webdevqa.jp.net

MicrosoftがWindows 7、8、および8.1からテレメトリデータを収集するのを防ぐ方法

今年中にWindows 7、8、および8.1にプッシュされた更新パッチの中には、ユーザーのシステムからデータを収集することのみを目的としているように思われるものもあります。

いくつかの設定でテレメトリを無効にする方法はありますか?

それとも、どの更新パッチがデータ収集に関係しているのかを掘り下げて削除する必要がありますか。

190
x457812

いくつかの設定でテレメトリを無効にする方法はありますか?

  • 一部のテレメトリは設定によって無効にすることができます。

    これは手動で行うことができます。

    Windows 10のこれらの設定を修正する Windows 10 Privacy FixerO&O ShutUp10 などのサードパーティ製ユーティリティもあります。

どの更新パッチがデータ収集に関係しているかを調べ、それらを削除する必要がありますか?

  • 一部のテレメトリ無効化は、パッチの削除を必要とします(またはインストールしません)。

設定を使用して手動でテレメトリを無効にする(Windows 7、8、および8.1)

Windowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)を無効にする

注意:

CEIPおよびこのプログラムを制御する関連タスクスケジューラタスクを無効にすると、Windowsシステムのパフォーマンスが向上する可能性があります。

  1. [コントロールパネル]> [アクションセンター]> [アクションセンター設定の変更]を起動します。

    Enter image description here

  2. [カスタマーエクスペリエンス向上プログラムの設定]をクリックします。

    Enter image description here

  3. [いいえ、プログラムに参加しません]を選択し、[変更を保存]をクリックします。

    Enter image description here

  4. 「スタート」>「コントロールパネル」>「管理ツール」>「タスクスケジューラ」.

  5. [タスクスケジューラ]ダイアログボックスの[タスクスケジューラ(ローカル)]ペインで、[タスクスケジューラライブラリ]、[Microsoft]、[Windows]の順に展開し、[アプリケーションエクスペリエンス]フォルダを開きます。

  6. 「AITAgent」および「ProgramDataUpdater」タスクを無効にします。

  7. [タスクスケジューラライブラリ]> [Microsoft]> [Windows]で、[カスタマエクスペリエンス向上プログラム]フォルダを開きます。

  8. "Consolidator"、 "KernelCeipTask"、および "UsbCeip"タスクを無効にします。

    Enter image description here

出典 プライバシーWindows 10、Windows 7、Linux MINT - それらはどのように比較しますか?


パッチの削除によるテレメトリの無効化(Windows 7、8、および8.1)

Anixx が指摘したように、設定で無効にできないテレメトリサービスがいくつかあります。

  • テレメトリ-4倍、
  • refreshgwxconfig-B、
  • WSRefreshBannedAppsListTask、
  • タイム5d、
  • refreshgwxconfigandcontent、
  • ログオン - 5日、
  • MachineUnlock-5d、
  • OutOfIdle-5d、
  • OutOfSleep-5d、
  • セキュアブートアップデート
  • Tpmメンテナンス.

また、プログラムがクラッシュすると、システムはクラッシュデータをサーバーに報告します(ただし、スケジュールされたタスクとは関係ありません)。


Windowsのテレメトリ/トラッキング/ Windows 10へのアップグレードを停止します

以下は、Windows 7および8.1で不要なテレメトリ/トラッキングを無効にし、Windows 10へのアップグレードに関連するすべての更新を削除するための手順です。


