webdevqa.jp.net

接続を閉じた後にリモートデスクトップのログオフを停止する方法

リモートデスクトップ接続(mstsc.exe)を使用しているときに、接続を閉じると、リモートマシンからログオフされます。

切断後にログオフを停止する方法はありますか?

クライアントコンピューターとサーバーコンピューターはWindows 8のみを実行しています。

その点に注意してください:

tscon.exe RDP-Tcp#1 /dest:console

このエラーを出しています:

Sessionname RDP-Tcp#1 not found

私は成功せずに以下も試しました:

tscon.exe 0 /dest:console 
tscon.exe 1 /dest:console
10
PKSA

さて、あなたの質問といくつかのコメントを読んだ後のいくつかのことと、他の人との間で行ったり来たりするコメント。いくつかの詳細を投稿し、しばらくしてから、テスト/ラボ環境で問題なく動作することを確認した潜在的な解決策を下部に掲載しますが、いくつかの落とし穴などがあるため、私の答えを完全に読むことをお勧めします。

  1. 接続を閉じた後にリモートデスクトップのログオフを停止する方法

    上記のこの質問について、他の人が答えてGPO設定(アイドルおよび切断されたセッションの時間制限を無制限に])を確認し、ユーザーがログオフ。

  2. 現在アクティブなユーザーにログインしています。ログインするとすぐにロック画面が表示されます。物理的に隣り合った2つのコンプでテストされているため、両側からの目視検査は簡単です。これはおそらくXP以来、間違いなく7であり、10に続きます。AppleのリモートデスクトップやTeamViewerのように、インタラクティブに実行できるようになりたいです。

    a。 WindowsでTeamViewerを使用しても、Windowsの非サーバーOSで複数または同時のRDPセッションは許可されません。現在存在しているRDPセッションまたはアクティブなコンソールセッションとのみ対話できるため、対話するために接続するセッションが複数ない場合は、期待した結果が得られません。

    b。他の人がコメントや回答などで言及しているのを見たように、Microsoftはターミナルサーバーアクセス用のサーバーOSおよびクライアントアクセスライセンスを、ユーザーまたはデバイスCALごとに関連付けられたコストで販売しています。サーバーOSの場合、その理由により、このターミナルサーバーRDP拡張機能は有効または無効にされません。

    c。通常、MicrosoftサーバーOSは、より多くの同時セッションをより多くのメモリサポートで同じマシン上でより効率的に処理でき、(サーバーブロートウェアタイプではない)Microsoft組み込み機能や非サーバーOSはデフォルトで最適なパフォーマンスを確保する必要があるため、これらの不要なことは実行されません。自宅のPCでは、これらの機能を合法的に使用し、このタイプの環境にあるサーバーよりも、自宅以外(またはクライアントワークステーション)で使用する場合に便利です。ただし、サーバーではこれらはそれほど必要ではない可能性があるため、この特定のインスタンスで「ブロートウェア」という用語の意味を明確にするために、サーバーOSコンテキストでこれらのブロートウェアをさらに検討します。


可能な回避策

警告:これは、テストまたはラボ環境でのみテスト目的で実行することをお勧めします。ビジネス環境での運用目的での使用はお勧めしません。それ以外の場合は、この長期的な使用の合法性について他に生産目的などで知らないので、自己責任で注意して使用してください。

以下は、無料でダウンロードできるGITHubにあるRDPWrapというソースへのリンクです。サイトのスクリーンショットなどの詳細な手順を含む詳細な手順をサイトに掲載しているので、理解するのはそれほど難しくありません。

必要なものをダウンロードするには、コンパイルされていないソースコードではなく実際のインストールファイルです。以下のリンクからRDPWrapインストールファイルのダウンロードリンクダウンロードにありますそのページのセクションで、RDPWrap-v1.6.Zipという名前のリンクをクリックして、このZipファイルに含まれるEXEおよびバッチインストールファイルなどをダウンロードします(スクリーンショットを参照)。

Gotchas

テストマシンの1つにWindows Updateを適用し、その後この機能が機能しなくなった場合は、再度インストールを実行してファイルにパッチを適用する必要がある場合があります。他のバグパッチについてソースGITHubリソースを確認する必要がある場合もあります。これは他の誰かが提供するものであるため、新しいリリースでは.


