webdevqa.jp.net

OpenSSLを使用してSubjectAltNameで自己署名証明書を生成するにはどうすればよいですか?

SubjectAltNameを含むOpenSSLを使用して自己署名証明書を生成しようとしていますが、証明書のcsrを生成している間、OpenSSL x509のv3拡張を使用する必要があります。使ってます :

openssl req -new -x509 -v3 -key private.key -out certificate.pem -days 730

誰かが正確な構文で私を助けることができますか?

103
mohanjot

誰かが正確な構文で私を助けることができますか?

3ステップのプロセスで、openssl.cnfファイルの変更を伴います。コマンドラインオプションだけでそれを行うことができるかもしれませんが、私はそのようにしません。

openssl.cnfファイルを見つけます。おそらく/usr/lib/ssl/openssl.cnfにあります:

$ find /usr/lib -name openssl.cnf
/usr/lib/openssl.cnf
/usr/lib/openssh/openssl.cnf
/usr/lib/ssl/openssl.cnf

私のDebianシステムでは、/usr/lib/ssl/openssl.cnfが組み込みのopensslプログラムによって使用されています。最近のDebianシステムでは、/etc/ssl/openssl.cnfにあります

どのopenssl.cnfが使用されているかを判別するには、偽のXXXをファイルに追加して、opensslがチョークするかどうかを確認します。


最初に、reqパラメーターを変更します。使用する名前でalternate_namesセクションをopenssl.cnfに追加します。 alternate_namesセクションは存在しないため、どこに追加してもかまいません。

[ alternate_names ]

DNS.1        = example.com
DNS.2        = www.example.com
DNS.3        = mail.example.com
DNS.4        = ftp.example.com

次に、existing[ v3_ca ]セクションに次を追加します。正確な文字列[ v3_ca ]を検索します。

subjectAltName      = @alternate_names

[ v3_ca ]の下でkeyUsageを次のように変更できます。

keyUsage = digitalSignature, keyEncipherment

digitalSignatureおよびkeyEnciphermentは、サーバー証明書の標準的なフェアです。 nonRepudiationについて心配する必要はありません。弁護士になりたかったcomp sciの人たちによって考え出されたその役に立たないビット。法的世界では何も意味しません。

最終的に、IETF(RFC 5280)、ブラウザ、およびCAは高速で緩やかに実行されるため、おそらく、どのキーを使用するかは重要ではありません。


次に、署名パラメーターを変更します。 CA_defaultセクションの下にある次の行を見つけます。

# Extension copying option: use with caution.
# copy_extensions = copy

それを次のように変更します。

# Extension copying option: use with caution.
copy_extensions = copy

これにより、SANが証明書にコピーされます。 DNS名をコピーする他の方法は壊れています。


第三に、自己署名を生成します。

$ openssl genrsa -out private.key 3072
$ openssl req -new -x509 -key private.key -sha256 -out certificate.pem -days 730
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
...

最後に、証明書を調べます。

$ openssl x509 -in certificate.pem -text -noout
Certificate:
    Data:
        Version: 3 (0x2)
        Serial Number: 9647297427330319047 (0x85e215e5869042c7)
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        Issuer: C=US, ST=MD, L=Baltimore, O=Test CA, Limited, CN=Test CA/[email protected]
        Validity
            Not Before: Feb  1 05:23:05 2014 GMT
            Not After : Feb  1 05:23:05 2016 GMT
        Subject: C=US, ST=MD, L=Baltimore, O=Test CA, Limited, CN=Test CA/[email protected]
        Subject Public Key Info:
            Public Key Algorithm: rsaEncryption
                Public-Key: (3072 bit)
                Modulus:
                    00:e2:e9:0e:9a:b8:52:d4:91:cf:ed:33:53:8e:35:
                    ...
                    d6:7d:ed:67:44:c3:65:38:5d:6c:94:e5:98:ab:8c:
                    72:1c:45:92:2c:88:a9:be:0b:f9
                Exponent: 65537 (0x10001)
        X509v3 extensions:
            X509v3 Subject Key Identifier: 
                34:66:39:7C:EC:8B:70:80:9E:6F:95:89:DB:B5:B9:B8:D8:F8:AF:A4
            X509v3 Authority Key Identifier: 
                keyid:34:66:39:7C:EC:8B:70:80:9E:6F:95:89:DB:B5:B9:B8:D8:F8:AF:A4

            X509v3 Basic Constraints: critical
                CA:FALSE
            X509v3 Key Usage: 
                Digital Signature, Non Repudiation, Key Encipherment, Certificate Sign
            X509v3 Subject Alternative Name: 
                DNS:example.com, DNS:www.example.com, DNS:mail.example.com, DNS:ftp.example.com
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
         3b:28:fc:e3:b5:43:5a:d2:a0:b8:01:9b:fa:26:47:8e:5c:b7:
         ...
         71:21:b9:1f:fa:30:19:8b:be:d2:19:5a:84:6c:81:82:95:ef:
         8b:0a:bd:65:03:d1
145
jww