webdevqa.jp.net

Windowsのパスワードを忘れた場合はどうすればいいですか。

私は新しいWindows 7マシンを手に入れ、オペレーティングシステムをインストールし、1つのアカウントを作成し、そしてそのパスワードを忘れました。私に何ができる?

外付けCDはありません。オペレーティングシステムは、マシンの内部のどこかからロードされます。

私はすでにパスワードを覚えていて、caps lock、num lockなどのすべての可能な組み合わせですべての候補者を試してみました。

167
flybywire
  1. UbuntuライブCD をお持ちの場合は、chntpwアプリケーションを使用してリセットできます。
  2. パスワードをリセットするには、 BartのPE + Password Renew を使用します。
  3. パスワードをリセットするには、 オフラインNTパスワードエディタ を使用できます。

3つのうちのどれかを使用することに関する詳細な指示はここで利用可能です ここで

145
Sathyajith Bhat

Microsoft ERD 6.5または7.0の起動ディスク が見つかった場合は、Windows 7のパスワードをリセットできます。動作するには、32ビット版または64ビット版のWindows 7と一致する必要があります。

ERD(システム修復ディスク)起動ディスクは、MDOP(Microsoft Desktop Optimization Pack)の一部であるDart(診断および回復ツールセット)の一部です。これらは一般に公開されていませんが、見つけることができます。

ERDには現在5つのバージョンがあります。

  • XP用5.0
  • Vista用6.0
  • Windows 7の場合は6.5または7.0
  • Windows 8、8.1の場合は8.0
  • Windows 10の場合10.0

MSDaRT

あります Windows 7のための代替方法 ;必要なのは、Windows 7インストールディスク、システム修復ディスク、またはハードドライブ上のWinREパーティションのいずれかです。

つかいます F8 またはディスクから起動します。 REがロードされたら、「コンピュータの修復」を選択してからコマンドプロンプトをロードし、これら2つのコマンドを実行します。 2番目のコマンドでは、上書きを促すメッセージが表示されます。イエスと言う"。

copy c:\windows\system32\sethc.exe c:\

copy c:\windows\system32\cmd.exe c:\windows\system32\sethc.exe

PCを再起動してください。ログイン画面が表示されたら、 Shift 5回キーコマンドウィンドウが開きます。次のように入力してください。

ネットユーザー (アカウントの名前を入力します)(パスワードを入力します)

そしてヒット Enter キーを押し、上書きを求められたら、「はい」と入力して Enter もう一度キーを押してコマンドウィンドウを閉じ、先ほど作成した新しいパスワードでログオンします。

その後、元のスティッキーキーファイルを元の場所に戻したい場合があるので、先に使用した修復CDまたはUSBを使用してPCを起動し、[プロンプト]ウィンドウで次のように入力します。

copy c:\sethc.exe c:\windows\system32\sethc.exe

押す Enter上書きするように求められたら、「はい」と入力して Enter もう一度キーを押してウィンドウを閉じ、PCを再起動します。

あるいは、サードパーティ製のパスワードクラッカーをお望みの場合、 これは良いものです "2003、2008、2012などのサーバーバージョンを含む、NT3.5からWindows 8.1までのテスト済み。64ビットウィンドウもサポートされています。 「

53
Moab

あなたが十分に簡単な英数字のパスワードを持っているという条件で、 Ophcrack LiveCD を実行してパスワードを試してみてください。

27
brandon927

オフラインNTパスワードエディタ

それはそれをそれを回復するのではなくあなたのWindowsパスワードを消去するという点でOffine NT Password&Registry Editorは基本的にPC Login Nowと同じように働きます。パスワードを入力せずにアカウントにログインするだけです。

ソース

24
joe

ここから からunetbootinのコピーを入手してください 。 NTpasswdをフラッシュドライブにインストールします。フラッシュドライブからNTpasswdを実行すると、コンピュータのパスワードを空白にリセットできます。使い方もかなり簡単です。

13
Kravlin

このブートディスクを使用して、Windows OSを搭載したPCを起動し、LOCALユーザーアカウントのパスワード、ENABLEまたはDISABLE LOCALユーザーアカウントなどをブランクにします。

LOCAL Windowsユーザーアカウントのパスワードを忘れた場合、Windows OSで工場出荷時のイメージ変更/リセットを行い、パスワードがわからない場合に使用できますこのような性質のものなので、ログインするためだけにパスワードなしでアカウントにWindowsにログインし、Windowsコントロールパネルなどからパスワードを後で知っているものに設定できます。


簡単な手順

  1. ブートディスクイメージファイルをダウンロードする

  2. ブートディスクイメージファイルをメディア(例:USBまたはCD)に書き込み、ハードドライブまたはWindowsではなく、そこからPCを起動します。

  3. 新しく作成したブートディスクメディアをPCに挿入し、Windowsがインストールされている内部ハードドライブではなく、そこからブートするようにPCに指示します。

  4. INSTRUCTIONS ONCE BOOTED TOというラベルの付いたセクションの指示に従って、既存のローカルWindowsアカウントを有効にしたり、アカウントのパスワードを空白にするなど、選択するオプションなどを選択します。


一般情報

リソース:http://pogostick.net/~pnh/ntpasswd/bootdisk.html

オフラインWindowsパスワードおよびレジストリエディタ、ブートディスク/ CD

ほとんどのシステムでパスワードをリセットするために必要なものを含むCDまたはUSBドライブイメージを作成しました。

ブートディスクは、より一般的なディスクコントローラーのほとんどをサポートし、それらのほとんどを自動ロードする必要があります。 PS/2とUSBキーボードの両方がサポートされています。

2003年、2008年、2012年などのサーバーバージョンを含む、NT3.5からWindows 8.1までのテストは多かれ少なかれ行われました。64ビットウィンドウもサポートされています。

危険はロビンソンになります!

