイルを簡単にコピーするための組み込み関数があります。

次のコマンドでファイルをコピーします

shutil.copy(src,dst)

次のコマンドはメタデータ情報を含むファイルをコピーするために使用されます

shutil.copystat(src,dst)
0