webdevqa.jp.net

コマンドラインパラメータを解析する最良の方法は?

Scalaでコマンドラインパラメータを解析する最良の方法は何ですか?個人的には、外部jarを必要としない軽量のものを好みます。

関連:

226
Eugene Yokota

scopt/scopt

val parser = new scopt.OptionParser[Config]("scopt") {
  head("scopt", "3.x")

  opt[Int]('f', "foo") action { (x, c) =>
    c.copy(foo = x) } text("foo is an integer property")

  opt[File]('o', "out") required() valueName("<file>") action { (x, c) =>
    c.copy(out = x) } text("out is a required file property")

  opt[(String, Int)]("max") action { case ((k, v), c) =>
    c.copy(libName = k, maxCount = v) } validate { x =>
    if (x._2 > 0) success
    else failure("Value <max> must be >0") 
  } keyValueName("<libname>", "<max>") text("maximum count for <libname>")

  opt[Unit]("verbose") action { (_, c) =>
    c.copy(verbose = true) } text("verbose is a flag")

  note("some notes.\n")

  help("help") text("prints this usage text")

  arg[File]("<file>...") unbounded() optional() action { (x, c) =>
    c.copy(files = c.files :+ x) } text("optional unbounded args")

  cmd("update") action { (_, c) =>
    c.copy(mode = "update") } text("update is a command.") children(
    opt[Unit]("not-keepalive") abbr("nk") action { (_, c) =>
      c.copy(keepalive = false) } text("disable keepalive"),
    opt[Boolean]("xyz") action { (x, c) =>
      c.copy(xyz = x) } text("xyz is a boolean property")
  )
}
// parser.parse returns Option[C]
parser.parse(args, Config()) map { config =>
  // do stuff
} getOrElse {
  // arguments are bad, usage message will have been displayed
}

上記により、次の使用法テキストが生成されます。

scopt 3.x
Usage: scopt [update] [options] [<file>...]

  -f <value> | --foo <value>
        foo is an integer property
  -o <file> | --out <file>
        out is a required file property
  --max:<libname>=<max>
        maximum count for <libname>
  --verbose
        verbose is a flag
some notes.

  --help
        prints this usage text
  <file>...
        optional unbounded args

Command: update
update is a command.

  -nk | --not-keepalive
        disable keepalive    
  --xyz <value>
        xyz is a boolean property

これは私が現在使用しているものです。手荷物が多すぎずにきれいに使用できます。 (免責事項:私は現在このプロジェクトを維持しています)

191
Eugene Yokota

ほとんどの場合、外部パーサーは必要ありません。 Scalaのパターンマッチングでは、機能的なスタイルで引数を使用できます。例えば:

object MmlAlnApp {
  val usage = """
    Usage: mmlaln [--min-size num] [--max-size num] filename
  """
  def main(args: Array[String]) {
    if (args.length == 0) println(usage)
    val arglist = args.toList
    type OptionMap = Map[Symbol, Any]

    def nextOption(map : OptionMap, list: List[String]) : OptionMap = {
      def isSwitch(s : String) = (s(0) == '-')
      list match {
        case Nil => map
        case "--max-size" :: value :: tail =>
                               nextOption(map ++ Map('maxsize -> value.toInt), tail)
        case "--min-size" :: value :: tail =>
                               nextOption(map ++ Map('minsize -> value.toInt), tail)
        case string :: opt2 :: tail if isSwitch(opt2) => 
                               nextOption(map ++ Map('infile -> string), list.tail)
        case string :: Nil =>  nextOption(map ++ Map('infile -> string), list.tail)
        case option :: tail => println("Unknown option "+option) 
                               exit(1) 
      }
    }
    val options = nextOption(Map(),arglist)
    println(options)
  }
}

たとえば、印刷します。

Map('infile -> test/data/paml-aln1.phy, 'maxsize -> 4, 'minsize -> 2)

このバージョンは1つのinfileのみを取ります。簡単に改善できます(リストを使用)。

また、このアプローチでは、複数のコマンドライン引数を連結できることに注意してください(2つ以上)。

215
pjotrp

質問はしばらく前に尋ねられたことに気づきましたが、それはグーグル(私のように)回り、このページにアクセスしている一部の人々を助けるかもしれないと思いました。

ホタテ も非常に有望に見えます。

機能(リンクされたgithubページからの引用):