重要:ドメインレベルのグループポリシーおよび/またはセキュリティポリシーの設定は、以下にリストされているすべてのローカルレジストリ、ローカルグループポリシー、およびローカルセキュリティポリシーの設定を上書きする場合があります。自分で確認できることではありませんが、これらの設定が指定どおりに設定されていることを確認すると、切断されたRDPセッションが一定期間ログオフされるのを防ぐことができます。ローカル設定を有効にするには、以下のローカル設定を変更した後にマシンを再起動する必要がある場合があります。これらの設定がマシンごとにローカルに設定されていることを確認しても問題が解決しない場合は、ローカル設定よりも優先されるドメインレベルのグループポリシーまたはセキュリティポリシー設定を確認する必要がある場合があります。



同時RDPセッションの同じユーザーアカウントのレジストリ値

スクリーンショットに示すようにこれらのレジストリ値を変更して、SAMEアカウントで複数の同時RDPセッションを許可する機能を有効または無効にします。このキーを手動で変更または作成し、テストシステムでRDPWrapパッチソフトウェアを実行するたびに設定する必要があります。

この設定を変更するには、レジストリを変更する必要があります。次の手順でプロセスを説明します。

  1. レジストリエディターを起動します(デフォルトでは、これはc:\windows\regedit.exeにあります)。
  2. 次のレジストリキーに移動します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TerminalServer

  3. fSingleSessionPerUser値が存在しない場合は、fSingleSessionPerUserという名前の新しいDWORD値を作成します

  4. fSingleSessionPerUser値を開きます。この設定の可能な値は次のとおりです。

    0x0

    ユーザーごとに複数のセッションを許可する

    0x1

    各ユーザーに単一のセッションを強制する

  5. 新しい設定を入力し、[[〜#〜] ok [〜#〜]をクリックします。


切断されたRDPセッションが自動的にログオフされないようにする

A。からGPEDIT.MSC[〜#〜] all [〜#〜]Computer ConfigurationUser Configurationの両方の以下の設定が必要State of Not configuredに設定されます。

これらのグループポリシー設定は、次の場所にあります。

  • Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Windows Components\Remote Desktop Services\Remote Desktop Session Host\Session Time Limits
  • User Configuration\Policies\Administrative Templates\Windows Components\Remote Desktop Services\Remote Desktop Session Host\Session Time Limits

enter image description here


コミュニティスパイスワークスコメントより

B。SECPOL.MSCの下のInteractive logon: Do not requireの下(スクリーンショットが強調表示されている)設定 CTRL+ALT+DELEnabledに設定する必要があります。

1。ローカルポリシー\セキュリティオプション

enter image description here


ダウンロードリンクのスクリーンショット

enter image description here


出典:

5
Pimp Juice IT

これは、ローカルマシンのグループポリシーまたはローカルセキュリティポリシーが原因である可能性があります。両方のインスタンスでこれを修正する手順は似ています。

  • ローカルグループポリシーエディターを起動します: https://technet.Microsoft.com/en-us/library/cc754685.aspx (start> search box> gpedit.msc)(domain users、launch groupポリシー管理、サーバーOUを参照してGPOを編集)

  • 次のGP設定を参照します。[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [リモートデスクトップサービス]> [リモートデスクトップセッションホスト]> [セッション制限時間]-アイドル状態および切断されたセッション制限時間を無制限に設定していることを確認します。

マシンを再起動します。

両方のPC(おそらくRDP先のPC)でこれを実行してみて、どのように進むかを確認してください。

1
Fazer87

リモートデスクトップセッションを終了せずに切断するには接続バー(画面上部の水平バー)の[閉じる]ボタンをクリックすると、セッションを一時的に切断できます。これにより、プログラムが実行されたままになるため、次回接続したときに、中断したところから続行できます。

これでも役立つかもしれません https://technet.Microsoft.com/en-in/library/cc754272.aspx

1
Rohan Gala