webdevqa.jp.net

Railsでは、レコードをcsvファイルとして返す方法

「エントリ」と呼ばれる単純なデータベーステーブルがあります。

class CreateEntries < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :entries do |t|
      t.string :firstName
      t.string :lastName
      #etc.
      t.timestamps
    end
  end

  def self.down
    drop_table :entries
  end
end

エントリテーブルの内容をCSVファイルとして返すハンドラを作成するにはどうすればよいですか(理想的にはExcelで自動的に開くように)。

class EntriesController < ApplicationController

  def getcsv
    @entries = Entry.find( :all )

    # ??? NOW WHAT ????

  end

end
55
Eric

これを素晴らしく処理するFasterCSVというプラグインがあります。

23
Brian

FasterCSV を使用するのは間違いありませんが、Railsアプリから直接提供する場合は、応答ヘッダーも設定する必要があります。

ファイル名と必要なヘッダーを設定するためのメソッドを保持しています。

def render_csv(filename = nil)
  filename ||= params[:action]
  filename += '.csv'

  if request.env['HTTP_USER_AGENT'] =~ /msie/i
    headers['Pragma'] = 'public'
    headers["Content-type"] = "text/plain" 
    headers['Cache-Control'] = 'no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0'
    headers['Content-Disposition'] = "attachment; filename=\"#{filename}\"" 
    headers['Expires'] = "0" 
  else
    headers["Content-Type"] ||= 'text/csv'
    headers["Content-Disposition"] = "attachment; filename=\"#{filename}\"" 
  end

  render :layout => false
end

これを使用すると、コントローラーに次のようなものを簡単に含めることができます。

respond_to do |wants|
  wants.csv do
    render_csv("users-#{Time.now.strftime("%Y%m%d")}")
  end
end

そして、次のようなビューがあります:(generate_csvはFasterCSVからのものです)

UserID,Email,Password,ActivationURL,Messages
<%= generate_csv do |csv|
  @users.each do |user|
    csv << [ user[:id], user[:email], user[:password], user[:url], user[:message] ]
  end
end %>
88

最初にFasterCSVを指し示した@Brianの回答を受け入れました(そして投票しました!)。次に、gemを見つけるためにグーグルで検索したとき、 このwikiページ でかなり完全な例も見つけました。それらをまとめると、次のコードに落ち着きました。

ところで、gemをインストールするコマンドは次のとおりです。sudogem install fastcsv(すべて小文字)

require 'fastercsv'

class EntriesController < ApplicationController

  def getcsv
      entries = Entry.find(:all)
      csv_string = FasterCSV.generate do |csv| 
            csv << ["first","last"]
            entries.each do |e|
              csv << [e.firstName,e.lastName]
            end
          end
          send_data csv_string, :type => "text/plain", 
           :filename=>"entries.csv",
           :disposition => 'attachment'

  end


end
25
Eric

FasterCSVを使用せずにこれを行う別の方法:

Config/initializers/dependencies.rbのような初期化ファイルにRubyのcsvライブラリが必要です

require "csv"

背景として、次のコードは、検索リソースを作成する Ryan Bateの高度な検索フォーム に基づいています。私の場合、検索リソースのshowメソッドは、以前に保存された検索の結果を返します。また、csvに応答し、ビューテンプレートを使用して目的の出力をフォーマットします。

  def show
    @advertiser_search = AdvertiserSearch.find(params[:id])
    @advertisers = @advertiser_search.search(params[:page])
    respond_to do |format|
      format.html # show.html.erb
      format.csv  # show.csv.erb
    end
  end

Show.csv.erbファイルは次のようになります。

<%- headers = ["Id", "Name", "Account Number", "Publisher", "Product Name", "Status"] -%>
<%= CSV.generate_line headers %>
<%- @advertiser_search.advertisers.each do |advertiser| -%>
<%- advertiser.subscriptions.each do |subscription| -%>
<%- row = [ advertiser.id,
            advertiser.name,
            advertiser.external_id,
            advertiser.publisher.name,
            publisher_product_name(subscription),
            subscription.state ] -%>
<%=   CSV.generate_line row %>
<%- end -%>
<%- end -%>

レポートページのhtmlバージョンには、ユーザーが表示しているレポートをエクスポートするためのリンクがあります。以下は、csvバージョンのレポートを返すlink_toです。

<%= link_to "Export Report", formatted_advertiser_search_path(@advertiser_search, :csv) %>
24
rwc9u

FasterCSV gemをご覧ください。

Excelのサポートだけが必要な場合は、xlsを直接生成することも検討できます。 (スプレッドシート:: Excelを参照)

gem install fastercsv
gem install spreadsheet-Excel

これらのオプションは、Windows Excelでcsvファイルを開くのに適しています。

FasterCSV.generate(:col_sep => ";", :row_sep => "\r\n") { |csv| ... }

ActiveRecord部分については、次のようにします。

CSV_FIELDS = %w[ title created_at etc ]
FasterCSV.generate do |csv|
  Entry.all.map { |r| CSV_FIELDS.map { |m| r.send m }  }.each { |row| csv << row }
end
7
kch

私の場合、次のアプローチがうまく機能し、ダウンロード後にブラウザがCSVタイプに適したアプリケーションを開きます。

def index
  respond_to do |format|
    format.csv { return index_csv }
  end
end

def index_csv
  send_data(
    method_that_returns_csv_data(...),
    :type => 'text/csv',
    :filename => 'export.csv',
    :disposition => 'attachment'
  )
end
2
rantler

応答にContent-Typeヘッダーを設定してから、データを送信する必要があります。 Content_Type:application/vnd.ms-Excelがトリックを行うはずです。

また、Excelドキュメントのように見えるようにContent-Dispositionヘッダーを設定し、ブラウザが適切なデフォルトのファイル名を選択することもできます。それはContent-Disposition:attachmentのようなものです。 filename = "#{suggested_name} .xls"

Fastcsv Ruby gemを使用してCSVを生成することをお勧めしますが、組み込みのcsvもあります。fastercsvサンプルコード(gemのドキュメントから)は次のようになります。

csv_string = FasterCSV.generate do |csv|
  csv << ["row", "of", "CSV", "data"]
  csv << ["another", "row"]
# ...
end
2
JasonTrue

niceジェムを試してRails https://github.com/crafterm/comma からCSVを生成します

1
Henry Jacob

CSV Shaper gemをご覧ください。

https://github.com/paulspringett/csv_shaper

Nice DSLがあり、Railsモデルでうまく動作します。また、応答ヘッダーを処理し、ファイル名をカスタマイズできます。

0
paul

コンソールから自分でcsvデータベースを取得したい場合は、数行で取得できます

tags = [Model.column_names]
rows = tags + Model.all.map(&:attributes).map(&:to_a).map { |m| m.inject([]) { |data, pair| data << pair.last } }
File.open("ss.csv", "w") {|f| f.write(rows.inject([]) { |csv, row|  csv << CSV.generate_line(row) }.join(""))}
0
boulder_ruby