webdevqa.jp.net

関数内でのRpdf()の使用法()

複数ページのPDFファイルを生成するRのコードがあります。

pdf("myplot.pdf", width=8.5, height=5)

My.Plot(my.data, var1, var2)
My.Plot(my.data, var3, var2)
My.Plot(my.data, var4, var2)

dev.off()

My.Plot()は、必要なデータを解析し、ggplotを使用してグラフを作成する関数です

上記は問題なく動作します。ただし、このコードを関数に入れると、プロットが生成されず、出力PDFを読み取ったり開いたりすることができません。

generate.PDF <- function(my.data) {    
    pdf("myplot.pdf", width=8.5, height=5)

    My.Plot(my.data, var1, var2)
    My.Plot(my.data, var3, var2)
    My.Plot(my.data, var4, var2)

    dev.off()
}
17
Ivan P.

関数内で、次のように実際にキャンバスにペイントするには、print()関数を呼び出す必要があります。

x <- runif(20,10,20)
y <- runif(20,30,50)
data<-data.frame(x,y)
generate.PDF <- function(data) {    
  pdf("/home/aksel/Downloads/myplot.pdf", width=8.5, height=5,onefile=T)
  plot1 <- plot(x,y)
  plot2 <- plot(y,x)
  plot3 <- plot(x,y*2)
  print(plot1)
  print(plot2)
  print(plot3)
  dev.off()
}
generate.PDF(data)
18
ako