webdevqa.jp.net

Chromebook用Microsoftリモートデスクトップクライアントが火曜日に機能を停止しました

GooglePlayリポジトリにあるMicrosoftリモートデスクトップクライアント(Chromebook用)を使用して、数か月間毎日リモートワークステーションに正常に接続しているChromebookVPNユーザーがいます。

ごく最近、彼女のWindow 10(1809)ワークステーションはいくつかのマイナーアップデートを完了しました。これらの更新は無関係である可能性がありますが、現在、彼女はリモートワークステーションにRDPできません。

ただし、VPNが確実に正常に接続していることを確認しました。ヒッティング ctrl-alt-T Chromebookでターミナルが生成され、VPN経由でリモートコンピューターに問題なくpingを実行できました。

また、Linux経由で(別のコンピューター上で)Remminaリモートデスクトップを使用してVPN経由で彼女のリモートコンピューターに接続することに問題はありませんが、テスト用の独自のChromebookを持っていません。

申し訳ありませんが、私が持っているのは、彼女が接続しようとしたときのエラーメッセージのスクリーンショットのみです。 enter image description here

読み取り可能な部分は次のとおりです。

pCが見つからないため、リモートPCに接続できませんでした。リモートPCの完全修飾名またはIPアドレスを入力して、再試行してください。 。 。エラーコード:0x104

繰り返しますが、このリモートワークステーションにpingを実行できます。 「Microsoftリモートデスクトップクライアントベータ」と呼ばれる別のアプリがGooglePlayリポジトリにあります。また、正しいドメイン、ユーザー、パスワードを使用して注意深く繰り返しログインを試みて、このアプリを試しました。うまくいきませんでした。

また、これらのアプリを削除して再インストールしようとすると、後で同じ結果になりました。

私が試した最後のことは、Windows 10ファイアウォール(3か所すべて)を完全に無効にすることでした。それでも、pingできるのはリモートデスクトップだけで、RDPはできません。

過去2日間に何かが変更され、私の唯一のChromebook VPNユーザーのVPN経由のRDP機能が損なわれました。他のリモートユーザー(WindowとLinuxの両方を使用する)は問題を抱えていません。

現在、私は彼女のWindows 10ワークステーションを1809から1903にアップグレードして問題が解決することを期待していますが、このアップグレードも機能しない可能性があるので、助言もいただければ幸いです。

1
LonnieBest

この問題を回避するには、Chromebookの設定メニューから Linux Beta オプションをオンにする必要がありました。

Linux(ベータ版)が提供するターミナルを使用して、次のコマンドを使用してrdesktopをインストールしました。

_Sudo apt-get install rdesktop
_

この後、次のようなコマンドを使用してリモートデスクトップにログインできました。

_rdesktop x.x.x.x -a 16 -g 1920x1080 -u userNameGoesHere -d domainNameGoesHere
_

_x.x.x.x_をリモートデスクトップのIPアドレスに置き換え、_1920x1080_をChromebookの画面に適した解像度に置き換え、userNameGoesHereを正しいユーザー名に置き換え、 domainNameGoesHereを正しいドメインに置き換えます。

Microsoft Remote Desktop Client (for Chromebook)が機能しなくなった理由がわかりません。しかし、それは間違いなく11-08-2019の私のユーザーにとってはうまくいきました。 Chromebookを工場出荷時のデフォルトに復元した後でも、実際に各ワークステーションにpingを実行できたにもかかわらず(ポート3389が閉じられていなかった)、VPN経由でWindowsワークステーションに接続できませんでした。さらに、上記の回避策は、Microsoft RDPクライアント(Chromebook用)が失敗しているのとまったく同じVPN接続で成功します。

0
LonnieBest