webdevqa.jp.net

Visual Studio 2012、2013、または2015のライセンスキーを変更するには?

マシンにVisual Studio 2012 Proのコピーがあり、シリアルキーが使用されていますが、別のキーを使用する必要があるため、使用する必要はありません。私の問題は、Visual Studioのアンインストールを続けていますが、再インストール後も登録情報が残っているため、削除する必要のあるレジストリパスを見つけることができません(いくつか削除しました)。

登録情報を削除したり、キーを交換したりする簡単な方法はありますか?

ありがとう

60
FatBruno

同じ問題が発生したため、プロダクトキーを別のキーに変更したいと考えました。残念ながら、VS2010ほど簡単ではありません。

以下の手順が機能します。

  • ライセンス情報を含むレジストリキーを削除します:HKEY_CLASSES_ROOT\Licenses\77550D6B-6352-4E77-9DA3-537419DF564B

  • キーが見つからない場合は、sysinternals ProcessMonitor を使用してVS2012のレジストリアクセスを確認し、常にHKEY_CLASSES_ROOT\Licensesにある正しいキーを見つけます。

  • このキーを削除すると、VS2012はライセンス情報が正しくないことを通知します。 「プログラムと機能」に進み、VS2012を修復します。

  • 修復後、VS2012は30日間の試用版に戻り、新しいプロダクトキーを入力できます。これは、試用版のループにとどまり、生産キーを入力しないためにも使用できます。

63
Nico

Visual Studio 2015からプロダクトキーを削除する必要がある場合:

  1. レジストリキーHKCR\Licenses\4D8CFBCB-2F6A-4AD2-BABF-10E28F6F2C8Fを削除します
  2. visual Studioインストールの修復

これで、必要に応じてプロダクトキーを変更できます。

55
Alex

私にとって、Visual Studio 2013では、ライセンスキーを削除して修復を実行するだけでは不十分でした(修復は試用版に戻らずにライセンスキーを復元し、(キーを削除した後)修復せずに実行します)ライセンスの有効期限は切れていましたが、新しいキーを入力することはできませんでした)。

そうしなければならなかった:

  • Visual StudioがレジストリでProcess Monitorで探していたライセンスキーを見つけます(HKCR\Licenses\E79B3F9C-6543-4897-BBA5-5BFB0A02BB5Cでした)
  • Visual Studio 2013を完全にアンインストールします(最初にCurrentSettings.vssettingsを保存します)
  • Regeditで手動でレジストリからライセンスキーを削除する
  • 公開されているWebインストーラーを使用してVisual Studioをインストールします(焼き付けられたライセンスキーはありません-30日間の試用版をインストールします)
  • 新しいライセンスキーを入力してください
  • (再)更新プログラムをインストール(この時点で更新プログラム1)
  • CurrentSettings.vssettingsで作成したバックアップをインポートして設定を復元します
30
Cameron

Visual Studio 2017 Professionalを使用している場合、レジストリキーは次のとおりです。

HKCR\Licenses\5C505A59-E312-4B89-9508-E162F8150517

また、レジストリキーを削除する前にエクスポートすることをお勧めします。これにより、誤って誤ったキーを削除した場合にバックアップを作成できます。

10
Bogdan Mitrache

これらのHKCR\Licensesの内容を確認するには、 API Monitor v2 を使用します

API-Filter find 

    RegQueryValueExW 
        ^-Enable all from Advapi32.dll

    CryptUnprotectData
        ^- Enable all from Crypt32.dll
         + Breakpoint / after Call

CryptUnprotectData から出力されるサンプルデータ

HKEY_CLASSES_ROOT\Licenses\4D8CFBCB-2F6A-4AD2-BABF-10E28F6F2C8F\07078  [length 0x1C6 (0454.) ]
    00322-20000-00000-AA450                 <- PID2
    7d3cbcbb-90b1-411f-9981-6e28039a9b82    <- Ver
    7C3WXN74-VRMXH-J8X3H-M8F7W-CPQB8        <- PID3

HKEY_CLASSES_ROOT\Licenses\4D8CFBCB-2F6A-4AD2-BABF-10E28F6F2C8F\0bcad  [length 0xbcad (0534.) ]

    0000  00000025 ffffffff 7fffffff   07064. 00000007   07078. 00000007 ffffffff
    0020  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    0040  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    0060  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    0080  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    00a0  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    00c0  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    00e0  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    0100  7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff 7fffffff ffffffff
    0120  7fffffff ffffffff 7fffffff 10.2015. c2a6 11.
    0134                             ^installation date^

ここで有用なのは、インストールタイムスタンプ(2015年11月11日)です「CryptProtectData」を呼び出すために必要な変更です。そのためには、小さなプログラムを作成するなどの努力が必要ですORこの場所でollydebugを停止し、CryptProtectData呼び出しを手動で「作成」します...

