webdevqa.jp.net

Visual Studio 2012/2013/2015/2017でマクロを記録/再生できますか?

どうやらVisual Studio 2012からマクロが削除されたようです。

キーボードマクロを記録および再生できるプラグイン/拡張機能/ツールはありますか(Visual Studio 2010の一時マクロの記録/再生と同様)。

たとえば、コードをある言語から別の言語に変換するとき、またはテキストリストなどからプロパティをすばやく生成するときに、通常マクロを使用します。

187
laktak

マクロが復活しました!

レビュー中→完了

フィードバックを大声で明確に聞いており、解決に取り組んでいます。したがって、Visual Studio 2015とVisual Studio 2013の両方をサポートするマクロのバージョンがリリースされたことをお知らせいたします。

作業中にいくつかのバグを修正し、キーボードショートカットを改善しました。楽しんでいただければ幸いです。

詳細については、ブログの投稿を参照してください: http://aka.ms/vsmacros

また、MITライセンスの下でコードをオープンソース化しました。提案や貢献がある場合は、新しいGitHubリポジトリで問題やプルリクエストを作成してください。 http://github.com/Microsoft/VS-Macros

Justin Clareburtシニアプログラムマネージャー

Visual Studioのマクロ

Macros for Visual Studioは、Visual Studio 2013およびVisual Studio 2015の拡張機能であり、マクロを使用してIDEでの繰り返しタスクを自動化できます。拡張機能は、テキスト編集操作を含むVisual Studioのほとんどのコマンドを記録できます。特徴

  • アクティブなドキュメント操作とVisual Studio IDEコマンドの記録と再生
  • 複数回再生する
  • マクロエクスプローラーでマクロを管理および永続化する
  • キーボードバインドをマクロに割り当てます
  • VS DTE APIを呼び出すJavaScriptファイルとして記録されたマクロ
  • DTE IntelliSenseを使用したVisual Studioでのマクロ編集
  • 再生を停止する
  • サンプルマクロ

enter image description here

19
laktak

Visual Studio 2012-2017のテキストマクロ 拡張機能(私は著者です)を試すことができます。基本的にはNotepad ++マクロと同じことを行います(テキスト編集、UI自動化なし)。

コードはオープンソース( GitHub )なので、自由に改善に貢献してください:-)

171
Xavier Poinas

このバージョンのVisual Studioでは、文字通り何百もの機能がありますが、実際に削除された機能もあります。それらの1つは、マクロの記録/再生、マクロプロジェクト、マクロIDEを含むマクロ自動化機能です。マクロはマクロを使用する人にとって価値のあるものであることがわかっていますが、残念ながら使用データによると、この機能を利用しているVisual Studio開発者は1%未満です。そのため、毎日使用されるVisual Studio領域により深く投資しており、いくつかのリリースでマクロを更新していないことがわかりました。

ソース:Visual Studio 11 Developer Previewのマクロ

Notepad ++ に切り取り/貼り付けを行い、そこにマクロを記録および実行してからVisual Studio 2012に切り取り/貼り付けを行うことで、(不便ではありますが)これを回避し始めました。

160
Guy

際立って、マクロを取り戻すことに投票してください!

http://visualstudio.uservoice.com/forums/121579-visual-studio/suggestions/2650757-bring-back-macros

更新(2013年10月4日):

わーい!あなたの投票のおかげで、マクロは現在、返品が検討されています!押しまくれ!

現在、Visual Studioの将来のバージョンでスクリプト機能を提供する可能性を検討しています。この提案を調査する間、提供するスクリプト機能についてコメントを続けてください。

Tony Goodhew、VS Pro、プログラムマネージャー.

48
Trident D'Gao

Sublime Text を使用しているので、実際には、マクロを使用するよりもテキストを編集するより良い方法があることがわかりました。

Sublimeでは、複数のカーソルを使用してテキストを一度に編集できます。説明するのは難しいですが、 http://www.sublimetext.com

Sublime Screenshot

また、Visual Studioの外部ツールとしてSublimeを追加しました。

  • ツール/外部ツールを開きます
  • 追加:崇高な、exeを選択し、これらの引数を使用します:$(ItemPath):$(CurLine):$(CurCol)
  • (これにより次のステップが容易になるため、上部に移動します。そうでない場合は、その位置を覚えておいてください)
  • 次に、カスタマイズ/キーボードに移動し、Tools.ExternalCommand1を検索して、好みのキーボードショートカットを追加します。

これにより、VSと同じカーソル位置でSublimeの現在のドキュメントが開きます。

(また、Sublimeはまだ必要な場合にマクロを実行できます)

24
laktak

Visual Commander extension(私が開発)は、Visual Studio 2015/2017/2019でのコード編集マクロの記録と再生をサポートしています。

16
Sergey Vlasov

マクロが再びサポートされるように、MicrosoftがVisual Studio 2013の拡張機能をリリースしたことに気付きました。

https://visualstudiogallery.msdn.Microsoft.com/d3fbf133-e51b-41a2-b86f-9560a96ff62b

Visual Studio 2015でも拡張機能を利用できるようにするために、この機能に投票することをお勧めします。 https://visualstudio.uservoice.com/forums/121579-visual-studio/suggestions/2650757- bring-back-macros

5
codetuner
3
Reader Man San

Visual Commander 拡張機能を使用すると、Visual Studioの反復タスクを自動化できます。

2
alexanoid

VSScriptLua でマクロの記録、書き込み、および編集を許可しますが、Visual Studio 2015で動作させることはまだできません(コマンドボタンはグレー表示されています。ドキュメントVisual Studio 2005〜2015 RCがサポートされています)。

現在、フリーウェアとしてリリースされています。

2
Erwin Mayer