webdevqa.jp.net

AdobeReaderがフォームコンテンツをロードしない

オンライン申請の可能性を提供するために使用されるFDLファイルがあります。 FDLが入力され、メールボックスに送信されます。

受信したファイルを開くと、Adobe Readerが起動し、Internet Explorerでドキュメントが読み込まれます(chrome-顧客はIEデフォルト)、AdobeReaderが最初のドキュメントが保存されているサーバーへの接続をブロックしたという警告を表示します。

enter image description here

次に、[このドキュメントを1回信頼する](私が翻訳した!)または[このホストを信頼できるホストに追加する](これも私が翻訳した!)をクリックします。

2番目のオプションはまったく機能しません。最初のオプションは機能しますが、少し面倒です。

Adobe Readerのオプション(ドイツ語で「編集」->「Voreinstellungen」/最後のオプション->「セキュリティ(詳細)」)を調べたところ、ホスト、ファイル、ディレクトリを追加したり、AdobeReaderが「信頼できるWebサイト」リストを使用できるようにする可能性が見つかりました。インターネット設定。 Webサイトを信頼できるWebサイトまたはAdobeReadersオプションの信頼できるリストに追加すると、警告はポップアップしませんが、ドキュメントの事前に入力された(申請者による)入力ボックスのコンテンツはWindows 7では表示されませんが、 WindowsXPでは表示されます。

このスクリーンショットは、前の段落で説明した設定ウィンドウを示しています。下部にある大きな入力ボックスには、通常、信頼できるファイル/ディレクトリ/ホストのリストが含まれています。

enter image description here

システム情報:

  • Windows 7 Enterprise x64
  • Adobe Reader X
  • 複数のIEバージョン(私のものは最新ですが、IE 7または8)もあります)

Adobe Readerにフォームのコンテンツをロードさせるにはどうすればよいですか?

この動作はPCで再現できます。コマンドラインからfdfを開くと、fdfにデータがあり、pdfが巧妙に入力されたtrsutedフォルダーにある場合でも、フォームフィールドは空白になります。

再現する手順:

  1. Windows 7 PCをクリーンインストールします(または仮想ボックスを使用します)
  2. ネットワークドライブをサブフォルダーを使用して共有フォルダーにマップします。 c:\ test\docsはm:\ docsになります
  3. すべての人にフルコントロールを許可するようにセキュリティ権限を設定します
  4. サブフォルダーにfdfと一致するpdfファイルを追加します
  5. トラストマネージャーのレジストリ設定で、信頼できる各フォルダーにm:\ docsを手動で追加します
  6. 拡張セキュリティがオンになっていることを確認します
  7. コマンドラインを実行してfdfファイルを開きます

期待される結果:

  • pDFはAdobeReaderで開かれ、フォームフィールドにデータが入力されます

実績:

  • pDFは空白のフィールドで開かれます
  • 信頼できる場所にドキュメントを追加するように求める「黄色のバー」が表示されます

Adobe ReaderXIがレジストリ内の特権ロケーションエントリを無視しているようです。 「黄色のバー」を使用してドキュメントを追加すると、同じフォルダを持つ個々のドキュメントが特権のある場所に追加されますが、フォルダから開く必要のあるすべてのドキュメントに対してこのプロセスを繰り返す必要があることを意味します。

2
wullxz

私がこれまでに認識できた唯一の答えは、これはAdobe Readerのバグであり、したがってこの問題を修正する方法がないということです。

更新:多くの実験の後、回避策を見つけました。 OPによって承認されていない場合に備えて、コンテキストを提供するために、質問の編集内容を含めました。

Adobe Readerにフォームのコンテンツをロードさせるにはどうすればよいですか?

この動作はPCで再現できます。コマンドラインからfdfを開くと、fdfにデータがあり、pdfが巧妙に入力されたtrsutedフォルダーにある場合でも、フォームフィールドは空白になります。

再現する手順:

  1. Windows 7 PCをクリーンインストールします(または仮想ボックスを使用します)
  2. ネットワークドライブをサブフォルダーを使用して共有フォルダーにマップします。 c:\ test\docsはm:\ docsになります
  3. すべての人にフルコントロールを許可するようにセキュリティ権限を設定します
  4. サブフォルダーにfdfと一致するpdfファイルを追加します
  5. トラストマネージャーのレジストリ設定で、信頼できる各フォルダーにm:\ docsを手動で追加します
  6. 拡張セキュリティがオンになっていることを確認します
  7. コマンドラインを実行してfdfファイルを開きます

期待される結果:

  • pDFはAdobeReaderで開かれ、フォームフィールドにデータが入力されます

実績:

  • pDFは空白のフィールドで開かれます
  • 信頼できる場所にドキュメントを追加するように求める「黄色のバー」が表示されます

Adobe ReaderXIがレジストリ内の特権ロケーションエントリを無視しているようです。 「黄色のバー」を使用してドキュメントを追加すると、同じフォルダを持つ個々のドキュメントが特権のある場所に追加されますが、フォルダから開く必要のあるすべてのドキュメントに対してこのプロセスを繰り返す必要があることを意味します。

Adobe ReaderXIの回避策

UNCスタイルのアドレスを使用してHKEY_CURRENT_USER\Software\Adob​​e\Acrobat Reader\11.0\TrustManager\cTrustedFoldersの下の値に手動で追加すると、Readerはフォームデータに正しく入力できます。

  1. RegEditを実行します
  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Adob​​e\Acrobat Reader\11.0\TrustManager\cTrustedFoldersに移動します
  3. サブアイテム(cAlwaysTrustedForJavaScript、cCrossDomainなど)ごとに
  4. T [N]という名前の新しい文字列値を追加します(ここで、Nは既存の最大数よりも大きい数です)
  5. 値データを、ドキュメントが配置されるフォルダーのUNCスタイルパス(// [SERVERNAME/[FOLDERNAME])に設定します
2
user172353