webdevqa.jp.net

PDFファイルを開くと、Adobe Reader 11.0.07が約8秒間フリーズします

システム(Windows 7 x64)で.pdfファイルを開いてAdobe Readerを開くたびに、インターネット接続が利用できない(接続がまったくない、またはプロキシがないなどのインターネット設定が間違っている)場合、 Adobe Readerは約1秒間動作し、その後8秒以上フリーズします。その後は正常に動作します。

インターネットを有効にすると、代わりに1秒未満フリーズします。 (もちろん)インターネットが無効になっているときはCPUアクティビティもネットワークアクティビティもありません。また、フリーズ中のメモリの負荷は80 MBで、最終的には100 MBから始まります。

私にとっては、アプリケーション全体の実行を調整するのは、ネットワークプロセスの明確なシグネチャです。アドビはインターネット上で何かを探しており、タイムアウトを待つことによって、終了するまで、またはリソースが利用できないことを確認するまで、ユーザーからのアクション、スクロールさえも許可しません。そして、私もそのタイムアウトを待っています。 Adobe Readerを完全に閉じた後、開くたびに。

利用できないネットワークの場所にある最近使用されたファイルについて何かを見ました。環境設定/ドキュメントメニューで最近使用したファイルリストを1に減らしてみましたが、これは最近使用したファイルの完全なリストには影響せず、「ファイル」メニューに表示されるものだけに影響します。

他の答え(起動時にプロテクトモードを無効にする、起動時に署名の自動認証を無効にする、アドビからの自動ネットワークアクションを必要とするすべてを無効にする)は私にはうまくいきませんでした。この煩わしい中断なしに仕事をするために私ができる唯一のことは、インターネットを常にオンにすることですが、それは時には不可能です。

誰かがその問題について本当の説明を持っているなら、私は非常にありがたいです。 Adobe Readerがネット上で探しているものは、探しているものが見つかるまで起動時にまったく機能を停止しなければならないほど非常に必要なものですか?

ご協力ありがとうございました!

6
MrBrody

上で示唆したように、私は自分の「編集」を答えに変換します。

私にとってうまくいったのは、Adobe Readerがインターネットに接続できるようにすることでした(トリッキーなことは、職場と自宅でプロキシとプロキシなしの間を行ったり来たりすることでした。通常、私は怠惰なので、Firefoxでのみプロキシを設定しました。ただし、AdobeがReaderに使用している(Windows 7)システムではありません)。それをした後、翌日、もう問題はありませんでした。

一度Adobe Readerを起動すると、フリーズが表示されますが、ネット上で探しているものを取得するのに約0.3秒間しかかかりません。このWebルーチンが正確に何をしているのか、インターネット接続がないときにタイムアウトをカウントダウンしているときにReaderが完全にフリーズする必要があるのは、まだまったくわかりません。 chokingyouの提案は正しいようですが、問題が発生しなくなったため、構成でテストして検証することはできませんでした。

これが、私が自分の答えを選択した答えとしてマークし、問題の本当の(そしてありそうな)最終的な原因を知りたい人のためにchokingyouの答えを支持した理由です。

1
MrBrody

上記とまったく同じ症状がありました(インターネットが無効になっている場合は8秒、インターネットを使用している場合は1〜2秒)。ここで説明するほとんどの方法([設定]でセキュリティモードを無効にし、regeditを使用して、Readerを再インストールし、再起動する)を試した後、プラグイン(.api)を1つずつ無効にして、問題がそれらの1つに関連しているかどうかを確認しました。 、そして少なくとも私の場合はそうでした!

結局、Weblinkプラグインを無効にすると(以下のハウツーを参照)、すべてが正常になることがわかりました。 (ただし、残念ながら、PDFドキュメントからWebリンクをたどる超能力が失われます。ただし、ほとんどの場合、URLをコピーして、手動でブラウザーに貼り付けることができます)

プラグインを無効にするには、次のことを行う必要があります。

  1. acroRd32.exeの実行中のインスタンスをすべてシャットダウンします
  2. 「C:\ Program Files(x86)\ Adob​​e\Reader 11.0\Reader\plug_ins \」フォルダに移動します
  3. 「weblink.api」ファイルを切り取り、そのフォルダーの外のどこかに貼り付けます(たとえば、「(...)\ Reader\plug_ins_BAK \」などの新しいフォルダー)。または、ファイル名を変更して拡張子を変更し、「 weblink.api.bak」。

