webdevqa.jp.net

LANアダプタのIPアドレスを変更せずにWIFIを介してインターネット接続を共有する

Android電話(ルート化されていないSony Ericsson ST15i)があり、ラップトップの有線イーサネット接続(大学のネットワークにリンクされており、認証プロキシを使用)を介してインターネットに接続したいすべての寮の部屋に固定IPアドレスが割り当てられた状態で、インターネットに接続します。この有線接続は、デフォルトの「ローカルエリア接続」としてシステムに表示されます。

私はこれのためにいくつかのことを試みました:

  1. 仮想ルーターマネージャー-アドホックネットワークに接続できないため、Android電話でラップトップをWiFiホットスポットとして認識させるため。しかし、アプリケーションが接続に失敗し、エラー「仮想ルーターを起動できませんでした」。

  2. Windows 7でのインターネット接続の共有-「ローカルエリア接続」からのインターネット接続を共有するように「ワイヤレスネットワーク接続」を設定しようとしましたが、LANアダプターがIPアドレス192.168.137.1に設定されるというポップアップが表示されました-これ私の部屋に割り当てられているIPアドレスとは異なります。

これを機能させる方法はありますか?

前もって感謝します!

5
Joshua

これは、アドホック機能と同様に、Windowsマシンを非常に単純なワイヤレスアクセスポイントとして設定することで実行できます。設定はより困難ですが、はるかに堅牢です。つまり、WiFiをサポートするすべてのデバイスが接続できます。これは「hostednetwork」と呼ばれ、組み込みのMicrosoft仮想WiFiアダプターを使用します。

設定するには、Win-keyを押し、cmdと入力し、Ctrl-Shift-Enterを押して、昇格したコマンドプロンプトを表示します。次に、次のコマンドを入力します。

netsh wlan set hostednetwork mode=allow "ssid=<ssid>" “key=<passphrase>” keyUsage=persistent

ほとんどのオプションは一目瞭然ですが、netsh wlan helpを使用して詳細情報を取得できます。このコマンドを実行すると、hostednetworkは永続的に保存されますが、手動で開始および停止する必要があります。次のコマンドのショートカットを作成することをお勧めします。

netsh wlan start hostednetwork
netsh wlan stop hostednetwork

これらのコマンドも管理者として実行する必要があることに注意してください。

この時点で、Windowsネットワークセンターの「ネットワーク接続」セクションに新しいアイテムが表示されているはずです。プロパティを編集できますが、デフォルト設定で問題なく動作するはずです。電話機は、新しく作成されたアクセスポイントを検出して接続し、192.168.137.0/24の範囲のIPアドレスを取得できる必要があります。ただし、どちらも異なるネットワークを使用しているため、コンピュータの有線接続には影響しませんので、ご安心ください。

接続が確立されている間、PCは、ワイヤレスポート上のマシンが他のポート、ひいてはインターネットとインターフェイスすることを許可しません。このために、インターネット接続の共有(ICS)を使用できます。有線インターフェースのプロパティを編集し、[共有]タブを表示し、チェックボックスをオンにしてこの機能を有効にし、対応するインターフェース、つまりワイヤレスAPを選択します。インターフェイスは少しバグがあります。問題が発生した場合は、元に戻してウィンドウを閉じ、再試行する必要がある場合があります。

出来上がり、あなたのAndroidあなたのPC経由でインターネット。

10
Marcks Thomas

無料でお試しください Connectify 。使いやすく、Windows用のソフトウェアアクセスポイントをインストールします。

0
crea7or