webdevqa.jp.net

SSRS 2016を使用したカスタム認証(セキュリティ拡張)

SSRS2016でカスタムフォーム認証を実装しようとしています。

この記事 内で、 SQL Server Reporting Service製品サンプル が参照されます。

サンプルページ(セキュリティ拡張機能に関して)の最新のsupportedバージョンはSSRS2012のようです。サンプルで収集された情報を正常に適用しました。 SSRS2014インスタンスへのページ。ただし、SSRS 2016のファイルシステム構造が少し変更されたように見えます(Read、ReportManagerフォルダーはもうありません)。これにより、サンプルページで提供されている手順が無効になっているようです。

カスタム認証を確立するための更新された手順がどこにあるか知っている人はいますか?

15
Jason Richmeier

ここ にあるMSDNフォーラムのスレッドに出くわしました。このスレッドには、製品チームからの回答など、かなりの活動がありました。

今後数週間以内にSSRS2016で動作するカスタムセキュリティ拡張機能の取得に問題がある場合は、こちらをご覧ください。その後、製品がRTM状態のときに、この情報がすべてドキュメントに含まれることを理解しています。

6
Jason Richmeier

私は最近この仕事をしました。

多くのサイトで検索しました。この例は私にとってはうまくいきます: https://github.com/Microsoft/Reporting-Services/tree/master/CustomSecuritySample

以下に、プロジェクトの例の下に、展開マニュアルがあります。

私の場合、ファイルにmachineKeyを割り当てないとWebポータルは機能しませんでした:\ Reporting Services\ReportServer\web.config Reporting Services\RSWebApp\Microsoft.ReportingServices.Portal.WebHost.exe.config

一般的に、マニュアルに記載されているすべてのもの。一歩も逃さない。

キーの生成に使用したサイト: http://www.developerfusion.com/tools/generatemachinekey/

この情報が誰かに役立つことを願っています。

3
Konstantin

ユーザー名とパスワードの取得やユーザートークンの生成に問題はないと思います。SQLServer2016のセキュリティ拡張機能に関するいくつかの変更は、IAuthorizationExtensionインターフェイスのCheckAccess関数を参照しています。

次のリンクでは、特にSQL Server2016のセキュリティ拡張機能を実装するための変更とサンプルコードを見つけることができます。

セキュリティ拡張機能の実装

レポートサーバーでカスタム認証またはフォーム認証を構成する

Reporting Servicesでの承認

IAuthorizationExtension.CheckAccessメソッド(String、IntPtr、Byte []、CatalogOperation)

1
Mehdi