次に、AdobeReaderを実行してみます。

4
chokingyou

WindowsでAdobe Readerを実行するXP SP3互換モード。

それを行うには:

  • プログラムへのショートカットを右クリックします
  • クリックプロパティ
  • クリック互換性
  • 互換モードで、Windows XP(Service Pack 3)を選択します。

これをAdobeReader11.0.09でテストしました。

0
LateralFractal

セキュリティ機能を無効にすることは解決策とは見なされないと思います。だから私もここに置きます。 Reader X以降、Acrobat Reader DCを使用するようになるまで、プログラムはさまざまな理由でインターネットへの接続、デジタル署名の検証、開いているドキュメントのバージョンの確認、ドキュメントの内容に対するセキュリティチェックの実行などを試みます。

問題は、多くの場合、接続をフィルターで除外するローカルアプリケーションまたは集中ファイアウォールのいずれかが存在することです。このサイレントドロップは、接続がタイムアウトするまで、クライアント側でX秒間フリーズしたAdobeReaderで変換されます。

私は最初に、この問題がイタリアのAGCOMから文書を開くことに気づきました。これは、通信のイタリア令状機関です。彼らのドキュメントは http://ip.add.re.ss:808 (コメントなし!!)に接続しようとしました

数秒後に「リモートサーバーがタイムアウトしたため、ドキュメントのバージョンを確認できません」というエラーメッセージが表示されました。この間、Adobe Reader DC=がフリーズしました(クリックすると応答しません)。

ファイアウォールルールセットに変更を加えました。

iptables -P FORWARD REJECT # it was drop before

これはもちろん、ネットワークにLinuxベースの集中ファイアウォールがあり、すべての転送ルールを正しく設定している場合に当てはまります。ローカルアプリケーションファイアウォールがAdobeReaderの接続をブロックしている場合は、その例外を作成してみてください。

このように、Adobe Readerは、同じドキュメントを開くときにわずかな(<1秒)遅延がありますが、tcp接続がタイムアウトするまで数秒間ハングしません(DROPはクライアントに応答せず、REJECTはすぐにTCPを送信します-接続が機能しないことをアプリケーションに確認するRST)。

ちなみに、これはオフラインでのプログラムの動作を修正するものではありません。これはAdobeReaderのバグと見なすことができると本当に感じています。彼らが何年もの間、そして今では多くのバージョンで修正しなかったことに驚いています。

0
Marco
  • Acrobat XIを実行した状態で、Windowsのタスクマネージャを開きます(Ctl-Alt-Delで実行できます)。
  • 「プロセス」タブを開きます。
  • 「AdobeCollabSync.exe」を探します。
  • 実行中のコピーは1つだけです。複数ある場合は、それらを終了します。
  • タスクマネージャを閉じて、Acrobatが正常に実行されるかどうかを確認します。
0
Walter Maus

ここで100%ソリューション

  1. メニュー> 編集> セキュリティ(拡張)に移動します
  2. Uncheck "起動時に保護モードを有効にする"そして[〜#〜] ok [〜#〜]を押します
  3. 再起動Adobe Reader

すべてのセット、行こう...

0
Nazmul Hasan

私はAcrobat Reader DC、2019アップデートを使用していますが、同じ問題がありますが、起動時に保護モードを無効にすることで問題を解決しました。

[編集]> [設定]> [セキュリティ(拡張)]に移動します

「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを外します。次に、警告を確認してから、Acrobatリーダーを再起動します。

0
MDR

私は同じ問題を抱えていて、次の1つまたはすべてが役に立ちました:

  1. 最近開いたドキュメントのリストを1に減らします(ネットワークドライブがいくつかあり、それらが利用できない場合、ファイルチェックを実行しようとするとAdobe Readerがハングします)これを行うには、次のオプションを1に設定します:_Edit->Preferences->Documents_および「最近使用したリストのドキュメント」オプションがあります
  2. 製品メッセージングを無効にします。これを行うには、_Edit->Preferences->GeneralEdit->Preferences->Security (Extended)の下の[起動時に保護モードを有効にする]オプションを無効にします。
0
Lonzak