webdevqa.jp.net

Windows初心者モード、HomeおよびHome Premiumにはgpeditが含まれていません。インストールするにはどうすればよいですか?

グループポリシーエディタ(gpedit.msc)の使用を必要とするWindowsにいくつかの変更を加えたいです。

残念ながら、グループポリシーエディタは、WindowsのStarter Edition、HomeおよびHome Premiumエディションには含まれていません。

どうやってインストールできますか?

41
DavidPostill

Windows Starter Edition、HomeおよびHome Premiumにgpedit.mscをインストールする方法を教えてください。

Windows 7 64ビットHome Premiumにgpedit.mscを正常にインストールするには、次の手順を使用しました。

ノート:

  • Moab によってWindows 10上で作業していることを確認した

  • Windows 8、Windows 8.1、Windows 10でも同様に動作します。私は個人的にこれをテストしていません。

更新:私たちの読者によると、このツールはWindows 8、Windows 8.1、Windows 10でも問題なく動作します。

今日は、Windows 7に必要なシステムファイルをインストールする簡単なインストーラーを共有します。これにより、Windows 7のすべてのエディションでグループポリシーエディターを楽しむことができます。

  1. まず以下のリンクを使用してセットアップファイルをダウンロードしてください。

    グループポリシーエディタインストーラのダウンロード

    ダウンロードリンクは、上記のページの右側にあります。 download link

  2. Zipファイルをダウンロードしたら、WinRARまたは7-Zipを使用して解凍します。

  3. 解凍されたsetup.exeファイルを実行します。

    ファイルがインストールされ、RUNまたは[スタート]メニューの検索ボックスからgpedit.mscコマンドにアクセスできるようになります。

注意:

  • Windows 7 64ビット(x64)ユーザーの方へ!また、「C:\ Windows」フォルダにある「SysWOW64」フォルダに移動し、そこから「GroupPolicy」、「GroupPolicyUsers」フォルダ、およびgpedit.mscファイルをコピーして「C:\ Windows\System32」に貼り付ける必要があります。フォルダ。

Gpedit.mscの実行中に "MMCはスナップインを作成できませんでした"というエラーメッセージが表示された場合は、以下の手順を実行して問題を解決してください。基本的には、Windowsのユーザー名に複数のWordが含まれている場合に発生します。

  1. インストーラを実行し、最後のステップでそれを残します(「Finish」ボタンをクリックしないでください)。

  2. C:\Windows\Temp\gpedit\フォルダに行きます。

  3. 32ビット(x86)版のWindows 7を実行している場合は、x86.batファイルを右クリックして[プログラムから開く - >メモ帳]を選択します。 64ビット版(x64)版のWindows 7を実行している場合は、x64.batファイルを右クリックして[プログラムから開く - >メモ帳]を選択します。

  4. ファイル内に次の文字列を含む合計6行があります。

    %username%:f

  5. それらの行を編集して、%username%:f"%username%":fに置き換えます。

    オリジナル:icacls %WinDir%\SysWOW64\gpedit.dll /grant:r %username%:f

    新機能:icacls %WinDir%\SysWOW64\gpedit.dll /grant:r "%username%":f

  6. ファイルを保存して実行します(右クリック - > [管理者として実行])。

  7. それでおしまい。 gpedit.mscが動作します。

ソース Windows 7 Home Premium、Home BasicおよびStarter Editionで "グループポリシーエディタ"(gpedit.msc)を有効にする方法


グループポリシー設定リファレンスガイド

マイクロソフトは、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008 R2、およびWindows Server 2012 R2用の完全なグループポリシー設定リファレンスガイドを更新し、ダウンロードとして入手できるようにしました。

ダウンロードは、さまざまなオペレーティングシステム用のスプレッドシートの形式で入手できます。だからあなたはあなたが興味を持っているかもしれないそれらのオペレーティングシステムのためだけにスプレッドシートをダウンロードすることができます。

表計算ダウンロードリンク

...