  • フラグ、単一値および複数値オプション
  • POSIXスタイルの短いオプション名(-a)とグループ化(-abc)
  • GNUスタイルの長いオプション名(--opt)
  • プロパティ引数(-Dkey = value、-D key1 = value key2 = value)
  • 非文字列タイプのオプションとプロパティ値(拡張可能なコンバーターを使用)
  • 末尾の引数の強力なマッチング
  • サブコマンド

そして、いくつかのサンプルコード(そのGithubページからも):

import org.rogach.scallop._;

object Conf extends ScallopConf(List("-c","3","-E","fruit=Apple","7.2")) {
  // all options that are applicable to builder (like description, default, etc) 
  // are applicable here as well
  val count:ScallopOption[Int] = opt[Int]("count", descr = "count the trees", required = true)
                .map(1+) // also here work all standard Option methods -
                         // evaluation is deferred to after option construction
  val properties = props[String]('E')
  // types (:ScallopOption[Double]) can be omitted, here just for clarity
  val size:ScallopOption[Double] = trailArg[Double](required = false)
}


// that's it. Completely type-safe and convenient.
Conf.count() should equal (4)
Conf.properties("fruit") should equal (Some("Apple"))
Conf.size.get should equal (Some(7.2))
// passing into other functions
def someInternalFunc(conf:Conf.type) {
  conf.count() should equal (4)
}
someInternalFunc(Conf)
53
rintcius

sliding が比較的単純な構成の引数よりも好きです。

var name = ""
var port = 0
var ip = ""
args.sliding(2, 2).toList.collect {
  case Array("--ip", argIP: String) => ip = argIP
  case Array("--port", argPort: String) => port = argPort.toInt
  case Array("--name", argName: String) => name = argName
}
30
joslinm

コマンドラインインターフェイスScala Toolkit(CLIST)

こちらも私のものです! (しかし、ゲームの少し遅れて)

https://github.com/backuity/clist

scoptとは異なり、完全に変更可能です...これにより、かなり素敵な構文が得られます。

class Cat extends Command(description = "concatenate files and print on the standard output") {

  // type-safety: members are typed! so showAll is a Boolean
  var showAll        = opt[Boolean](abbrev = "A", description = "equivalent to -vET")
  var numberNonblank = opt[Boolean](abbrev = "b", description = "number nonempty output lines, overrides -n")

  // files is a Seq[File]
  var files          = args[Seq[File]](description = "files to concat")
}

そしてそれを実行する簡単な方法:

Cli.parse(args).withCommand(new Cat) { case cat =>
    println(cat.files)
}

もちろん、より多くのことができます(マルチコマンド、多くの構成オプションなど)。依存関係はありません。

最後に、ある種の特徴的な機能であるデフォルトの使用方法を説明します(複数のコマンドについてはほとんど無視されます)。 clist

16
Bruno Bieth

これは主に 同じトピックのJava質問に対する私の答え の恥知らずなクローンです。 JewelCLIは、自動引数の命名にJavaBeanスタイルのメソッドを必要としないという点でScalaに適していることがわかりました。

JewelCLIは クリーンなコードを生成するコマンドライン解析用のスカラフレンドリーJavaライブラリ です。注釈付きで構成されたプロキシインターフェイスを使用して、コマンドラインパラメーターのタイプセーフAPIを動的に構築します。

パラメータインターフェイスの例Person.scala

import uk.co.flamingpenguin.jewel.cli.Option

trait Person {
  @Option def name: String
  @Option def times: Int
}

パラメーターインターフェイスHello.scalaの使用例:

import uk.co.flamingpenguin.jewel.cli.CliFactory.parseArguments
import uk.co.flamingpenguin.jewel.cli.ArgumentValidationException

object Hello {
  def main(args: Array[String]) {
    try {
      val person = parseArguments(classOf[Person], args:_*)
      for (i <- 1 to (person times))
        println("Hello " + (person name))
    } catch {
      case e: ArgumentValidationException => println(e getMessage)
    }
  }
}

