webdevqa.jp.net

Virtualenv-Python 3-Ubuntu 14.04 64ビット

Ubuntu 64bit 14.04でPython 3のvirtualenvをインストールしようとしています。

Python3のpipをインストールしました:

pip3 install virtualenv

すべてが正常に動作します。今、virtualenvコマンドを使用して実際に環境を作成しようとしていますが、インストールされていないというエラーが発生します(Python 2のためにインストールしていないためだと思います使用しようとしています)

Python 3にvirtualenvを使用するにはどうすればよいですか?ドキュメントを検索しましたが、何をするべきかがわかりません。

27
timbram

OS Xの開発環境からも同じ問題が発生し、virtualenvとターゲットディレクトリへのパスを呼び出すだけでPython 3つの仮想環境を作成できました。 Python 3.x仮想環境を2つの方法のいずれかで作成するには:

  1. PyPiからvirtualenvをインストールします($ pip3 install virtualenv)、コマンドラインからモジュールとして呼び出すことにより:

    $ python3 -m virtualenv /path/to/directory

  2. venv モジュールを使用します。これは、apt-get。 (Python 3.3はこのモジュールが導入されたときであるため、この回答では、少なくともそれで作業していると仮定しています):

    $ Sudo apt-get install python3.4-venv

    次に、仮想環境をセットアップできます

    $ pyvenv-3.4 /path/to/directory

    環境をアクティブにします

    $ source /path/to/directory/bin/activate

venvモジュールとvirtualenvの違いを説明する この投稿 もご覧ください。幸運を祈ります!

46
Celaxodon

すべての回答に加えて、次のコマンドを使用できます。

virtualenv venv --python=python3.5

また、次のコマンドを使用できます。

virtualenv -p python3 envname
5

venvpython3 v3.3の標準ライブラリ になりました。したがって、最新のpython3バージョンを入手する場合、これは常に以下の方法で実行できます。

  python3 -m venv <path-or-name-of-virtualenv>
  # choose correct python3, which is the name of your python3 cmd

事前に何かをインストールしたりダウンロードしたりする必要はありません。成功すると、pip3には作成したvirtualenvが付属します。このようにして、ほとんどのLinuxでは、何をすべきかを伝えるメッセージを出力します。たとえば、python3.4-venv

Virtualenvをアクティブにするには

 source <path-to-the-virtualenv>/bin/activate
 # then to deactive it:
 deactivate
4
Andrew_1510

Ubuntu 14.04.1を使用している場合の明確化のポイントとして、python3.4-venvパッケージは利用できません(14.04.5にあります)

これを回避するには、python-virtualenv他の回答で説明されているいずれかの方法でvirtualenvをパッケージ化して作成します。

virtualenv -p python3 envname

または

virtualenv envname --python=python3.x
1

以下のコマンドに従ってください:

ステップ1 pip3 install virtualenv(python3を使用している場合)

ステップ2 mkdir〜/ my_environment(vir-envを作成するディレクトリ)

ステップ3 python3 -m virtualenv〜/ my_environment

ステップ4ソース〜/ my_environment/bin/activate

できた!!

むしろ、bashrcでこのvir-envをアクティブにするためのエイリアスを作成することをお勧めします

ステップ1 vim〜/ .bashrc

step-2 alias myenv = 'source〜/ my_environment/bin/activate'#この行を一番下に追加

step-3:wq#ファイルを保存する

ステップ4ソース〜/ .bashrc

ステップ5 myenv#ショートカットをチェック(エイリアス)

Voyla Done !!

0
pyAddict