webdevqa.jp.net

Visual Studioのマッチングブレースに移動しますか?

Visual Studio 2008で、閉じ括弧から開き括弧に移動する方法はありますか?私は中括弧を強調表示することについてかなりの量のものを見つけたが、カーソルをそれに移動することについては何もしなかった。

(この質問のVB.NETバージョン: 「If/End If」を切り替えるためのキーボードショートカット

511
thepocketwade

私はあなたのためにこれを見つけました: Visual Studioの中括弧の間でジャンプ

カーソルを中括弧(前後)の前後に置き、を押します。 CTRL + ]。中かっこまたは丸かっこのどちらでも使用できます。これからは、Where's are Waldo?をプレイする必要はありません。そのブレースを見つけるために。

682
Tim Santeford

つかいます CTRL + ] それらを切り替えるために。使用するときは、括弧の1つにカーソルを置きます。

106
Ahmad Mageed

私は Visual Studio 2008 を使っていますが、あなたはこのショートカットにしたいものをカスタマイズすることができます。

クリックメニューツール - >オプション - >環境 - >キーボードそれからEdit.GotoBraceを探します。

これにより、現在どのキーの組み合わせが割り当てられているかがわかります。私はあなたが望むならこれを変更することができると思います Ctrl + ] うまくいきません。

97
funkymushroom

注:#if/#Elif/#endifのマッチングにも機能します。キャレットは #

26
Pierre

何らかの理由でこれがうまくいかない場合は、キーボードの割り当てがおかしくなっている可能性があります(私にはうまくいきませんでした)。ただし、バインディングを簡単に再度有効にすることができます - 少なくとも私は以下のように考えました:

私はこの手順を試してみました:

  • メニューに移動ツール - > オプション - > 環境 - > キーボード
  • コマンドEdit.GotoBraceまでスクロールするか、コマンドを検索します。
  • 目的のショートカットを割り当てます(私のものは空だったので、私は CTRL    + ]
  • 必ず「割り当てボタン」をクリックしてください。

試してみましたが、まだうまくいきませんでした。 Visual Studioを再起動しましたが、まだうまくいきませんでした - .csファイルでしかうまくいきませんでしたが、.vbファイルとテキストファイルでうまく動くようにする必要があります。

19
Paul Gorbas

私のフランス語キーボードでは、 CTRL + ^

17
Matthieu Rouget

ドイツのキーボードでは Ctrl + ´

15
Baldewin

スペイン語のキーボードでは CTRL + ¿ (または CTRL + ¡).

11
Keith

私のデンマーク語のキーボードでは CTRL + Å

10
Raymond

トルコ語のキーボードでは、 Ctrl + ü

9

私のポルトガル語のキーボードとEN VSを使ったSOでは、 CTRL + « 対応する括弧に移動する CTRL + SHIFT + « 内側のコードを選ぶつもりなら。

9
Rodrigo

そして Ctrl + Shift + ] すべてのテキストを選択します。

9
JCS in Tampa

完全を期すために、スウェーデン語のキーボードでは CTRL + å 。

また、論理的だと思いますが、言及する価値があります CTRL + shift + å (大文字Åの場合)中括弧内のすべてを選択して、一致するものに移動します。

9
Ola Karlsson

私のpt-BR(ブラジルポルトガル語)キーボードでは実際には CTRL + [

8
karlphillip

私のイタリアのキーボードでは、それは CTRL + ^

8
Peppe

私のスロベニア語キーボードでは ALT    + Đ

7
skz

Macの場合 command+shift+\

出典:この答えに対するコメント: https://stackoverflow.com/a/37877082/3345085 。 Visual Studio Codeバージョン1.10.2でテスト済み。

6
Logan

[ツール]> [オプション]> [環境]> [フォントと色]の順に選択し、[中かっこ(長方形)]を選択して[アイテムの背景]を[たとえば]に変更します。黄。これはC#の括弧(){}と[]に対して有効でした。

5

私のオランダ語(ベルギー)キーボードでは、それは CTRL + ^

5
Ward Coessens

少し関連性がありますが、HTMLタグの場合:(組み込みのソリューションがないため、 Ctrl + J HTMLタグでは動作しません:)

ここに私が作ったマクロとしての答えがあります。

これがデモです。

Enter image description here

そしてこれがコードです。楽しい!