EFS暗号化ファイルを持つユーザーのパスワードがリセットされ、システムがXP以降の場合、そのユーザーのすべての暗号化されたファイルは読めなくなります!古いパスワードをもう一度覚えていない限り、回復できません暗号化されたファイルがあるかどうかわからない場合は、ほとんど持っていません。 (ただし、企業システム上を除く)

質問をメールで送信する前に、 よくある質問 と以下のバージョン履歴をご覧ください。ありがとう!


ブートディスクをダウンロード

リソース:http://pogostick.net/~pnh/ntpasswd/bootdisk.html

ダウンロード

注:一部のリンクはオフサイトの可能性があります。

CDリリース、使用方法については以下を参照

  • cd140201.Zip (〜18MB)-ブータブルCDイメージ。

  • sb140201.Zip (〜18MB)-USBインストール用のファイル

以前のリリース:

  • cd110511.Zip (〜4MB)-ブータブルCDイメージ。

  • sb110511.Zip (〜4MB)-USBインストール用のファイル

USB Zip内のファイルは、CDとまったく同じです。 USBディスクを起動可能にする方法については、以下を参照してください。

フロッピーリリース(もう更新されていません)、それらの使用方法については以下を参照してください

以前のバージョンが時々ここにあるかもしれません(私のサイトも)

注:0704xxより前のバージョンはVista/win7/8のディスクを破損します!

ブートディスクには暗号化コードが含まれており、あなたの国から再輸出するのは違法である可能性があることに注意してください。


使い方

Resource:http:/ /pogostick.net/~pnh/ntpasswd/bootdisk.html

使い方?

質問をメールで送信する前に、ウォールスルー(現在は少し古くなっています、申し訳ありません)とFAQをお読みください

CDまたはUSBがある場合は、すべてのドライバーが含まれています。

概要

  1. CDまたはUSBドライブから起動するマシンを取得します。
  2. ドライバーのロード(通常は自動ですが、手動選択を実行できます)
  3. ディスク選択、Windowsシステムが含まれているディスクを確認します。オプションで、ドライバーをロードする必要があります。
  4. PATH select、システムはディスク上のどこにありますか? (現在は通常自動)
  5. ファイル選択。何をしたいかに基づいて、レジストリのどの部分をロードするか。
  6. パスワードのリセットまたはその他のレジストリの編集。
  7. ディスクに書き戻します(求められます)

パニックしないでください!! -ほとんどの質問は、通常、[括弧]に示されているデフォルトの回答で回答できます。 Enter/Returnを押してデフォルトの回答を受け入れます。

ウォークスルーと手順は独自のページにあります!しかし、かなり古い..新しいものを作りたいと思っています。

何がうまくいかないのでしょうか?

まあ。実はたくさんのこと。しかし、問題のほとんどは、何かを「見つけることができない」タイプのものです。そして、何も起こりません。

また、一般的な問題については FAQ を参照してください。


起動後の指示

これらの指示を印刷し、その印刷されたコピーからフォローするのが最善かもしれません。おそらく、私の投稿後ここで何かを更新する場合に備えて、ウェブサイトのリソースURLのバージョンから印刷してください.

これは、ブートディスクが起動を開始して内部ハードドライブを見つけてポイントし、現在のWindows OSオブジェクトを選択してそのWindows上のLOCALユーザーアカウントを空白にするオプションを説明する詳細ですハードドライブ上のOS。

この部分は最初は複雑または複雑に見えるかもしれませんが、ブートディスクを起動し、プロンプトが表示されるまで、または何をするかを指示するまで待機します。これらの指示に目を通し、指示に従って適切なオプションを選択してください。意味があるはずなので、理解するまで読み直してください。


典型的にはそうするでしょう。 。 .

a。ブートディスクが検査するハードドライブ上のWindowsディスクパーティションを選択する

b。見つかったユーザー名のリストから、変更するアカウントの名前(管理者、jsmithなど)を入力します

c。次のリストから、アカウントが無効になっている、有効期限が切れているなどが表示されるので、Windowsに戻ったときに後でサインオンできるように、特にリセットするために変更する必要があるものがわかります

d。次の画面で、アカウントのロックを解除するか、アカウントのパスワードを空白にするか、アカウントをローカル管理者として設定します(オプション1、3、および4)。

  • 私。ステップ「d」を実行する必要がある場合があります。アクションごとに1回、複数のアクションを完了する必要がある場合は、次のアクションのためにアカウントのユーザー名を再度選択します(たとえば、空のパスワード、アカウントのロック解除など)

  • ii。ここではパスワードの設定を避け、管理者として空白のパスワードを使用してWindowsにサインインしたら、Windowsコントロールパネルで設定します。

e。 「Y」を選択して変更を保存し、PCが再起動したら、Windowsを再起動し、空のパスワードでブートディスクで変更したアカウントにサインオンしてください。


機能しない場合は、ブートディスクから起動して再度実行します。オプションを選択しなかったため、期待どおりに動作しなかった可能性があります。とにかくこのハードドライブを工場で拭いているので、何かを失ったり破損したりする危険はあまりないはずです。そうすれば、再度イメージを作成したり、工場でリセットしたりできます。

Resource:http:/ /pogostick.net/~pnh/ntpasswd/walkthrough.html

Offline NT Password & Registry Editor, Walkthrough

2014, NOTE: This is now a bit old, some are the same, some look a bit different..

