webdevqa.jp.net

コマンドラインで変数をansible playbookに渡すにはどうすればよいですか?

私は初心者ですが、次のように動作しなかったのでどうするか疑問に思います

ansible-playbook -i '10.0.0.1,' yada-yada.yml --tags 'loaddata' Django_fixtures="tile_colors"

Django_fixturesは私の変数です。

161
Édouard Lopez

ドキュメントを読む私はこのサンプルを与える コマンドラインで変数を渡す というセクションを見つける:

ansible-playbook release.yml --extra-vars "version=1.23.45 other_variable=foo"

他の例では、 _ json _ 文字列(≥1.2)またはファイル(≥1.3)から読み込む方法を示しています。

235
Édouard Lopez

他の回答では、コマンドライン変数を渡す方法を示していますが、それらにアクセスする方法は示していません。

--extra-vars "version=1.23.45 other_variable=foo"

あなたのymlファイルでは、次のようにしてスコープ付き変数にこれらを割り当てます。

vars:
    my_version: "{{ version }}"
    my_other_variable: {{ other_variable }}

コマンドライン引数を使用する代わりに、セッション内ですでに定義されている環境変数を利用することもできます。これらの変数は、以下のようにAnsible ymlファイル内で参照できます。

vars:
    my_version: "{{ lookup('env', 'version') }}"
    my_other_variable: {{ lookup('env', 'other_variable') }}
121
GreensterRox
ansible-playbook release.yml -e "version=1.23.45 other_variable=foo"
36
lanni654321

--extra-varsオプションを使うことができます。 ドキュメントを参照してください

29
jarv

どういうわけか上記の答えのどれも私のために働きませんでした。 Ansbile 2.2.0で私のプレイブックにいくつかの余分なvarを渡す必要があるので、これが私がそれをうまく動かす方法です(各varの前に-eオプションを書き留めます):

ansible-playbook site.yaml -i hostinv -e firstvar=false -e second_var=value2
25
OpenITeX
ansible-playbook test.yml --extra-vars "arg1=${var1} arg2=${var2}"

Ymlファイルでは、このように使うことができます

---
arg1: "{{ var1 }}"
arg2: "{{ var2 }}"

また、--extra-vars-eは同じなので、どちらかを使用できます。

9
Ali Atakan

これは、シェル環境変数を使用する場合にも役立ちました。

ansible-playbook -i "localhost," ldap.yaml --extra-vars="LDAP_Host={{ lookup('env', 'LDAP_Host') }} clustername=mycluster env=dev LDAP_USERNAME={{ lookup('env', 'LDAP_USERNAME') }} LDAP_PASSWORD={{ lookup('env', 'LDAP_PASSWORD') }}"

0
user164328

ansible-playbok -i <inventory> <playbook-name> -e "proc_name=sshd"

下のプレイブックで上記のコマンドを使用することができます。

---
- name: Service Status
gather_facts: False
tasks:
- name: Check Service Status (Linux)
Shell: pgrep "{{ proc_name }}"
register: service_status
ignore_errors: yes
debug: var=service_status.rc`
0
Rajeev Singh
ansible-playbook release.yml --extra-vars "username=hello password=bye"

#you can now use the above command anywhere in the playbook as an example below:
tasks:
- name: Create a new user in Linux
Shell: useradd -m -p {{username}} {{password}}"
0
Naveen Goyal
 s3_sync:
      bucket: ansible-harshika
      file_root: "{{ pathoftsfiles  }}"
      validate_certs: false 
      mode: Push
      key_prefix: "{{ folder }}"

ここでは、変数は「pathoftsfiles」および「folder」という名前で使用されています。この変数への値は下記のコマンドで与えられます。

Sudo ansible-playbook multiadd.yml --extra-vars "pathoftsfiles=/opt/lampp/htdocs/video/uploads/tsfiles/$2 folder=nitesh"

注:Shellコマンドで変数に値を渡すときに、反転コンマを使用しないでください。

0
Nitesh Jain