Imports System
Imports EnvDTE
Imports EnvDTE80
Imports EnvDTE90
Imports EnvDTE90a
Imports EnvDTE100
Imports System.Diagnostics
Imports System.Windows.Forms

Public Module Module2
    Sub beginToEnd()

        'Place the cursor somewhere in the beginning tag, run the macro, to select from beginning to end tag

        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim objSel As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection
        Dim topPoint As TextPoint = objSel.TopPoint
        Dim lTopLine As Long = topPoint.Line
        objSel.GotoLine(lTopLine, False)
        '  DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine()
        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim line1 As String = DTE.ActiveDocument.Selection.Text()

        If InStr(line1, "/") Then

            ' MsgBox(line1)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ActiveDocument.Selection.EndOfLine()
            DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstText, True)
            objSel.GotoLine(lTopLine, False)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
        Else
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
            DTE.ActiveDocument.Selection.EndOfLine(False)
            DTE.ExecuteCommand("Edit.ToggleOutliningExpansion")
        End If

        DTE.ActiveDocument.Selection.SelectLine()
        Dim line2 As String = DTE.ActiveDocument.Selection.Text()
        Dim objSel3 As TextSelection = DTE.ActiveDocument.Selection
        Dim topPoint3 As TextPoint = objSel3.TopPoint
        Dim lTopLine3 As Long = topPoint3.Line
        objSel.GotoLine(lTopLine3, False)
        DTE.ActiveDocument.Selection.StartOfLine(vsStartOfLineOptions.vsStartOfLineOptionsFirstText, False)
    End Sub
End Module
4
Royi Namir

Visual Studio Code( 彼らのドキュメント に見られるように)のために、 Ctrl+Shift+\

設定は次の場所にあります。

ファイル/設定/キーボードショートカット

Visual Studio Code 1.8.0を使用しています。注:Visual Studioのコードは、国際キーボードでは動作が異なる場合があります( この回答に関してはドイツ語のキーボード )。

これが誰かに役立つことを願っています。

3

ハンガリー語のキーボードでは Ctrl + ú

3
Zéiksz

ドイツのキーボードでは ctrl+shift+^

3
olippuner

ドイツ語キーボードのVisual Studio Codeでは、 ctrl+shift+^

しかし、あなたは正しい拡張子でファイルを開かなければなりません - それは例えば新しい未保存ファイルではうまくいきません。

2
Shivan

スイス - フランス語キーボードでは: CTRL + SHIFT + ^

2
Fabio Salvalai

VS2012のスペイン語(スペイン)キーボードは Ctrl + ¡ @Keithが述べたとおりですが、 Ctrl + ¿ (として入力 Ctrl + Shift + ¡その後、Matching Brace plusに進み、2つのブレース内のすべてのコードを選択すると、もう一方のブレースに戻ることはできません。

誰にでも役立つ詳細(Linux/Win/Mac)

キーボードショートカットメニュー/エディタのコマンドはeditor.action.jumpToBracketです。そこでは好きなように設定できます。デフォルトではショートカットがないeditor.action.selectToBracketというものもあります(少なくともMacでは)。

等。

Macではeditor.action.jumpToBracketは以下のように始まります。 Cmd+Shift+\ そして私はそれを Ctrl+] 他の人がここで言うことと一致するように。私は私が使うことができることを期待してそうしました Ctrl+Shift+] 「選択範囲を対応する大括弧に拡張する」に進みます。それが私が上記の詳細を発見するために導いたものです。 editor.action.selectToBracketをに設定します Ctrl+Shift+] そしてまさに私が望んでいたふるまいを得た。

1
Bruno Bronosky