注:この例では、Microsoft®Visual Studio 2015を使用しています。

->早速期限切れに潜入 VSの場合 this を読むことをお勧めします。ただし、すべてのサインアップとログインがらくたが適切に行われるまで、それは時折使用するのに適しています;)

本当の肉はここにあります:
%LOCALAPPDATA%\ Microsoft\VisualStudio\14.0\Licenses\^-このパスは、HKCU\Software\Microsoft\VisualStudio\14.0\Licenses\715f10eb-9e99-11d2-bfc2-00c04f990235\1から取得されます。

1_3jdh3uyw **。crtok **

-いくつかの Base64 デコード後:

<ClientRightsContainer 
    xmlns="http://schemas.datacontract.org/2004/07/Microsoft.VisualStudio.Services.Licensing" 
    xmlns:i="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <CertificateBytes>
        00000000   30 82 06 41 30 82 04 29  A0 03 02 01 02 02 13 5A   0‚ A0‚ )       Z
        00000010   00 00 BC CB 23 AC 52 9C  E8 93 F9 0A 00 01 00 00     ¼Ë#¬Rœè“ù     
        00000020   BC CB 30 0D 06 09 2A 86  48 86 F7 0D 01 01 0B 05   ¼Ë0   *†H†÷     
        00000030   00 30 81 8B 31 0B 30 09  06 03 55 04 06 13 02 55    0 ‹1 0   U    U
        00000040   53 31 13 30 11 06 03 55  04 08 13 0A 57 61 73 68   S1 0   U    Wash
        00000050   69 6E 67 74 6F 6E 31 10  30 0E 06 03 55 04 07 13   ington1 0   U   
        00000060   07 52 65 64 6D 6F 6E 64  31 1E 30 1C 06 03 55 04    Redmond1 0   U 
        00000070   0A 13 15 4D 69 63 72 6F  73 6F 66 74 20 43 6F 72      Microsoft Cor
        00000080   70 6F 72 61 74 69 6F 6E  31 15 30 13 06 03 55 04   poration1 0   U 
        00000090   0B 13 0C 4D 69 63 72 6F  73 6F 66 74 20 49 54 31      Microsoft IT1
        000000A0   1E 30 1C 06 03 55 04 03  13 15 4D 69 63 72 6F 73    0   U    Micros
        000000B0   6F 66 74 20 49 54 20 53  53 4C 20 53 48 41 32 30   oft IT SSL SHA20
        000000C0   1E 17 0D 31 35 30 33 30  35 32 31 32 39 35 36 5A      150305212956Z
        000000D0   17 0D 31 37 30 33 30 34  32 31 32 39 35 36 5A 30     170304212956Z0
        000000E0   25 31 23 30 21 06 03 55  04 03 13 1A 61 70 70 2E   %1#0!  U    app.
        000000F0   76 73 73 70 73 2E 76 69  73 75 61 6C 73 74 75 64   vssps.visualstud
        00000100   69 6F 2E 63 6F 6D 30 82  01 22 30 0D 06 09 2A 86   io.com0‚ "0   *†
        ...
        000002B0   6E 86 36 68 74 74 70 3A  2F 2F 6D 73 63 72 6C 2E   n†6http://mscrl.
        000002C0   6D 69 63 72 6F 73 6F 66  74 2E 63 6F 6D 2F 70 6B   Microsoft.com/pk
        000002D0   69 2F 6D 73 63 6F 72 70  2F 63 72 6C 2F 6D 73 69   i/mscorp/crl/msi
        000002E0   74 77 77 77 32 2E 63 72  6C 86 34 68 74 74 70 3A   twww2.crl†4http:
        000002F0   2F 2F 63 72 6C 2E 6D 69  63 72 6F 73 6F 66 74 2E   //crl.Microsoft.
        00000300   63 6F 6D 2F 70 6B 69 2F  6D 73 63 6F 72 70 2F 63   com/pki/mscorp/c
        00000310   72 6C 2F 6D 73 69 74 77  77 77 32 2E 63 72 6C 30   rl/msitwww2.crl0
        00000320   70 06 08 2B 06 01 05 05  07 01 01 04 64 30 62 30   p  +        d0b0
        00000330   3C 06 08 2B 06 01 05 05  07 30 02 86 30 68 74 74   <  +     0 †0htt
        00000340   70 3A 2F 2F 77 77 77 2E  6D 69 63 72 6F 73 6F 66   p://www.microsof
        00000350   74 2E 63 6F 6D 2F 70 6B  69 2F 6D 73 63 6F 72 70   t.com/pki/mscorp
        00000360   2F 6D 73 69 74 77 77 77  32 2E 63 72 74 30 22 06   /msitwww2.crt0" 
        00000370   08 2B 06 01 05 05 07 30  01 86 16 68 74 74 70 3A    +     0 † http:
        00000380   2F 2F 6F 63 73 70 2E 6D  73 6F 63 73 70 2E 63 6F   //ocsp.msocsp.co
        00000390   6D 30 4E 06 03 55 1D 20  04 47 30 45 30 43 06 09   m0N  U   G0E0C  
        000003A0   2B 06 01 04 01 82 37 2A  01 30 36 30 34 06 08 2B   +    ‚7* 0604  +
        000003B0   06 01 05 05 07 02 01 16  28 68 74 74 70 3A 2F 2F           (http://
        000003C0   77 77 77 2E 6D 69 63 72  6F 73 6F 66 74 2E 63 6F   www.Microsoft.co
        000003D0   6D 2F 70 6B 69 2F 6D 73  63 6F 72 70 2F 63 70 73   m/pki/mscorp/cps
        000003E0   00 30 27 06 09 2B 06 01  04 01 82 37 15 0A 04 1A    0'  +    ‚7    
        000003F0   30 18 30 0A 06 08 2B 06  01 05 05 07 03 01 30 0A   0 0   +       0 
        00000400   06 08 2B 06 01 05 05 07  03 02 30 25 06 03 55 1D     +       0%  U 
        00000410   11 04 1E 30 1C 82 1A 61  70 70 2E 76 73 73 70 73      0 ‚ app.vssps
        00000420   2E 76 69 73 75 61 6C 73  74 75 64 69 6F 2E 63 6F   .visualstudio.co
        00000430   6D 30 0D 06 09 2A 86 48  86 F7 0D 01 01 0B 05 00   m0   *†H†÷      
        ...                                                U
    </CertificateBytes>
    <Token>
    {
        "typ":"JWT",
        "alg":"RS256",
        "x5t":"i7qX-NUrehXBYdQC5PSH-TdvzXA"
    }
    </Token>
</ClientRightsContainer>