上記のファイルのコピーを単一のディレクトリに保存し、 JewelCLI 0.6 JAR もそのディレクトリにダウンロードします。

Linux/Mac OS XなどのBashで例をコンパイルして実行します。

scalac -cp jewelcli-0.6.jar:. Person.scala Hello.scala
scala -cp jewelcli-0.6.jar:. Hello --name="John Doe" --times=3

Windowsコマンドプロンプトの例をコンパイルして実行します。

scalac -cp jewelcli-0.6.jar;. Person.scala Hello.scala
scala -cp jewelcli-0.6.jar;. Hello --name="John Doe" --times=3

この例を実行すると、次の出力が得られます。

Hello John Doe
Hello John Doe
Hello John Doe
13
Alain O'Dea

scala-optparse-applicative

Scala-optparse-applicativeはScalaで最も機能的なコマンドラインパーサーライブラリだと思います。

https://github.com/bmjames/scala-optparse-applicative

10
Kenji Yoshida

外部依存関係なしでパラメーターを解析する方法。いい質問です! picocli に興味があるかもしれません。

Picocliは、質問で尋ねられた問題を解決するために特別に設計されています:それは単一ファイル内のコマンドライン解析フレームワークですので、ソース形式に含めることができます。これにより、ユーザーはpicocliベースのアプリケーションを実行できます。外部依存関係としてpicocliを必要としません

フィールドに注釈を付けることで機能するため、コードをほとんど記述しません。簡単な要約:

  • 強く型付けされたすべて-コマンドラインオプションと位置パラメータ
  • POSIXクラスターショートオプションのサポート(したがって、<command> -xvfInputFile<command> -x -v -f InputFileを処理します)
  • パラメーターの最小数、最大数、および可変数を許可するアリティモデル(例:"1..*""3..5"
  • 定型的なクライアントコードを最小限に抑えるための流FluでコンパクトなAPI
  • サブコマンド
  • ANSIカラーの使用方法のヘルプ

使用法のヘルプメッセージは、注釈を使用して簡単にカスタマイズできます(プログラミングなし)。例えば:

Extended usage help messageソース

スクリーンショットをもう1つ追加して、どのような使用方法のヘルプメッセージが表示されるかを示すことを避けられませんでした。使用方法のヘルプは、アプリケーションの顔ですので、創造的で楽しんでください!

picocli demo

免責事項:ピコクリを作成しました。フィードバックや質問は大歓迎です。これはJavaで書かれていますが、scalaでそれを使用する際に問題がある場合はお知らせください。対処しようと思います。

9
Remko Popma

私はJavaの世界から来ました。私は args4j が好きです。なぜなら、そのシンプルな仕様は読みやすく(注釈のおかげ)、きれいにフォーマットされた出力を生成するからです。

これが私のスニペットの例です:

仕様

import org.kohsuke.args4j.{CmdLineException, CmdLineParser, Option}

object CliArgs {

  @Option(name = "-list", required = true,
    usage = "List of Nutch Segment(s) Part(s)")
  var pathsList: String = null

  @Option(name = "-workdir", required = true,
    usage = "Work directory.")
  var workDir: String = null

  @Option(name = "-master",
    usage = "Spark master url")
  var masterUrl: String = "local[2]"

}

解析

//var args = "-listt in.txt -workdir out-2".split(" ")
val parser = new CmdLineParser(CliArgs)
try {
  parser.parseArgument(args.toList.asJava)
} catch {
  case e: CmdLineException =>
    print(s"Error:${e.getMessage}\n Usage:\n")
    parser.printUsage(System.out)
    System.exit(1)
}
println("workDir  :" + CliArgs.workDir)
println("listFile :" + CliArgs.pathsList)
println("master   :" + CliArgs.masterUrl)

無効な引数について

Error:Option "-list" is required
 Usage:
 -list VAL    : List of Nutch Segment(s) Part(s)
 -master VAL  : Spark master url (default: local[2])
 -workdir VAL : Work directory.
9
Thamme Gowda