これらのスプレッドシートでも非常に便利なのは、設定が変更されたときに影響を受けるレジストリキーも一覧表示されることです。もちろん、特定のポリシー設定を裏付けるレジストリキーと値の名前を知るために、常にグループポリシー設定の検索を使用できますが、これらのスプレッドシートでは、すべてを1か所にまとめています。

管理用テンプレートスプレッドシートには、再起動、ログオフ、スキーマ拡張に関連する各ポリシー設定の動作に関する詳細情報を提供する3つの列があります。これらの列は以下のとおりです。

  1. ログオフが必要:この列の「はい」は、Windowsオペレーティングシステムが、説明されているポリシー設定を適用する前に、ユーザーがログオフして再度ログオンすることを要求することを意味します。
  2. 再起動が必要:この列の「はい」は、Windowsオペレーティングシステムが、説明されているポリシー設定を適用する前に再起動を必要とすることを意味します。
  3. Active Directoryスキーマまたはドメインの要件:この列の「はい」は、このポリシー設定を展開する前にActive Directoryスキーマを拡張する必要があることを意味します。
  4. ステータス:この列の「新規」は、設定がWindows Server 2012およびWindows 8より前には存在しなかったことを意味します。設定がWindows Server 2012およびWindows 8にのみ適用されることを意味するのではありません。どのオペレーティングシステムにポリシー設定を適用するかを決定します。

ソース Windows 10/8.1/7/Server用グループポリシー設定リファレンスガイド

29
DavidPostill

Windows(少なくともWindows 10ホーム)にはグループポリシーエディタパッケージが付属していますが、デフォルトでは無効になっています。 dismを使って他のオプション機能と同じようにインストールできます。

グループポリシーパッケージファイルは、次の場所にあります。

%SystemRoot%\servicing\Packages

ファイル名の一致

Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package*.mum
Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package*.mum

そしてインストールのためのコマンドは以下のフォーマットに従います:

dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\{{PackageFileName}}"

実行中のOSに適用するように指示するために使用されていた/online

/norestartは自動再起動しないように伝えます

これらのgpedit.mscをインストールした後に利用可能になります。信頼する必要がある外部実行可能ファイルをダウンロードしたり、安全かどうかを調べたりする必要はありません。

17
Patrick Evans

Windows Home版の gpedit.mscに代わるものは? はこの質問の複製としてマークされているので(技術的にはそうではありませんが)、私は投稿します。ここではgpeditに代わるものです。

すべてのグループポリシーはレジストリ値に対応しています。レジストリ値はregeditで編集できます。さまざまな値を含む対応は、 gpsearch.azurewebsites.net に記載されています。それは明らかにマイクロソフトの従業員によって維持されているので、それはかなり信頼できます。

6
lapis

gpedit機能を含むアップグレード版のWindowsを購入するか、含まれているgpeditパッケージのロックを解除します。

Windows版の低グレードは機能としてgpeditを含みませんが、高価なものは含みます。 MicrosoftのWebサイトでは、Windowsのバージョンごとに機能セットが説明されています。

Gpeditのロックを解除することができます。これはMicrosoftが別の方法を提供していることを示しています。アップグレードを購入したくない場合は、gpedit.mscを追加することができます。Home版では、Gpeditは管理用テンプレートの変更を有効にしないことがあります。

David Postillがスクリプトにリンクしていて、それが機能しないことを発見した人もいます。 Davit Postillの答えからスクリプトをインストールしようとしたばかりの場合は、次の手順に従ってスクリプトによる変更を元に戻してください。または、次の部分にスキップすることもできますgpedit.mscを追加する。

Deviant Artからのスクリプトの変更を元に戻す

Deviant Artのサードパーティ製ソフトウェアは、コンパイル時に正当なものであった可能性がありますが、この質問が投稿されてから2年以上が経ち、サードパーティ製ソフトウェアは今日のWindowsインフラストラクチャと互換性がなくなっている可能性があります。

Deviant Artのサードパーティスクリプトは、フォルダを作成し、gpeditに関連付けられたファイルのコピーをバックアップします。 %WinDir%\SysWOW64\GPBAKに移動します。