The following is a walkthrough of using the CD to reset one user (admin) on a test Vista computer.

Insert the CD and convince your BIOS that it should boot from it. How to boot from a CD varies from computer make to computer make, so I cannot help you much. Some BIOS shows a boot device select menu if you press ESC, F8, F11 or F12 or something like that during the self test. (some even tell you on the screen what to press)

If it boots, you should see this:

  ISOLINUX 3.51 2007-06-10  Copyright (C) 1994-2007 H. Peter Anvin



***************************************************************************   *                                                                         *   *  Windows NT/2k/XP/Vista Change Password / Registry Editor / Boot CD     *   *                                                          
*   *  (c) 1998-2007 Petter Nordahl-Hagen. Distributed under GNU GPL v2       *   *                                                        
*   * DISCLAIMER: THIS SOFTWARE COMES WITH ABSOLUTELY NO WARRANTIES!          *   *             THE AUTHOR CAN NOT BE HELD RESPONSIBLE FOR ANY DAMAGE       *   *             CAUSED BY THE (MIS)USE OF THIS SOFTWARE
*   *                                                                         *   * More info at: http://pogostick.net/~pnh/ntpasswd/                       *   * Email       : [email protected]                                         *   *                                                                         *   * CD build date: Sun Sep 23 14:15:35 CEST 2007                            *   ***************************************************************************

  Press enter to boot, or give linux kernel boot options first if needed.   Some that I have to use once in a while:   boot nousb       
- to turn off USB if not used and it causes problems   boot irqpoll        - if some drivers hang with irq problem messages   boot nodrivers      - skip automatic disk driver loading

  boot: Usually just press enter here. If you have linux knowledge, you can Tweak kernel options if you need/like.

Then it boots and outputs a lot of kernel messages about your hardware and such.. most if not all are nothing to worry about.


  Loading vmlinuz..................   Loading scsi.cgz.........................

  Loading initrd.cgz..........   Ready.   Linux version 2.6.22.6 ([email protected]) (gcc version 4.1.1 20060724 (prerelease) (4.1.1-3mdk))
#2 Sun Sep 9 16:59:48 CEST 2007   BIOS-provided physical RAM map:    BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f800 (usable)    BIOS-e820: 000000000009f800 - 00000000000a0000 (reserved)    BIOS-e820: 00000000000ca000 - 00000000000cc000 (reserved)    BIOS-e820: 00000000000dc000 - 0000000000100000 (reserved)    BIOS-e820: 0000000000100000 - 00000000316f0000 (usable)    BIOS-e820: 00000000316f0000 - 00000000316ff000 (ACPI data)    BIOS-e820: 00000000316ff000 - 0000000031700000 (ACPI NVS)    BIOS-e820: 0000000031700000 - 0000000031800000 (usable)    BIOS-e820: 00000000fec00000 - 00000000fec10000 (reserved)    BIOS-e820: 00000000fee00000 - 00000000fee01000 (reserved)    BIOS-e820: 00000000fffe0000 - 0000000100000000 (reserved)   792MB LOWMEM available.   Zone PFN ranges:
    DMA             0 ->     4096
    Normal       4096 ->   202752   early_node_map[1] active PFN ranges

 ...

  Serial: 8250/16550 driver $Revision: 1.90 $ 4 ports, IRQ sharing enabled   serial8250: ttyS0 at I/O 0x3f8 (irq = 4) is a 16550A   Floppy drive(s): fd0 is 1.44M   FDC 0 is a post-1991 82077   RAMDISK driver initialized: 16 RAM disks of 32000K size 1024 blocksize   USB Universal Host Controller Interface driver v3.0   Initializing USB Mass Storage driver...   usbcore: registered new interface driver usb-storage   USB Mass Storage support registered.   serio: i8042 KBD port at 0x60,0x64 irq 1   serio: i8042 AUX port at 0x60,0x64 irq 12   usbcore: registered new interface driver usbhid   drivers/hid/usbhid/hid-core.c: v2.6:USB HID core driver   Using IPI Shortcut mode   BIOS EDD facility v0.16 2004-Jun-25, 1 devices found   Freeing unused kernel memory: 144k freed   Booting ntpasswd   Mounting: proc sys   Ramdisk setup complete, stage separation..   In stage 2   Spawning shells on console 2 - 6   Initialization complete!

  ** Preparing driver modules to dir /lib/modules/2.6.22.6   input: AT Translated Set 2 keyboard as /class/input/input0

Most of the generic linux boot now done, and we try to load the disk drivers. If you use the floppy version you will be asked to swap floppies at this point. Drivers are then tried based on PCI hardware indentification.

