webdevqa.jp.net

自動修復でPCを修復できない

Windows 8.1で自動修復を実行することで(オンラインで読んだ記事によると)修正できる問題が発生したので、それを試みました。

実行するたびに、自動修復が失敗し、「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示され、その後、次のログファイルが書き込まれたと表示されます。

D:\ Windows\System32\Logfiles\Srt\SrtTrail.txt

そのログファイルは、ハードディスクにマップされていないD:ドライブにあるため、これは私にはあまり意味がありません。 D:ドライブはCDドライブであり、ハードディスクではありません。このログファイルをチェックして自動修復を修正するための根本的な問題を見つける方法がわからない... C:ドライブで同じログファイルをチェックすると、エラーが含まれていない...おそらく原因私の最後のブートをWindowsに記録します...それで、修復画面でこのファイルをチェックする方法さえありますか?

2
Alexandru

明らかに、D:ドライブは期待したものではないようです。

仮想ハードディスクからWindowsを起動すると、すべてのドライブも交換されます。

修理メニュー/画面では、 Shift+F10 キーボードでコマンドプロンプトを取得します。

次のコマンドを使用して、ハードディスクを確認します。

C:\Windows\system32>diskpart

Microsoft DiskPart version 6.1.7601
Copyright (C) 1999-2008 Microsoft Corporation.
On computer: My-PC

DISKPART> list volume

正確な問題がわからないので、役立つと思われる解決策を以下に示します。そのコマンドプロンプトから、システムを手動で修復できます。

システムファイルを修復します。

sfc /scannow

bCDの再構築

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /rebuildbcd

ディスクの問題をスキャンしています:

chkdsk D: /f

D:はシステムパーティションを示します。

2
MrMAG