webdevqa.jp.net

Ubuntu 14.04 LTS VMwareおよびVirtual Box ova / ovfイメージ

Javaアプリケーションがあり、Ubuntu 14.04 LTSを使用してVMwareおよびVirtualBoxの仮想マシンアプライアンスイメージ(ovfまたはova)として配布したい。イメージにはオペレーティングシステム自体が含まれる。必要なOSパッケージ、my Javaアプリケーション、すべて構成済みで、電源を入れたときにすぐに実行できます。

OVFおよびOVAファイルを作成する最良の方法は何ですか?

9
Sergei Rodionov

私はいくつかのVirtualBoxを使用していて、エキスパートのようには感じませんが、ここで私は何をしますか。

  • Ubuntuから14.04 LTS isoイメージをダウンロードします 14.04 LTS
  • [新規]ボタンを使用して、VirtualBoxでVMを構築します。これがアプライアンスのテンプレートになります。
  • 「Ubuntu 14.04 LTS 64AMD for Java App "」のようなわかりやすい名前を付けます。タイプは「Linux」、バージョンは「Ubuntu(64ビット)または(32ビット)のいずれかである必要があります。
  • RAM必要な量を設定します。
  • [今すぐ仮想ハードドライブを作成]ボタンをクリックします。 [作成]ボタンをクリックします。 VMDKタイプは移植性に役立つと思います。特にovaファイルを配布する場合は、動的に割り当てられた(より小さなovaファイルを作成する)を選択します。ディスクイメージに必要な名前とサイズを付けます。10GBが最小になると思います。 [作成]ボタンをクリックします。
  • 次にVMを選択し、[設定]をクリックして設定ウィンドウを表示します。
  • [ストレージ]を選択し、CD/DVDディスクのアイコンを選択します。右側でCD-ROMアイコンをクリックし、ダウンロードしたUbuntu 14.04 AMD 64 isoファイルを見つけます。 OKをクリックします。
  • 次に、メインウィンドウからスタートボタンをクリックします。

VMは、仮想CD/DVDドライブにあるISO DVDイメージで起動する必要があります。すべてのプロンプトに応答します。後で使用するためにユーザー名とパスワードを保存します。

ビルドが完了し、Ubuntuが仮想ハードドライブから起動したら、すべての新しい更新を適用します(以前に作成したパスワードが必要になります)。

  • Sudo apt-get update
  • Sudo apt-get upgrade

  • 次に、再起動後、VirtualBoxウィンドウの上部にある[デバイス]メニューを使用して、VM to "Insert Guest Additions CD Image ..."を実行し、Ubuntuイメージを作成するエクストラをインストールします。 VirtualBox環境でうまく機能します。

  • すべてのJava Extrasとアプリケーションをインストールします。ここでは詳しく説明できません。

  • 最後に、[ファイル]> [アプライアンスのエクスポート]メニューオプションを使用して、リストからVMを選択し、[次へ]をクリックします。通常はOVF 1.0の形式を受け入れ、[次へ]をクリックします。設定情報に、サポートWebページ(利用可能な場合)。配布のために説明フィールドにユーザー名/パスワード情報を入力する人を見かけました。次に[エクスポート]をクリックします。

新しいOVA VirtualBoxアプライアンスが必要です。

16
Timothy Sorber