  ** Will now try to auto-load relevant drivers based on PCI information

  ---- AUTO DISK DRIVER select ----   --- PROBE FOUND THE FOLLOWING DRIVERS:   ata_piix   ata_generic   mptspi   --- TRYING TO LOAD THE DRIVERS   ### Loading ata_piix   scsi0 : ata_piix   scsi1 : ata_piix   ata1: PATA max UDMA/33 cmd 0x000101f0 ctl 0x000103f6 bmdma 0x00011050 irq 14   ata2: PATA max UDMA/33 cmd 0x00010170 ctl 0x00010376 bmdma 0x00011058 irq 15   ata2.00: ATAPI: VMware Virtual IDE CDROM Drive, 00000001, max UDMA/33   ata2.00: configured for UDMA/33   scsi 1:0:0:0: CD-ROM            NECVMWar VMware IDE CDR10 1.00 PQ: 0 ANSI: 5   sr0: scsi3-mmc drive: 1x/1x xa/form2 cdda tray   Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20

  ### Loading ata_generic

  ### Loading mptspi   Fusion MPT base driver 3.04.04   Copyright (c) 1999-2007 LSI Logic Corporation   Fusion MPT SPI Host driver 3.04.04   PCI: Found IRQ 9 for device 0000:00:10.0   mptbase: Initiating ioc0 bringup   ioc0: 53C1030: Capabilities={Initiator}   scsi2 : ioc0: LSI53C1030, FwRev=01032920h, Ports=1, MaxQ=128, IRQ=9   scsi 2:0:0:0: Direct-Access     VMware,  VMware Virtual S 1.0  PQ: 0 ANSI: 2    target2:0:0: Beginning Domain Validation    target2:0:0: Domain Validation skipping write tests    target2:0:0: Ending Domain Validation    target2:0:0: FAST-40 WIDE SCSI 80.0 MB/s ST (25 ns, offset 127)   sd 2:0:0:0: [sda] 83886080 512-byte hardware sectors (42950 MB)   sd 2:0:0:0: [sda] Write Protect is off   sd 2:0:0:0: [sda] Cache data unavailable   sd 2:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through   sd 2:0:0:0: [sda] 83886080 512-byte hardware sectors (42950 MB)   sd 2:0:0:0: [sda] Write Protect is off   sd 2:0:0:0: [sda] Cache data unavailable   sd 2:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through    sda: sda1   sd 2:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk

Most of these messages are from the drivers themselves. Some talk a lot, some doesn't. But all give info on the brand and model and size of the disks found, if any.


  -------------------------------------------------------------   Driver load done, if none loaded, you may try manual instead.  
-------------------------------------------------------------


  ** If no disk show up, you may have to try again (d option) or manual (m).

You can later load more drivers..



*************************************************************************   * Windows Registry Edit Utility Floppy / chntpw                         *   * (c) 1997 - 2007 Petter N Hagen - [email protected]                    *   * GNU GPL v2 license, see files on CD                                   *   *                                                                       *   * This utility will enable you to change or blank the password of       *   * any user (incl. administrator) on an Windows NT/2k/XP/Vista           *   * WITHOUT knowing the old password.                                     *   * Unlocking locked/disabled accounts also supported.                    *   *                                                                       *   * It also has a registry editor, and there is now support for           *   * adding and deleting keys and values.                                  *   *                                                                       *   * Tested on: NT3.51 & NT4: Workstation, Server, PDC.                    *   *            Win2k Prof & Server to SP4. Cannot change AD.              *   *            XP Home & Prof: up to SP2                                  *   *            Win 2003 Server (cannot change AD passwords)               *   *            Vista 32 and 64 bit                                        *   *                                                                       *   * HINT: If things scroll by too fast, press SHIFT-PGUP/PGDOWN ...       *   *************************************************************************

  =========================================================   There are several steps to go through:
  - Disk select with optional loading of disk drivers
  - PATH select, where are the Windows systems files stored
  - File-select, what parts of registry we need
  - Then finally the password change or registry edit itself
  - If changes were made, write them back to disk

  DON'T PANIC! Usually the defaults are OK, just press enter
               all the way through the questions

  =========================================================   ¤ Step ONE: Select disk where the Windows installation is  
=========================================================

  Disks:   Disk /dev/sda: 42.9 GB, 42949672960 bytes

  Candidate Windows partitions found:    1 :        /dev/sda1   40958MB BOOT

Here it has found one disk with one partition

  Please select partition by number or    q = quit    d = automatically start disk drivers    m = manually select disk drivers to load    f = fetch additional drivers from floppy / usb    a = show all partitions found    l = show propbable Windows (NTFS) partitions only   Select: [1]

Here you select one of the partitions listed above (in this case there is only one) or one of the letters from the menu.

Floppy users may need to do 'f' to load in more drivers from another floppy.

The 'd' option will re-run the PCI scan and start relevant drivers (they must already be loaded from floppy with 'f' option)

The 'm' for manual load will present a list of all the drivers with short description if available, and allow you to specify which to load. (Dependecies are handled automatically)

Here we only have one partition, so we just press enter to select it.


  Selected 1

  Mounting from /dev/sda1, with filesystem type NTFS

  NTFS volume version 3.1.

It was an NTFS filesystem, and it mounted successfully.


  =========================================================   ¤ Step TWO: Select PATH and registry files  
=========================================================   What is the path to the registry directory? (relative to windows disk)   [WINDOWS/system32/config] :

The registry is usually system32/config under WINDOWS or WINNT directory, depending on the windows version (and it may be changed during installation). If the correct partition has been selected, the default Prompt will be adjusted to match if it can find one of the usual variants.