  1. これは削除するWindowsアップデートのリストです。

    • それらをアンインストールして再起動する前に、アップデートが自動的にインストールされないようにWindows Updateが設定されていることを確認してください。
KB3065988 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: July 2015 more info
KB3083325 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: September 2015 more info
KB3083324 Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: September 2015 more info
KB2976978 Compatibility update for Windows 8.1 and Windows 8 more info
KB3075853 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: August 2015 more info
KB3065987 Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: July 2015 more info
KB3050265 Windows Update Client for Windows 7: June 2015 more info
KB3050267 Windows Update Client for Windows 8.1: June 2015 more info
KB3075851 Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: August 2015 more info
KB2902907 MS Security Essentials/Windows Defender related update [no description/information available]
KB3068708 Update for customer experience and diagnostic telemetry more info
KB3022345 Update for customer experience and diagnostic telemetry more info
KB2952664 Compatibility update for upgrading Windows 7 more info
KB2990214 Update that enables you to upgrade from Windows 7 to a later version of Windows more info
KB3035583 Update installs Get Windows 10 app in Windows 8.1 and Windows 7 SP1 more info
KB971033 Description of the update for Windows Activation Technologies more info
KB3021917 Update to Windows 7 SP1 for performance improvements more info
KB3044374 Update that enables you to upgrade from Windows 8.1 to a later version of Windows more info
KB3046480 Update helps to determine whether to migrate the .NET Framework 1.1 when you upgrade Windows 8.1 or Windows 7 more info
KB3075249 Update that adds telemetry points to consent.exe in Windows 8.1 and Windows 7 more info
KB3080149 Update for customer experience and diagnostic telemetry more info
KB3083324 Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: September 2015 more info
KB3083325 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: September 2015 more info
KB3083710 Windows Update Client for Windows 7 and Windows Server 2008 R2: October 2015 more info
KB3083711 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: October 2015 more info
KB3112336 Windows Update Client for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2: December 2015 more info
KB3123862 Updated capabilities to upgrade Windows 8.1 and Windows 7

次のコマンドを使用して、昇格したコマンドプロンプトで手動でアンインストールすることができます。

wusa /uninstall /kb:3065988 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3083325 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3083324 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:2976978 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3075853 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3065987 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3050265 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3050267 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3075851 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:2902907 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3068708 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3022345 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:2952664 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:2990214 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3035583 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:971033 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3021917 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3044374 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3046480 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3075249 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3080149 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:2977759 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3083710 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3083711 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3112336 /quiet /norestart
wusa /uninstall /kb:3123862 /quiet /norestart

後で再起動するのを忘れないでください。再起動する前に次の手順を完了することができます。


  1. 次のサービスは削除する必要があります。

    • 昇格したコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。
sc stop DiagTrack
sc stop dmwappushservice
sc delete DiagTrack
sc delete dmwappushservice
echo "" > C:\ProgramData\Microsoft\Diagnosis\ETLLogs\AutoLogger\AutoLogger-Diagtrack-Listener.etl

  1. タスクスケジューラを開きます(Winキーを押して「sched」と入力します)。 [タスクスケジューラライブラリ] - > [Microsoft] - > [Windows]の下で、次の項目を削除します。

    • 「アプリケーションエクスペリエンス」のすべて
    • "Autochk"の下のすべて
    • 「カスタマーエクスペリエンス向上プログラム」のすべて
    • 「ディスク診断」の下にある「Microsoft-Windows-DiskDiagnosticDataCollector」のみを削除します。
    • [メンテナンス]、[WinSAT]、[Media Center]の順にクリックし、[ステータス]列をクリックして、無効になっていないエントリをすべて選択して無効にします。

    • 今すぐ再起動できます。もう一度Windows Updateを開くと、上記のどちらの更新プログラムが削除されてもインストールを要求されます。それぞれを右クリックして[非表示]を選択します。


  1. 最後に、ブロードバンドルーターにログインし、「コンテンツフィルタリング」や「サイトをブロックする」などのオプションを探します。

    • ブロックする以下のホストを追加します。 Netgearルーターでは、各ホストは追加する必要があるキーワードです。

Matthew Steeples が指摘したように、a-0001.a-msedge.netCDN エンドポイントであり、テレメトリ以外のシナリオでの使用があります。