スクリプトの効果を元に戻すには、バックアップしたファイルを%WinDir%\SysWOW64フォルダーにコピーします。つまりgpedit.dllfde.dllgptext.dllappmgr.dllfdeploy.dllです。

%WinDir%\System32\フォルダーに移動して、手動でコピーされたgpedit.mscを削除するか置き換えます。 gpedit.mscフォルダから%WinDir%\SysWOW64を削除することもできます。

必要に応じて、これらのファイルに追加されたセキュリティ権限からアカウントを削除してください。

%WinDir%\SysWOW64\GroupPolicy%WinDir%\SysWOW64\GroupPolicyUsersフォルダーもスクリプトによって作成および変更されます。ここで行われるべき逆があります。

残念ながら、Deviant Artスクリプトはこれらのディレクトリのバックアップを作成するようには見えません。対処方法がわからない。あなたはおそらくフォルダを削除しようとすることができます。 %WinDir%\SysWOW64フォルダからそれらを削除することもできます。

スクリプトを元に戻してgpedit.msc機能を追加した後、Start Menu -> Windows Administrative Tools -> Local Security Policyアプリが存在したことがわかりました。 gpedit.mscからインストールをリセットするまで、Settings -> Updates -> Recoveryをコマンドラインから直接ロードすることはできませんでした。

Gpedit.mscを追加する

グループポリシーパッケージファイルは、次の場所にあります。

%SystemRoot%\servicing\Packages

一致するファイル名を探します。

Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package*.mumMicrosoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package*.mum

それらの.mumファイルの名前を取得し、パッケージファイル名を使用して次のdismコマンドを1つずつ実行します。

dism /online /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\{{PackageFileName}}"

再起動を求められたら、Yキーを押して再起動し、残りのパッケージの追加を終了します。

gpedit.mscが見つからないトークンエラーを与える場合もdllファイルを再登録する必要があるかもしれません。それ以外の場合は、DLLの再登録を避けることをお勧めします。不足しているトークンのエラーを修正するには、%WinDir%\System32\に移動し、この social.technet.Microsoft.com の記事から取得したこのコマンドを実行してください。

For /F %s in ('dir /b *.dll') do regsvr32 /s %s

きれいなReset This PCにはgpedit.mscが必要かもしれません。最初にファイルをバックアップしてください。

DLLが破損した場合のマイクロソフトサポートからの代替ソリューション

マイクロソフトのサポートは、別のコンピューターから新しいWindows ISOをダウンロードすることを推奨しています。メディアドライブ、ネットワークインターフェースなどのドライバがあることを確認してください。さらに詳しい調査の結果、製品版のWindows ISOを入手するには、以前のバージョンのWindowsから、あるいはUbuntuやMacOSからもWindows Media Creation Toolを実行する必要があります。実行元の現在のシステム。

  • 最後の注意:Windowsオペレーティングシステムを変更するときは倫理を使用してください。既定の動作では、Windows Homeにグループポリシーの編集はありません。 「公式機能」としてリストされていないこのパッケージのロックを解除することにより、マイクロソフトが意図したシステムの動作を維持するための努力において、倫理を尊重するべきです。 *

  • また注意してください:私たちがこれらの技術を使用しようとした唯一の理由はそうでなければ治療不可能であろう私たちのシステム上のいくつかのマルウェアの侵入を修正しようとすることです。マイクロソフトは問題解決にそれほど役立っていません。ある時点で、マイクロソフトが私達の場合の利用規約の終了に追いついていないので、マイクロソフトライセンスパラメータのいくつかはおそらく不適切になるはずです。私たちは自分自身でこの問題を解決しようとするしかありませんでした、さもなければ私たちのFair and Squareが購入したWindows 10のバージョンを放棄することになりました。

1
Eeshwar Das

これは私のために働いた:

このコンテンツを含む新しいバッチファイルを作成し( このリンクに基づく )、adminとして実行します。 :

@echo off 
pushd "%~dp0" 

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt 
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt 

for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i" 
pause
0