JCommander もあります(免責事項:作成しました):

object Main {
  object Args {
    @Parameter(
      names = Array("-f", "--file"),
      description = "File to load. Can be specified multiple times.")
    var file: Java.util.List[String] = null
  }

  def main(args: Array[String]): Unit = {
    new JCommander(Args, args.toArray: _*)
    for (filename <- Args.file) {
      val f = new File(filename)
      printf("file: %s\n", f.getName)
    }
  }
}
8
Cedric Beust

私はjoslinmのslide()アプローチが可変変数ではなく気に入った;)だから、そのアプローチへの不変の方法があります:

case class AppArgs(
              seed1: String,
              seed2: String,
              ip: String,
              port: Int
              )
object AppArgs {
  def empty = new AppArgs("", "", "", 0)
}

val args = Array[String](
  "--seed1", "akka.tcp://seed1",
  "--seed2", "akka.tcp://seed2",
  "--nodeip", "192.167.1.1",
  "--nodeport", "2551"
)

val argsInstance = args.sliding(2, 1).toList.foldLeft(AppArgs.empty) { case (accumArgs, currArgs) => currArgs match {
    case Array("--seed1", seed1) => accumArgs.copy(seed1 = seed1)
    case Array("--seed2", seed2) => accumArgs.copy(seed2 = seed2)
    case Array("--nodeip", ip) => accumArgs.copy(ip = ip)
    case Array("--nodeport", port) => accumArgs.copy(port = port.toInt)
    case unknownArg => accumArgs // Do whatever you want for this case
  }
}
5
haggy

必要な位置キーシンボルのリスト、フラグのマップ->キーシンボル、およびデフォルトオプションを使用して、@ pjotrpのソリューションを一般化しようとしました。

def parseOptions(args: List[String], required: List[Symbol], optional: Map[String, Symbol], options: Map[Symbol, String]): Map[Symbol, String] = {
  args match {
    // Empty list
    case Nil => options

    // Keyword arguments
    case key :: value :: tail if optional.get(key) != None =>
      parseOptions(tail, required, optional, options ++ Map(optional(key) -> value))

    // Positional arguments
    case value :: tail if required != Nil =>
      parseOptions(tail, required.tail, optional, options ++ Map(required.head -> value))

    // Exit if an unknown argument is received
    case _ =>
      printf("unknown argument(s): %s\n", args.mkString(", "))
      sys.exit(1)
  }
}

def main(sysargs Array[String]) {
  // Required positional arguments by key in options
  val required = List('arg1, 'arg2)

  // Optional arguments by flag which map to a key in options
  val optional = Map("--flag1" -> 'flag1, "--flag2" -> 'flag2)

  // Default options that are passed in
  var defaultOptions = Map()

  // Parse options based on the command line args
  val options = parseOptions(sysargs.toList, required, optional, defaultOptions)
}
3
Byron Ruth

Scalacのscala.tools.cmdパッケージに、広範なコマンドライン解析ライブラリが見つかりました。

http://www.assembla.com/code/scala-Eclipse-toolchain/git/nodes/src/compiler/scala/tools/cmd?rev=f59940622e32384b1e08939effd24e924a8ba8db を参照してください

3
Pablo Lalloni

私のアプローチは(dave4420からの)一番上の答えに基づいており、より汎用的にすることで改善しようとしました。

すべてのコマンドラインパラメーターのMap[String,String]を返します。必要な特定のパラメーターを照会する(たとえば.containsを使用)か、値を目的の型に変換する(たとえばtoIntを使用)ことができます。

def argsToOptionMap(args:Array[String]):Map[String,String]= {
  def nextOption(
      argList:List[String], 
      map:Map[String, String]
    ) : Map[String, String] = {
    val pattern       = "--(\\w+)".r // Selects Arg from --Arg
    val patternSwitch = "-(\\w+)".r  // Selects Arg from -Arg
    argList match {
      case Nil => map
      case pattern(opt)       :: value  :: tail => nextOption( tail, map ++ Map(opt->value) )
      case patternSwitch(opt) :: tail => nextOption( tail, map ++ Map(opt->null) )
      case string             :: Nil  => map ++ Map(string->null)
      case option             :: tail => {
        println("Unknown option:"+option) 
        sys.exit(1)
      }
    }
  }
  nextOption(args.toList,Map())
}