We accept the defaults.. and get a (bit filtered) directory listing showing most of the interesting registry files


  -rw-------    2 0        0          262144 Feb 28  2007 BCD-Template
-rw-------    2 0        0         6815744 Sep 23 12:33 COMPONENTS   -rw-------    1 0        0          262144 Sep 23 12:33 DEFAULT   drwx------    1 0        0               0 Nov  2  2006 Journal   drwx------    1 0        0            8192 Sep 23 12:33 RegBack  
-rw-------    1 0        0          524288 Sep 23 12:33 SAM   -rw-------    1 0        0          262144 Sep 23 12:33 SECURITY   -rw-------    1 0        0        15728640 Sep 23 12:33 SOFTWARE   -rw-------    1 0        0         9175040 Sep 23 12:33 SYSTEM   drwx------    1 0        0            4096 Nov  2  2006 TxR   drwx------    1 0        0            4096 Feb 27  2007 systemprofile

  Select which part of registry to load, use predefined choices   or list the files with space as delimiter   1 - Password reset [sam system security]   2 - RecoveryConsole parameters [software]   q - quit - return to previous   [1] :

Choice 1 is for password edit, most used. But if you wish, you can load any of the files (just enter it's name) and do manual registry edit on them.

But here, we select 1 for password edit, some files are copied around into memory and the edit application is invoked.


  Selected files: sam system security   Copying sam system security to /tmp

  =========================================================   ¤ Step THREE: Password or registry edit  
=========================================================   chntpw version 0.99.5 070923 (decade), (c) Petter N Hagen   Hive  name (from header): <\SystemRoot\System32\Config\SAM>   ROOT KEY at offset: 0x001020 * Subkey indexing type is: 666c <lf>   Page at 0x44000 is not 'hbin', assuming file contains garbage at end   File size 524288 [80000] bytes, containing 11 pages (+ 1 headerpage)   Used for data: 288/250904 blocks/bytes, unused: 15/23176 blocks/bytes.

  Hive  name (from header): <SYSTEM>   ROOT KEY at offset: 0x001020 * Subkey indexing type is: 686c <lh>   Page at 0x8b4000 is not 'hbin', assuming file contains garbage at end   File size 9175040 [8c0000] bytes, containing 2117 pages (+ 1 headerpage)   Used for data: 96982/6224016 blocks/bytes, unused: 4381/2830032 blocks/bytes.

  Hive  name (from header): <emRoot\System32\Config\SECURITY>   ROOT KEY at offset: 0x001020 * Subkey indexing type is: 666c <lf>   Page at 0x6000 is not 'hbin', assuming file contains garbage at end   File size 262144 [40000] bytes, containing 5 pages (+ 1 headerpage)   Used for data: 334/17312 blocks/bytes, unused: 7/3008 blocks/bytes.


  * SAM policy limits:   Failed logins before lockout is: 0   Minimum password length        : 0   Password history count         : 0


  ======== chntpw Main Interactive Menu ========

  Loaded hives:   

    1 - Edit user data and passwords
    2 - Syskey status & change
    3 - RecoveryConsole settings
        - - -
    9 - Registry editor, now with full write support!
    q - Quit (you will be asked if there is something to save)


  What to do? [1] ->

This demo shows selection 1 for password edit, but you can also do other things. Note that 2, Syskey may be dangerous! AND NOT NEEDED TO RESET PASSWORDS! and does not work at all on Vista, but you get some info before you do any changes.

Selection 3, RecoveryConsole is only relevant for Win2k, XP and 2003 and you must have selected to load the SOFTWARE part of the registry (selection 2) earlier.

The manual registry editor is always available, it is not the most user-friendly thing, but anyway..

We continue our quest to change our "admin" users password..


  ===== chntpw Edit User Info & Passwords ====

  | RID -|---------- Username ------------| Admin? |- Lock? --|   | 03e8 | admin                          | ADMIN  |          |   | 01f4 | Administrator                  | ADMIN  | dis/lock |   | 03ec | grumf1 |        |          |   | 03ed | grumf2                         |      |          |   | 03ee | grumf3                         |        |      |   | 01f5 | Guest                          |        | dis/lock |   | 03ea | jalla1                         | ADMIN  | *BLANK*  |   | 03eb | jalla2                         |        | *BLANK*  |   | 03e9 | petro  | ADMIN  | *BLANK*  |

This is a list of all local users on the machine. You may see more users here than in the overly user-friendly control panel, for example XP has some help and support built in users. The users marked "ADMIN" are members of the administrators group, which means they have admin rights, if you can login to one of them you can get control of the machine.

The buildt in (at install time in all windows versions) administrator is always RID 01f4. This example is from Vista, and Vista by default has this locked down (the installer instead asks and makes another user the regular use administrator, in this case RID 03e8)

The "lock?" collumn show if the user account is disabled or locked out (due to many logon attempts for example) or BLANK if the password seems to be blank.

We select to edit the "admin" user (this was the user made administrator by the Vista installer)


  Select: ! - quit, . - list users, 0x - User with RID (hex)   or simply enter the username to change: [Administrator] admin

  RID     : 1000 [03e8]   Username: admin   fullname:   comment :   homedir :

  User is member of 1 groups:   00000220 = Administrators (which has 4 members)

Group 220 is THE BOSS GROUP! :)

  Account bits: 0x0214 =   [ ] Disabled        | [ ] Homedir req.    | [X] Passwd not req. |   [ ] Temp. duplicate | [X] Normal account  | [ ] NMS account     |   [ ] Domain trust ac | [ ] Wks trust act.  | [ ] Srv trust act   |   [X] Pwd don't expir | [ ] Auto lockout    | [ ] (unknown 0x08)  |   [ ] (unknown 0x10)  | [ ] (unknown 0x20)  | [ ] (unknown 0x40)  |

  Failed login count: 0, while max tries is: 0   Total  login count: 3

Some status info, user is locked out if "Disabled" is set or "Failed login count" is larger than "max tries" policy setting. This user is not locked in any way. The lockout can be reset with option 4 below.

