webdevqa.jp.net

OutlookはVBAコードファイルをどこに保存しますか?

Outlookにいくつかのメールマクロを含むVBAプロジェクトがありましたが、PCがクラッシュした後、それらはすべてなくなり、Alt + F11を押すと表示されるのは「Project1」だけです。

私はVBAプログラマではありませんが、電子メールの並べ替えなどに便利なマクロのコレクションを持っていました。それらを再度コーディングする必要はありません。コードファイルをファイルシステムのどこに配置すればよいのか誰でも知っているので、コードを救助できるでしょうか?

20
Frep D-Oronge

このページ は、Outlookがすべてのものを保持する場所について、いくつかの非常に優れた洞察を持っています。次のことを示唆しています。

すべてのOutlookマクロは、ユーザーの%appdata%\ Microsoft\Outlookフォルダー内のVbaProject.otmという名前の単一のファイルに格納されます。これは、ほとんどのシステムでは隠しフォルダーになります。

今、問題は、それらが今表示されない場合、おそらくその場所からそれらを復元することができないということです。おそらくそこに「空の」プロジェクトがあるか、まったくプロジェクトがないかのいずれかですが、そのフォルダーがバックアップされると、それを復元できる可能性があります。

今後は、VBA IDE(右クリックして[ファイルのエクスポート]を選択...)を使用するか、またはリンクされた記事( Officeプロファイルウィザード など)。

27
Dave DuPlantis

OK。これを修正しようとすること...

問題が発生した後、同じWindowsユーザーアカウントと同じOutlookプロファイルに再度ログインしようとしたと思います。

  1. 問題のマシンに新しいWindowsログインを作成します。
  2. このアカウントにログインしてOutlookを開くと、新しいOutlookプロファイルが作成されます。プロファイル名を書き留めます(これを見つけるには、[コントロールパネル]> [メールアプレット]> [プロファイルの表示...])。
  3. Outlookを終了し、実行されていないことを確認します(タスクマネージャでOutlook.exeを確認します)。
  4. Windowsエクスプローラを開きます。
  5. 既存のVbaProject.OTMファイルをコピーします(切り取らないでください)。 (それ以外の名前が付いている場合は、まず名前をVbaProject.OTMに変更してからコピーします)。
  6. C:\ Documents and Settings\USERNAME\Application Data\Microsoft\Outlookに移動します(または環境変数表記%appdata%\ Microsoft\Outlook for Vista/win7を使用します)
  7. 既存のVbaProject.OTMの名前をVbaProject.OTM.OLDに変更します。
  8. 手順5のVbaProject.OTMをこのフォルダーに貼り付けます。
  9. Outlookを再度開いてテストします(Alt + F11など)。
  10. 回復を祈ります。

これが機能しない場合は、自己署名証明書を追加したことを覚えていますか?もしそうなら、あなたは証明書のコピーを手に入れましたか?証明書マネージャ(certmgr.msc)に再インストールしてみて、Certficiates-Current User\Personal\Certificates Hiveにコピー/インストールしてみてください。

私はSue Mosher(Outlook VBA達人)からこのメモを見つけました。ファイル。 "

4
Anonymous Type

すべてのマクロは、OTMファイルの次の場所に埋め込まれています。

C:\Users\(***Your User Name***)\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook\VbaProject.OTM

復元するには、このファイルを古いファイルに置き換えてください、機能するはずです

2
Heider Sati