webdevqa.jp.net

リモートデスクトップが断続的にフリーズする

Windows 10マシンをリモートで使用しています。ローカルマシンとリモートマシンの両方が同じISPネットワークにあります(同じローカルネットワークではなく、同じISP)。私はそれをほぼ1年の間そのように使用しており、まったく問題を経験したことがありませんでした。

最近まで。特定の動作がこの動作を引き起こしたかどうかはわかりませんが、リモートをW10 1903にアップグレードした後に発生し始めたように感じます。後でローカルのバージョンもアップグレードし、問題を悪化させただけだと感じています(しかし、データはありません)。

時々、セッションがフリーズします-画像の更新が停止します。ただし、入力した内容とマウスクリックはまだ送信されています。エラーメッセージは一切表示されず、画像がフリーズするだけです。それを再び機能させるには、セッションを閉じて再度開く必要があります。フリーズ中に入力またはクリックしたすべてのものがそこにあります。

これをデバッグする方法はありますか?

69
andre_ss6

2019年7月以降、クライアントマシンとして機能するWindows 10 1903でもこの問題に遭遇しました。クライアントでの次の回避策は私には有効なので、RDPがフリーズしなくなりました。

管理者特権のコマンドプロンプトを起動し(管理者としてcmd.exeを実行)、次のコマンドを実行します。

reg add "HKLM\software\policies\Microsoft\windows nt\Terminal Services\Client"/v fClientDisableUDP/d 1/t REG_DWORD

その後、リモートデスクトップクライアント(mstsc.exe、別名Microsoftターミナルサービスクライアント)を再起動します。

この問題の最終的な修正を待っています。

77
robbie fan

Windows 10(1903および1909)でこれに遭遇しました。

問題の症状:

  1. RDPセッションが奇妙に更新され、オーディオとビデオが歪む。

  2. RDPセッションがフリーズします。クライアントウィンドウは応答しますが、その中のコンテンツは基本的に静止画像です。

    • 時々、RDPセッションは回復し、通常の機能を再開します。

    • また、RDPセッションが無期限にハングしているように見える場合もあります。エラーメッセージは表示されません。クライアントウィンドウを閉じて、通常どおり再起動できます。

推定因果関係:

  • 負荷のある状態でUDPプロトコルを使用するときに主に発生するようです。

  • 私の推測では、RDPプロトコルは、パケットが失われたり、順序が乱れたりすることに対する回復力の一部を失っています。

回避策:

単一の回避策は完了していないようです。たとえば、TCP専用モードでもRDPが完全にフリーズしてしまいました。ただし、TCPのみをネットワーク接続の改善や負荷の軽減(ビデオやオーディオなど)と組み合わせると、発生率が大幅に低下するようです。

  1. 部分的な回避策:ネットワーク接続を改善します。
    直接ローカル接続は比較的信頼できるかもしれません。

  2. 部分的な回避策:ネットワークの負担を軽減します。
    RDPセッション設定の削減、オーディオの回避、ビデオの回避が役立つようです。

  3. 本格的な回避策:UDPを無効にします。
    RDPは、UDPよりもTCPの方がはるかに優れた動作をするようです。TCPのみに切り替えると、少し遅れるように見えますが、ラグはより秩序があります(これは、不安定なラグ)と私はまだ不明確なハングに遭遇していません。

    実装する3つの方法(おそらく相互に互換性がありますが、おそらく1つだけ実行する必要があります):

    1. クライアント:ローカルグループポリシーエディター
      →ローカルコンピュータポリシー
      →コンピュータ構成
      →管理用テンプレート
      →Windowsコンポーネント
      →リモートデスクトップサービス
      →リモートデスクトップ接続クライアント
      →クライアントでUDPをオフにする
      →有効

    2. On server [unested]:ローカルグループポリシーエディター
      →ローカルコンピュータポリシー
      →コンピュータ構成
      →管理用テンプレート
      →Windowsコンポーネント
      →リモートデスクトップサービス
      →リモートデスクトップセッションホスト
      →接続
      →RDPトランスポートプロトコルを選択
      →有効
      →TCPのみを使用

    3. 非推奨(レジストリエディターの調整)
      出典: @ robbiefan's answer
      クライアント:レジストリエディタ
      →コンピュータ
      →HKEY_LOCAL_MACHINE
      →ソフトウェア
      →ポリシー
      →マイクロソフト
      →Windows NT
      →ターミナルサービス
      →クライアント
      →[右クリック]→新規→DWORD(32ビット)値
      →名前:fClientDisableUDP
      →値のデータ:1
      →ベース:Decimal
      注:これは私が試したときはうまくいったようですが、それ以上は確認できません。このソリューションを試した後、元に戻しましたが、代わりにグループポリシーに依存することを好みました。


ディスカッション:背景

詳細についてはあいまいですが、簡単に言うと、Windows 10 1903より前に実装されたRDPプロトコルでいくつかのバグが発見されたということでした。

  1. CVE-2019-1181 |リモートデスクトップサービスのリモートコード実行の脆弱性 ;

  2. CVE-2019-1182 |リモートデスクトップサービスのリモートコード実行の脆弱性

Windows 10 1903はこれらを修正するためのものだったと思います。

明らかに、RDPプロトコルの新しいバージョンにはいくつかの問題があります。これです。 (TCPを強制するために)UDPを無効にすることで、十分な回避策であるように見えますが、プロトコルは少し緩慢に感じるかもしれません。とは言っても、古いRDPプロトコルにもかなり不快なオーディオレイテンシの問題がありましたが、今はかなり改善されているようです。そのため、個人的には嬉しいです。

21
Nat

UDPルールは機能しているように見えますが、パフォーマンスが大幅に低下します。さらに多くのケースについて調査を続けることを決めたところ、 this が私のものに関連していることがわかりました。

解決済み:「スマートカード」を通過するデフォルトのオプションをオンにすると、RDPセッションが確立された直後にフリーズすることが判明しました。 RDPの[ローカルリソース]タブからチェックを外すと、問題は解消しました。スマートカード(私の勤務先では使用しません)がこのような問題を引き起こすのはなぜですか?スマートカードがRDPセッションにどのような影響を与えるかはわかりませんが、Windows 10への移行の一環として、Microsoftグループポリシーの推奨ベースライン設定の使用を開始しました。これは関係があるかもしれません。いずれにせよ、他の人がこの問題に遭遇した場合の共有

0
Mario

この問題は数週間続きました。私はそれが私のラップトップ(私も接続している)に大きな負荷がかかっているのと一致すると信じていました。

これにより、ラップトップ自体がスロットリングされ、パケット/接続が失われた可能性があります。

昨日、私はラップトップを3つの逆さまのショットグラスに置き、それを涼しく保つためにファンに向けました。

それ以来私は切断されていません。したがって、この問題が1日に少なくとも10回発生することから、2日間で0ケースになりました。

実際の修正ではありませんが、一時的な回避策として心に留めておく必要があるかもしれません。

0
JensB