  - - - - User Edit Menu:    1 - Clear (blank) user password    2 - Edit (set new) user password (careful with this on XP or Vista)    3 - Promote user (make user an administrator)   (4 - Unlock and enable user account) [seems unlocked already]    q - Quit editing user, back to user select   Select: [q] > 1   Password cleared!

Here we just reset/clear/blank the password. But you can also try to set a new password with option 2, but it will only work if the password is not blank already. Also, it often fails to work on XP and newer systems.

Number 3 is to put a non-admin user into the administrators (220) group, thus making the user an administrator. IT IS STILL EXPERIMENTAL AND IT MAY sometimes RESULT IN STRANGE ERRORS WHEN LATER EDITING THE GROUP FROM WINDOWS! Also, usually pointless in promoting the Guest user, as it is most likely forbidden to log in by the security policy settings.


  Select: ! - quit, . - list users, 0x - User with RID (hex)   or simply enter the username to change: [Administrator] !

Exclamation point ! quits out (it's SHIFT 1 on the US keyboard layout used on the boot CD) Then we get back to the main menu, and select to quit..


  ======== chntpw Main Interactive Menu ========

  Loaded hives: <sam> <system> <security>

    1 - Edit user data and passwords
    2 - Syskey status & change
    3 - RecoveryConsole settings
        - - -
    9 - Registry editor, now with full write support!
    q - Quit (you will be asked if there is something to save)


  What to do? [1] -> q

  Hives that have changed:    #  Name    0   - OK

  =========================================================   ¤ Step FOUR: Writing back changes  
=========================================================   About to write file(s) back! Do it? [n] : y

You must answer y, or the changes will not be saved. This is the last chance to change your mind!

  Writing  sam

Only changed files of the registry are actually written back.

If you forgot something, you may run again, else press CTRL-ALT-DEL to reboot.


  ***** EDIT COMPLETE *****

  You can try again if it somehow failed, or you selected wrong   New run? [n] : n  
=========================================================

  * end of scripts.. returning to the Shell..   * Press CTRL-ALT-DEL to reboot now (remove floppy first)   * or do whatever you want from the Shell..   * However, if you mount something, remember to umount before reboot   * You may also restart the script procedure with 'sh /scripts/main.sh'

  (Please ignore the message about job control, it is not relevant)


  BusyBox v1.1.0-pre1 (2005.12.30-19:45+0000) Built-in Shell (ash)   Enter 'help' for a list of built-in commands.

  sh: can't access tty; job control turned off And I got about a gazillion questions on this error message, even if it is mentioned in the FAQ It is from the Shell telling it cannot do "job control" which means it cannot handle CTRL-C etc. It HAS NOTHING TO DO WITH YOUR PASSWORD RESET DID NOT WORK! That is caused by a lot of other things.
10
Pimp Juice IT

いくつかのレジストリ値を変更することで、Windowsコンピュータへのコマンドラインアクセス(SYSTEMコンテキストで)を取得できます。その後、パスワードのリセット、新しいアカウントの作成、クラッキングツールの実行などができます。

これは、上級ユーザーおよびシステム管理者向けの短いバージョンです。

1)インストールまたは修復DVD、またはWindows PE 3ブートメディア、または別のHDDにインストールされたWindows 7からWindows 7を起動します。 (ターゲットOSがVistaの場合は、VistaインストールDVD、Windows PE 2、または別のVistaインストールを使用します。ターゲットOSがWindows XPの場合は、Windows PEまたは別のWindows XPインストールを使用します。)

2)ターゲットOSからSYSTEMレジストリハイブをロードします。まずバックアップしてください。

3)Setupキーで、SetupTypeを2に、CmdLineをcmd.exeに変更します。

4)ターゲットOSを起動します。システムコンテキストでコマンドラインウィンドウが表示されます。

このテクニックを使用してパスワードをリセットする方法についての専門家以外の人向けの説明を含む、 詳細がここにあります 。 (パスワードを再設定すると、暗号化されたすべてのファイルとデータが失われることに注意してください。)

9
Harry Johnston

HirenのBootCDと呼ばれる別のツールを使ってパスワードをリセットすることができます。

Hiren's Bootを からダウンロードし 、解凍してBurnCDCC.exeを使ってISOをDVDに書き込みます。

ロックされたPC上でHiren's Bootを使って起動し、表示されるメニューからオフラインNT/2000/XP/Vista/7パスワードチェンジャーを選択してEnterを2回クリックします。 Linuxカーネルブート).