例:

val args=Array("--testing1","testing1","-a","-b","--c","d","test2")
argsToOptionMap( args  )

与える:

res0: Map[String,String] = Map(testing1 -> testing1, a -> null, b -> null, c -> d, test2 -> null)
3
bjorno

オプションパーサーのようなRubyが好きではありません。それらを使用したほとんどの開発者は、スクリプトに適切なmanページを記述せず、パーサーのために適切な方法で編成されていないページの長いオプションになります。

私はいつもPerlの Getopt :: Long で物事を行う方法を好んでいます。

scalaの実装に取り​​組んでいます。初期のAPIは次のようになります。

def print_version() = () => println("version is 0.2")

def main(args: Array[String]) {
  val (options, remaining) = OptionParser.getOptions(args,
    Map(
      "-f|--flag"       -> 'flag,
      "-s|--string=s"   -> 'string,
      "-i|--int=i"      -> 'int,
      "-f|--float=f"    -> 'double,
      "-p|-procedure=p" -> { () => println("higher order function" }
      "-h=p"            -> { () => print_synopsis() }
      "--help|--man=p"  -> { () => launch_manpage() },
      "--version=p"     -> print_version,
    ))

したがって、次のようにscriptを呼び出します。

$ script hello -f --string=mystring -i 7 --float 3.14 --p --version world -- --nothing

印刷します:

higher order function
version is 0.2

そして戻る:

remaining = Array("hello", "world", "--nothing")

options = Map('flag   -> true,
              'string -> "mystring",
              'int    -> 7,
              'double -> 3.14)

プロジェクトはgithub scala-getoptions でホストされています。

2
DavidG

http://docopt.org/ を使用することをお勧めします。 scala-portがありますが、Java実装 https://github.com/docopt/docopt.Java は正常に機能し、より適切に保守されているようです。以下に例を示します。

import org.docopt.Docopt

import scala.collection.JavaConversions._
import scala.collection.JavaConverters._

val doc =
"""
Usage: my_program [options] <input>

Options:
 --sorted   fancy sorting
""".stripMargin.trim

//def args = "--sorted test.dat".split(" ").toList
var results = new Docopt(doc).
  parse(args()).
  map {case(key, value)=>key ->value.toString}

val inputFile = new File(results("<input>"))
val sorted = results("--sorted").toBoolean
2
Holger Brandl

scalaコマンドラインパーサー を使用すると簡単です。ヘルプテキストを自動的にフォーマットし、スイッチの引数を目的のタイプに変換します。短いPOSIXと長いGNUスタイルスイッチの両方がサポートされています。必須の引数、オプションの引数、および複数の値の引数を持つスイッチをサポートします。特定のスイッチの許容値の有限リストを指定することもできます。長いスイッチ名は、便宜上コマンドラインで省略できます。 Ruby標準ライブラリのオプションパーサーに似ています。

2
sellmerfud

別のライブラリ: scarf

2
Anonymous

作成したばかりです my simple enumeration

val args: Array[String] = "-silent -samples 100 -silent".split(" +").toArray
                                              //> args  : Array[String] = Array(-silent, -samples, 100, -silent)
object Opts extends Enumeration {

    class OptVal extends Val {
        override def toString = "-" + super.toString
    }

    val nopar, silent = new OptVal() { // boolean options
        def apply(): Boolean = args.contains(toString)
    }

    val samples, maxgen = new OptVal() { // integer options
        def apply(default: Int) = { val i = args.indexOf(toString) ;  if (i == -1) default else args(i+1).toInt}
        def apply(): Int = apply(-1)
    }
}

Opts.nopar()                              //> res0: Boolean = false
Opts.silent()                             //> res1: Boolean = true
Opts.samples()                            //> res2: Int = 100
Opts.maxgen()                             //> res3: Int = -1