134.170.30.202
137.116.81.24
204.79.197.200
23.218.212.69
65.39.117.230
65.55.108.23
a-0001.a-msedge.net
choice.Microsoft.com
choice.Microsoft.com.nsatc.net
compatexchange.cloudapp.net
corp.sts.Microsoft.com
corpext.msitadfs.glbdns2.Microsoft.com
cs1.wpc.v0cdn.net
df.telemetry.Microsoft.com
diagnostics.support.Microsoft.com
fe2.update.Microsoft.com.akadns.net
feedback.Microsoft-hohm.com
feedback.search.Microsoft.com
feedback.windows.com
i1.services.social.Microsoft.com
i1.services.social.Microsoft.com.nsatc.net
oca.telemetry.Microsoft.com
oca.telemetry.Microsoft.com.nsatc.net
pre.footprintpredict.com
redir.metaservices.Microsoft.com
reports.wes.df.telemetry.Microsoft.com
services.wes.df.telemetry.Microsoft.com
settings-sandbox.data.Microsoft.com
sls.update.Microsoft.com.akadns.net
sqm.df.telemetry.Microsoft.com
sqm.telemetry.Microsoft.com
sqm.telemetry.Microsoft.com.nsatc.net
statsfe1.ws.Microsoft.com
statsfe2.update.Microsoft.com.akadns.net
statsfe2.ws.Microsoft.com
survey.watson.Microsoft.com
telecommand.telemetry.Microsoft.com
telecommand.telemetry.Microsoft.com.nsatc.net
telemetry.appex.bing.net
telemetry.appex.bing.net:443
telemetry.Microsoft.com
telemetry.urs.Microsoft.com
vortex.data.Microsoft.com
vortex-sandbox.data.Microsoft.com
vortex-win.data.Microsoft.com
watson.live.com
watson.Microsoft.com
watson.ppe.telemetry.Microsoft.com
watson.telemetry.Microsoft.com
watson.telemetry.Microsoft.com.nsatc.net
wes.df.telemetry.Microsoft.com

ソース Windowsテレメトリの停止/トラッキング/ Win10へのアップグレード


サードパーティ製ユーティリティを使用したテレメトリの無効化(Windows 10)

Windows 10のプライバシーフィクサー

Windows 10 Privacy Fixer は、Telemetryに関連するものも含め、いくつかの設定を修正するオプションを含むプライバシーチェックを提供します。

enter image description here

ソース Windows 10のプライバシーフィクサー

O&O ShutUp10

O&O ShutUp10 は小さなポータブルツールで、Windows 10の多くのプライバシー設定を簡単に調整できます。

プログラムを起動すると、さまざまなカテゴリに分類された約50のオプションが表示されます。セキュリティ(テレメトリ、WiFiセンス、DRM)、プライバシー(Cortana、入力パーソナライゼーション、アプリのアクセス許可)、Windows Update(ピアツーピア更新の無効化、自動更新の無効化)もっと。これらは必ずしも明確に説明されているわけではありませんが、項目をクリックするとその機能の詳細が表示されます。

最悪の犯罪者のみを無効にする(テレメトリ、ピアツーピア更新を無効にする、Windows UpdateとSmartScreenを保持する)、すべて無効にする、または個々の設定を微調整するオプションがあります。

ShutUp10では、変更を加える前にシステムの復元ポイントを作成することを提案しています。あなたの調整が重要なものを壊し、「元に戻す」必要がある場合に便利です。

Windows 10のデフォルトのプライバシー設定を復元するための別のオプションもあります。これは一般的にめちゃくちゃになってしまい、もう一度やり直したい場合にも便利です。

出典 O&O ShutUp10

enter image description here

画像ソース Windows 10が見守っています:心配する必要がありますか?


免責事項

私は 10 Privacy Fixer または O&O ShutUp10 と提携していません。

162
DavidPostill

Rob Sederは、彼の ブログ記事 でWindowsのテレメトリを調べました。以下の説明(ここで少しフォーマットし直された)は、 "Olli"という名前のコメントとして追加されましたブログ記事:

テレメトリは次のように無効にできます。

管理者としてコマンドプロンプトを開き(スタートボタンを右クリックするか、Win + Xショートカットを押す)、次の4つのコマンドを入力します(各コマンドの間にEnterキーを押します)。

sc削除DiagTrack

sc削除dmwappushservice

echo ""> C:¥ProgramData¥Microsoft¥Diagnosis¥ETLLogs¥AutoLogger¥AutoLogger-Diagtrack-Listener.etl

reg "HKLM \ソフトウェア\ポリシー\ Microsoft\Windows\DataCollection"を追加します。/ v AllowTelemetry/t REG_DWORD/d 0/f

免責事項:

  • 私はこれらの指示を検証していません。この問題を検討している人にとっては興味深いかもしれないので、ここに投稿するだけです。
9
user100487