次のプロンプトで、Windowsがインストールされている正しいドライブを選択します。 Enterキーを押して、レジストリディレクトリがWindows/system32/configであることを確認します。

Chntpwのメインのインタラクティブメニューでユーザーデータとパスワードを編集するための[1]を選択します

ユーザー名を入力してを押して、パスワードをリセットするユーザーを選択します。

そこにこのユーザーのためのオプションのリストがあります。 [1]はパスワードをクリアするためのものです。忘れたWindowsパスワードを正しくリセットしたら、「!」を入力してUser Editor Toolを閉じます。

今すぐ「q」を入力し、オフラインパスワードエディタとレジストリツールを閉じるために、Enterキーを押します。

ここで「y」と入力し、Enterキーを押してパスワードの変更を確認します。

今度はそれをまた使いたいかどうか尋ねます。 「n」と入力してEnterキーを押すだけです。

CDを取り出してPCを再起動すると、ユーザーはもうパスワードを持っていないはずです。

これがお役に立てば幸いです。

8
Radu Dramba

Windows Boot Genius - Windows 8.1、8、7、Vista、XPで失われたWindowsローカル管理者/ユーザーパスワードを回復します。

Password Recovery Bundle - Windows 8、7、2008、Vista、XP、2003、2000で紛失した管理者パスワードやその他のアカウントのパスワードを即座にバイパス、ロック解除、またはリセットするシステム、あなたがWindowsのパスワードを忘れてコンピュータにログインできなかった場合。 Windows 2012/2008/2003/2000 Active DirectoryサーバーのWindowsドメイン管理者/ユーザーパスワードもリセットできます。

Renee Passnow - Windowsシステムに依存しないPassNowを使用します。 ログインパスワードのリセット 、ハードディスクのクローンを作成し、ディスクパーティションを作成するか、ディスクをフォーマットし、データを消去し、システム起動時の問題を修正します。

7
Davidenko

私のために働いた方法をカバーするために答えを追加する(それはまだここで他の答えで完全にカバーされていない)。これはWindows 7で動作します。最近のバージョンのWindowsではこの攻撃は終了しています。

他の回答にリストされている他の手順をいくつか試みましたが、成功しませんでした。sethc.exe(スティッキーキー)をcmd.exe hack/trickに置き換えました。しかし、私はNotepad.exeを使用してログファイルを表示するために実行されるからシステムリカバリ後に実行する必要がありました。ドライブをマウントした状態でadminとしてコマンドラインにアクセスするための他のテクニックはうまくいきませんでしたので、私はこのメモ帳のトリックを使わなければなりませんでした。

手順:

  1. シャットダウンして再起動します。 Windowsの起動が表示されたら、電源ボタンを押しながら電源を切ります。

  2. 電源オン。 Windowsの起動時に最後のWindowsの起動に失敗したことが報告されるので、「起動修復を起動する」のオプションが表示されます。このオプションを選択してください。

  3. スタートアップ修復をキャンセルします。システムの復元をキャンセルします。

  4. レポートダイアログに、修復が実行できなかったことが報告されます。そこに「View problem details」を展開してください。問題の詳細の下にx:/ windows/...ログファイルへのリンクが表示されます。これをクリックしてください。

  5. Notepad.exeが開き、ログファイルが表示されます。このメモ帳はAdministratorとして実行されており、マウントされているファイルシステムx:はあなたのハードディスクです。

    5.1メモ帳:ファイル - 開く - X:/ Windows/system32に移動 - sethc.exeにスクロールします

    5.2 sethc.exeを右クリックし、sethc-BACKUP.exeに名前を変更します

    5.3 cmd.exeまでスクロールします。 cmd.exeを右クリックします。コピーします。右クリック。ペースト。

    5.4。 cmd.exeを貼り付けたときにコマンドラインが(管理者として)実行されたので、 'cd x:/ Windows/system32'を実行してから、コマンドラインで 'copy cmd.exe sethc.exe'を実行しました。

    5.4-1コマンドラインを使用したくない場合は、メモ帳ファイルを使用してください。ブラウザを開いてcmd.exeのコピーを作成し、sethc.exeという名前に変更します。

  6. 何もおかしくなく再起動します。

  7. ログインページでシフトキーを5回以上押すとスティッキーキーが表示されます。スティッキーキーの代わりにコマンドラインダイアログが表示されます。管理者として実行しています。パスワードを設定するには、「Net User Administrator *」をクリックします。

ここでの手順のスクリーンショットで良い説明: http://null-byte.wonderhowto.com/how-to/hack-windows-7-become-admin-0160151/


背景:ノートパソコンの管理者パスワードが所有者に知られていませんでした。彼らは管理者特権を持つユーザーアカウントを持っていたので、それが必要であるとは思いませんでした。 Windowsのログインページにユーザーが表示されなくなるまで!ユーザープロファイルが破損しているか、何らかの問題があると考えられます。

私はメモ帳+スティッキーキーをハックの代わりに使えるようにする前に一連の手順を試みました。ここでの記録のために彼らは(そして私が彼らと出会った問題)は:

  1. 誤ったパスワードでAdministratorとしてログインしようとすると、(パスワードをリセットするために)レスキューディスクを挿入するように指示されます。 Windows 7のレスキューディスクをCDに入れました。しかしプロンプトはフロッピーかUSBを頼みました。私は便利なUSBスティックを持っていなかったし、USBブートディスクを作成するのに買い物をしたり手を加えたりするには怠惰でした。

  2. システム修復ディスクを使用してコマンドラインにアクセスすると、sethc.exeをcmd.exe trick/hackに置き換えることができませんでした。または管理者パスワード「Net Use Administrator *」の再設定を許可します。システム修復の管理者やディスクがフルアクセスでマウントされていないようで、コマンドラインは管理者として実行されていましたが、実際の管理者としては実行されていませんでした。 。 。 〜わからない〜

  3. LinuxシステムのレスキューCDを使用して( https://www.system-rescue-cd.org (バージョン4.8.2))私はドライブをマウントすることができませんでした。 ntfs-3g gparted sfdiskツールはGPTで動作するはずでしたが、動作しませんでした。このコンピュータは、Windowsが起動する前にユーザー名+ドメイン+パスワードの入力を要求されるので、確かではありませんが、多少の追加セキュリティが必要です(ドライブのマウントに必要ですか?)