ソリューションには、気を散らす可能性のある2つの大きな欠陥があることを理解しています:自由(つまり、他のライブラリへの依存、あなたが大事にしている)と冗長性(DRY原則、あなたは一度だけオプション名を入力します) 、Scalaプログラム変数として、コマンドラインテキストとして2回入力されたものを削除します)。

2
Val

誰もがそれをここに投稿した独自のソリューションであるため、ユーザーのためにもっと簡単に書くことを望んでいたので、 https://Gist.github.com/gwenzek/78355526e476e08bb34d

Gistには、コードファイルに加えて、テストファイルとここにコピーした短い例が含まれています。

import ***.ArgsOps._


object Example {
    val parser = ArgsOpsParser("--someInt|-i" -> 4, "--someFlag|-f", "--someWord" -> "hello")

    def main(args: Array[String]){
        val argsOps = parser <<| args
        val someInt : Int = argsOps("--someInt")
        val someFlag : Boolean = argsOps("--someFlag")
        val someWord : String = argsOps("--someWord")
        val otherArgs = argsOps.args

        foo(someWord, someInt, someFlag)
    }
}

変数をある範囲内に強制するための派手なオプションはありません。パーサーがそうするのに最適な場所だとは思わないからです。

注:指定された変数に必要なだけエイリアスを設定できます。

1
gwenzek

私はこのコードのきれいな外観が好きです...ここでの議論から収集した: http://www.scala-lang.org/old/node/438

object ArgParser {
  val usage = """
Usage: parser [-v] [-f file] [-s sopt] ...
Where: -v   Run verbosely
       -f F Set input file to F
       -s S Set Show option to S
"""

  var filename: String = ""
  var showme: String = ""
  var debug: Boolean = false
  val unknown = "(^-[^\\s])".r

  val pf: PartialFunction[List[String], List[String]] = {
    case "-v" :: tail => debug = true; tail
    case "-f" :: (arg: String) :: tail => filename = arg; tail
    case "-s" :: (arg: String) :: tail => showme = arg; tail
    case unknown(bad) :: tail => die("unknown argument " + bad + "\n" + usage)
  }

  def main(args: Array[String]) {
    // if there are required args:
    if (args.length == 0) die()
    val arglist = args.toList
    val remainingopts = parseArgs(arglist,pf)

    println("debug=" + debug)
    println("showme=" + showme)
    println("filename=" + filename)
    println("remainingopts=" + remainingopts)
  }

  def parseArgs(args: List[String], pf: PartialFunction[List[String], List[String]]): List[String] = args match {
    case Nil => Nil
    case _ => if (pf isDefinedAt args) parseArgs(pf(args),pf) else args.head :: parseArgs(args.tail,pf)
  }

  def die(msg: String = usage) = {
    println(msg)
    sys.exit(1)
  }

}
1
Alan Jurgensen

これが私の1ライナーです

    def optArg(prefix: String) = args.drop(3).find { _.startsWith(prefix) }.map{_.replaceFirst(prefix, "")}
    def optSpecified(prefix: String) = optArg(prefix) != None
    def optInt(prefix: String, default: Int) = optArg(prefix).map(_.toInt).getOrElse(default)

3つの必須引数を削除し、オプションを提供します。整数は、悪名高い-Xmx<size> Javaオプションのように、プレフィックスと一緒に指定されます。次のように簡単にバイナリと整数を解析できます

val cacheEnabled = optSpecified("cacheOff")
val memSize = optInt("-Xmx", 1000)

何もインポートする必要はありません。

1

フリークリ

package freecli
package examples
package command

import Java.io.File

import freecli.core.all._
import freecli.config.all._
import freecli.command.all._

object Git extends App {

  case class CommitConfig(all: Boolean, message: String)
  val commitCommand =
    cmd("commit") {
      takesG[CommitConfig] {
        O.help --"help" ::
        flag --"all" -'a' -~ des("Add changes from all known files") ::
        O.string -'m' -~ req -~ des("Commit message")
      } ::
      runs[CommitConfig] { config =>
        if (config.all) {
          println(s"Commited all ${config.message}!")
        } else {
          println(s"Commited ${config.message}!")
        }
      }
    }