M $はJSON Web Token( JWT )を使用してライセンスデータをラップしているようです。私はCertificateBytesが何らかの形でペイロードになると思います-あなたはメールとその他の詳細です。

これまでのところ、大まかな概要については、内部のデータは何ですか。

より多くの願いを得るために ILSpy + Reflexil (<-変更や小さな問題を修正するために!)そして、c:\ Program Files(x86)\ Microsoft Visualのような 'browser&correct'ファイルStudio 14.0\Common7\IDE ** Microsoft.VisualStudio.Licensing.dll **または「Microsoft.VisualStudio.Services.WebApi.dll」をチェックしてください

10
Nadu

次の回答を読む前に、最後に更新を参照してください。

Windows 8とWindows 8.1を搭載した別のPCがあります

「ソフトウェアのプレリリース。ライセンスの期限が切れました」というライセンスエラーが発生しました。

上記のソリューションに触発された唯一のソリューション(ありがとう!)は、プロセスモニターを実行し、VS2013の起動時にアクセスされる正確なレジストリキーを確認することでした。

HKCR\Licenses\E79B3F9C-6543-4897-BBA5-5BFB0A02BB5C

前の投稿で言及されているもののように。ただし、プロセスモニターは、このレジストリはアクセスが拒否されたと述べました。

そのため、regeditを開いてそのレジストリキーを見つけましたが、開くことができませんでした。それを見る許可がありません。

だから私はその許可を変更しなければなりませんでした:

  1. 「HKCR\Licenses\E79B3F9C-6543-4897-BBA5-5BFB0A02BB5C」キーを右クリックします
  2. 許可
  3. 追加
  4. [選択するオブジェクト名を入力]に、Windowsユーザー名を追加しました。 OK。
  5. フルコントロールを確認
  6. 高度な
  7. 所有者が「変更」をクリックします
  8. [選択するオブジェクト名を入力]に、Windowsユーザー名を追加しました。 OK。
  9. OK。 OK。 OK。

このレジストリキーにはいくつかのサブキーがあることがわかりましたが、それらを表示するにはregeditを再起動する必要があります。

プロセスモニタで他のどのレジストリキーがアクセス拒否されているかを確認することで、VS2013がアクセス拒否のサブキーも具体的に処理することがわかりました:06181 0bcad

これらのサブキーは、上記と同様にアクセス許可を変更する必要があります。

これらの許可を変更すると、すべてがうまく機能しました。

ライセンスとソリューションのエラーもうまく機能したため、Microsoft Visual Studio 2010でも同じことが行われました。

更新:Visual Studioを管理者として起動すると、このレジストリマッサージなしでこの問題が解決されたことが判明しました。ユーザー設定で削除された「ログインに必要なパスワード」を変更した後、これは私のPCに起こったようです。 (クラッシュなどから再起動した後、パスワードなしでpcを実行させたいと思いました)。これにより、管理者としてアプリケーションを起動しない限り、多くのプログラムが一時フォルダーなどのフォルダーに書き込むことができなくなりました。 Excelが管理者として起動されていない場合、Excelからの印刷も機能しません。

2
Haider

ライセンス情報をレジストリから削除するソリューションはVisual Studio 2013でも機能しますが、上記の回答で説明したように、Visual Studioで「修復」を実行することが重要です。

1
Marcel

ISOはおそらくプリピッドです。セットアップファイルからキーを削除する必要があります。次に、インストール中にキーを尋ねられます。

1
Monstieur