最終的にDIDの作業は、ビューの最後のログファイル(メモ帳で開く)でのシステムリカバリシーケンス(外部/追加のCDは不要)に従ったことです。それから、ファイルを開く - cmd.exeを閲覧する - コピー - 貼り付け - sethc.exeを上書きする。その後、再起動 - スティッキーキーのトリガー - コマンドライン「Net User Administrator *」を使用してパスワードを設定します。

結論として、このソリューションでは追加の起動CDや修復CDを用意する必要はありません。それは非常に移植性があります:-)それはとても簡単です。そのため、おそらく最初のパスワード回復方法の1つとして試してみる価値があります。

6
gaoithe

ログインを迂回してシステムを起動するには、 Kon-Boot を使用します。ログイン後、必要なパスワードに変更してください。

5
Shankar

ここでの答えの中には、かなり複雑なものもあります。私が知っている最も簡単な方法は、Windowsパスワードレスキューを使用することです。

説明を使用する方法はすべてここにあります: http://www.daossoft.com/documents/how-to-use-windows-password-rescuer-personal.html

編集:ここのコメントで示唆されているようにあなたが必要とするものです。

  1. 他のコンピューター

  2. Windowsパスワードレスキューソフトウェア

  3. USBディスクまたはCD/DVD

ステップ:

  1. DaosoftのWebサイト http://www.daossoft.com/products/windows-password-rescuer.html からツールをダウンロードしてください。
  2. 利用可能なコンピュータにインストールしてから実行します。
  3. ツールを使用してパスワード回復ディスク(USBフラッシュドライブまたはCD/DVD)を作成します。
    • あなたが持っているもの(USBフラッシュドライブまたはCD/DVD)に応じてメディアの種類の間で選択してください..それがオンになっているドライブを選択してくださいステップ2で燃え始めるをクリックしてください..
    • 完了したら、USBフラッシュドライブまたは使用しているCD/DVDを取り出します。
  4. 今修復されるべきコンピュータ上で作られた回復ディスクに応じてCD/DVDまたはUSBディスクにそれを起動します。
  5. コンピュータを再起動してください。リカバリディスクがすでに挿入されているはずです。
  6. リカバリディスクから起動するはずです。
    • uI上で影響を受けるウィンドウを選択してください。
    • 次にリセットしたいアカウントを選択してください
    • 次にパスワードの再設定をクリックすると、そのアカウントのパスワード再設定の確認を求めるプロンプトが表示されます - はいをクリックします
    • テーブルでは、選択したアカウントのパスワードは空白になっているはずです。
  7. 再起動をクリックします。リカバリディスクを取り出すことができることを示す確認ウィンドウが表示されます。取り出して、[はい]をクリックします。

アカウントにログインしても問題ありません。

5
Chan

管理者パスワードのリセットWindows 8.1、2016年11月


私は この の質問に答えることを望みます、なぜならそれは7ではなくWindows 8.1に関するものですが、それは不意に閉じられています。

誤解を避けるために:私は勝利8.1 admin-pwを回復する必要がありました。

あなたがこの答えを試してみれば: https://superuser.com/a/952224/82741 とそのオプション1、あなたはそれがわかります、トリックは動作しなくなりました。

最後のステップは、@ td512Net User ...の使用を示唆している場合、私の場合はうまくいきませんでした。代わりに、PW:type control userpasswords2を変更するためのWindowsからのGUIを使用できることがわかりました。これにより、Net User ...の代わりに表示されるようになりました。

3
Keks Dose

もう一つのヒント。 Windows 8およびWindows 10の場合、推奨されるログイン方法はMicrosoftアカウントです。そのため、パスワードを再設定して新しいパスワードをログインに使用できます。

Microsoftアカウントのパスワードリセットページ: https://account.live.com/password/reset

ローカルのWindowsアカウントの場合、 このチュートリアル を実行してパスワードをリセットできます。

3
zuligan

私は過去にこの問題を抱えていましたが、パスワードを破る方法を見つけました。これをダウンロードしてREADME.txtファイルを読むだけで、パスワードを破ることができるすべての簡単なステップが得られます。それでも私はあなたのためにステップを書いています:

ステップ:

ステップ1: からファイルをダウンロードする

ステップ2:ダウンロードしたすべてのファイルをリムーバブルディスク(ペンドライブ)にコピーする

ステップ3:コマンドプロンプトを開くこの行を書く:h:\ syslinux.exe -ma h:( "h"をi、j、Gのようなあなたのリムーバブルドライブに置き換えなさい)

ステップ4:ターゲットPCにペンドライブを挿入して、このペンドライブを起動します(レガシーがオンになっている必要があります)。

ステップ5:あなたがクリアパスワードのような指示を得るまで、すべてのステップを介して入力をクリックしてください。

ステップ6:このステップをクリアした後password.com.comこのステップを完了してシステムを再起動します。パスワードの入力は求められず、コンピュータが起動します。

1
ALI SHEKH