  val rmCommand =
    cmd("rm") {
      takesG[File] {
        O.help --"help" ::
        file -~ des("File to remove from git")
      } ::
      runs[File] { f =>
        println(s"Removed file ${f.getAbsolutePath} from git")
      }
    }

  val remoteCommand =
   cmd("remote") {
     takes(O.help --"help") ::
     cmd("add") {
       takesT {
         O.help --"help" ::
         string -~ des("Remote name") ::
         string -~ des("Remote url")
       } ::
       runs[(String, String)] {
         case (s, u) => println(s"Remote $s $u added")
       }
     } ::
     cmd("rm") {
       takesG[String] {
         O.help --"help" ::
         string -~ des("Remote name")
       } ::
       runs[String] { s =>
         println(s"Remote $s removed")
       }
     }
   }

  val git =
    cmd("git", des("Version control system")) {
      takes(help --"help" :: version --"version" -~ value("v1.0")) ::
      commitCommand ::
      rmCommand ::
      remoteCommand
    }

  val res = runCommandOrFail(git)(args).run
}

これにより、次の使用法が生成されます。

使用法

1
pavlosgi

重ねます。これを簡単なコード行で解決しました。私のコマンドライン引数は次のようになります。

input--hdfs:/path/to/myData/part-00199.avro output--hdfs:/path/toWrite/Data fileFormat--avro option1--5

これにより、Scalaのネイティブコマンドライン機能を介して(アプリまたはメインメソッドから)配列が作成されます。

Array("input--hdfs:/path/to/myData/part-00199.avro", "output--hdfs:/path/toWrite/Data","fileFormat--avro","option1--5")

次に、この行を使用して、デフォルトのargs配列を解析します。

val nArgs = args.map(x=>x.split("--")).map(y=>(y(0),y(1))).toMap

コマンドライン値に関連付けられた名前でマップを作成します。

Map(input -> hdfs:/path/to/myData/part-00199.avro, output -> hdfs:/path/toWrite/Data, fileFormat -> avro, option1 -> 5)

その後、コード内の名前付きパラメーターの値にアクセスでき、コマンドラインに表示される順序は関係ありません。これはかなり単純で、上記の高度な機能をすべて備えているわけではありませんが、ほとんどの場合は十分であるようで、1行のコードのみが必要で、外部の依存関係はありません。

1
J Calbreath

これは私が調理したものです。マップとリストのタプルを返します。リストは、入力ファイル名のような入力用です。マップはスイッチ/オプション用です。

val args = "--sw1 1 input_1 --sw2 --sw3 2 input_2 --sw4".split(" ")
val (options, inputs) = OptParser.parse(args)

戻ります

options: Map[Symbol,Any] = Map('sw1 -> 1, 'sw2 -> true, 'sw3 -> 2, 'sw4 -> true)
inputs: List[Symbol] = List('input_1, 'input_2)

スイッチは、xをtrueに設定する「--t」、またはxを「10」に設定する「--x 10」にすることができます。他のすべてはリストになります。

object OptParser {
  val map: Map[Symbol, Any] = Map()
  val list: List[Symbol] = List()

  def parse(args: Array[String]): (Map[Symbol, Any], List[Symbol]) = _parse(map, list, args.toList)

  private [this] def _parse(map: Map[Symbol, Any], list: List[Symbol], args: List[String]): (Map[Symbol, Any], List[Symbol]) = {
    args match {
      case Nil => (map, list)
      case arg :: value :: tail if (arg.startsWith("--") && !value.startsWith("--")) => _parse(map ++ Map(Symbol(arg.substring(2)) -> value), list, tail)
      case arg :: tail if (arg.startsWith("--")) => _parse(map ++ Map(Symbol(arg.substring(2)) -> true), list, tail)
      case opt :: tail => _parse(map, list :+ Symbol(opt), tail)
    }
  }
}
1
auselen

Key = valueペアを解析するための貧乏人の迅速で汚いワンライナー:

def main(args: Array[String]) {
    val cli = args.map(_.split("=") match { case Array(k, v) => k->v } ).toMap
    val saveAs = cli("saveAs")
    println(saveAs)
}
0
botkop