webdevqa.jp.net

Rのread.csv()とread.csv2()の違い

Rでは、read.csv()とread.csv2()の違いは何ですか

公式文書によると、

さまざまなヨーロッパのロケールでは、コンマ文字が小数点として機能するため、代わりに関数read.csv2を使用する必要があります

これは何を意味するのでしょうか。表面的なレベルでは違いは見られません。誰でも具体例を挙げて、さらに明確にすることができます。

46
Anoop

それらは(ほぼ)同じ関数-read.tableです。唯一の違いはデフォルトパラメータです。ソースコードを見てください:

> read.csv
function (file, header = TRUE, sep = ",", quote = "\"", dec = ".", 
    fill = TRUE, comment.char = "", ...) 
read.table(file = file, header = header, sep = sep, quote = quote, 
    dec = dec, fill = fill, comment.char = comment.char, ...)
<bytecode: 0x5e3fa88>
<environment: namespace:utils>
> read.csv2
function (file, header = TRUE, sep = ";", quote = "\"", dec = ",", 
    fill = TRUE, comment.char = "", ...) 
read.table(file = file, header = header, sep = sep, quote = quote, 
    dec = dec, fill = fill, comment.char = comment.char, ...)
<bytecode: 0x5c0a330>
<environment: namespace:utils>

ドキュメントから(?read.tableを参照):

read.csvおよびread.csv2は、デフォルトを除いてread.tableと同じです。これらは、「カンマ区切り値」ファイル(「.csv」)または(read.csv2)小数点としてカンマを使用し、フィールド区切り文字としてセミコロンを使用する国で使用されるバリアントを読み取るためのものです。

46
bartektartanus