webdevqa.jp.net

msiexecプロパティをWiXC#カスタムアクションに渡すにはどうすればよいですか?

Wxs3.0で作成されているMSIファイルがあります。私のMSIは、新しい C#カスタムアクションプロジェクト を使用して記述されたC#カスタムアクションを参照しています。

カスタムアクションにルーティングされる引数をmsiexecに渡したい-例:

msiexec/i MyApp.msi ENVIRONMENT = TEST#

.wxsファイルでは、次のようなカスタムアクションを参照しています。

<Property Id="ENVIRONMENT"/>
<Binary Id="WixCustomAction.dll"  SourceFile="$(var.WixCustomAction.Path)" />
<CustomAction Id="WixCustomAction" BinaryKey="WixCustomAction.dll"    DllEntry="ConfigureSettings"/>
<InstallExecuteSequence>
   <Custom Action="WixCustomAction" After="InstallFiles"></Custom>
</InstallExecuteSequence>

私のC#カスタムアクションは次のように設定されています:

[CustomAction]
public static ActionResult ConfigureSettings(Session session)
{

}

私は次のようにプロパティにアクセスできることを期待していました:

文字列environmentName = session.Property ["ENVIRONMENT"];

しかし、これはうまくいかないようです。

カスタムアクションでmsiexecに渡したプロパティにアクセスするにはどうすればよいですか?

27
David Laing

代わりに

<CustomAction Id="SetCustomActionDataValue"
              Return="check"
              Property="Itp.Configurator.WixCustomAction"
              Value="[ENVIRONMENT],G2,[CONFIGFILE],[TARGETDIR]ITP_v$(var.VERSION_MAJOR)" />

あなたはこれを書きます:

<CustomAction Id="SetCustomActionDataValue"
              Return="check"
              Property="Itp.Configurator.WixCustomAction"
              Value="Environment=[ENVIRONMENT];G=G2;ConfigFile=[CONFIGFILE];TargetDir=[TARGETDIR]ITP_v$(var.VERSION_MAJOR)" />

次に、次のように変数を参照できるようになります。

string env=session.CustomActionData["Environment"];
30
Tomasz Grobelny

完全を期すために。上記のブログでJeremyLewが説明した方法を使用すると、次のことが可能になります。

呼び出し:

msiexec /i ITP.Platform.2.msi ENVIRONMENT=QA CONFIGFILE=EnvironmentConfig.xml

これを.wxsファイルに含めると:

<Property Id="ENVIRONMENT" Secure="yes" />
<Property Id="CONFIGFILE" Secure="yes" />
<Binary Id="Itp.Configurator.WixCustomAction.dll"
        SourceFile="$(var.Itp.Configurator.WixCustomAction.Path)" />

<CustomAction Id="SetCustomActionDataValue"
              Return="check"
              Property="Itp.Configurator.WixCustomAction"
              Value="[ENVIRONMENT],G2,[CONFIGFILE],[TARGETDIR]ITP_v$(var.VERSION_MAJOR)" />

<CustomAction Id="Itp.Configurator.WixCustomAction"
              Return="check"
              Execute="deferred"
              BinaryKey="Itp.Configurator.WixCustomAction.dll"
              DllEntry="ConfigureItpBrandSettings" />

<InstallExecuteSequence>
  <Custom Action="SetCustomActionDataValue" After="InstallFiles"></Custom>
  <Custom Action="Itp.Configurator.WixCustomAction" After="SetCustomActionDataValue"></Custom>
</InstallExecuteSequence>

カスタムアクションの場合:

    /// <summary>
    /// CustomAction keys should be Environment,BrandId,ConfigPath,itpBasePath
    /// </summary>
    /// <param name="session"></param>
    /// <returns></returns>
    [CustomAction]
    public static ActionResult ConfigureItpBrandSettings(Session session)
    {
        string[] arguments = GetCustomActionDataArguments(session);

        string environmentName = arguments[0];
        string brandId = arguments[1];
        string configPath = arguments[2];
        string itpBasePath = arguments[3];

        //Do stuff

        return ActionResult.Success;
    }

    private static string[] GetCustomActionDataArguments(Session session)
    {
        string[] keys = new string[session.CustomActionData.Keys.Count];
        session.CustomActionData.Keys.CopyTo(keys,0);
        return keys[0].Split(',');
    }

動作します。

CustomActionData引数の解析はかなり醜いですが、機能します。うまくいけば、誰かがこれを行うためのよりエレガントな方法を知っています。

14
David Laing

これが私の作業コードです:

<Binary Id="MyCA" SourceFile="..\bin\ChainerRun.CA.exe" />

<CustomAction Id="SetCustomActionDataValue" Return="check" Property="CustomActionData" Value="TARGETDIR=[TARGETDIR];AA=Description;" />

<CustomAction Id="ReadAndSet" 
            BinaryKey="MyCA" 
            DllEntry="ReadAndSet" 
            Execute="immediate"
            HideTarget="no" 
            Return="check" />

<InstallExecuteSequence>
    <Custom Action="SetCustomActionDataValue" Before="InstallFiles" />
    <Custom Action="ReadAndSet" After="SetCustomActionDataValue" />
</InstallExecuteSequence>

C#カスタムアクション関数の場合:

[CustomAction]
public static ActionResult ReadAndSet(Session session)
{
    ActionResult retCode = ActionResult.NotExecuted;

    System.Diagnostics.Debug.Assert(false);

    session.Log("ReadAndSet() begins ...");

    string installLocation = session.CustomActionData["TARGETDIR"];
    string hostName = session.CustomActionData["AA"];
    ...
}
8
Ben

InstallFilesの後に実行するには、カスタムアクションを遅延カスタムアクションにする必要があります。遅延カスタムアクションにはプロパティへのアクセス権はありませんが、CustomActionDataへのアクセス権はあります。それについて何をするかについての議論については このブログ投稿 を参照してください。 (この例はVBScriptカスタムアクションですが、session.CustomActionDataコレクションを介して値を取得できます。)

8
jlew

Wix Sharpについて話している場合(XML関連のプレーンなWixではありません)、カスタムプロパティを追加するのは簡単です。あなたがしなければならないのはあなたの管理された行動のためにsesPropertiesプロパティを設定することです。

たとえば、「[〜#〜] myprop [〜#〜]」という名前のカスタムプロパティを追加する場合は、次のようにアクションを定義します。

new ElevatedManagedAction(nameof(CustomActions.MyCustomAction))
{
    Condition = Condition.Installed,
    When = When.Before,
    Step = Step.RemoveFiles,
    Return = Return.check,
    Execute = Execute.deferred,
    UsesProperties = "MYPROP"
}

Msiexecコマンドラインを使用してプロパティ値を設定します。

msiexec /i my.msi MYPROP=MYVALUE

そして、カスタムアクションからアクセスできるようになります。

[CustomAction]
public static ActionResult MyCustomAction(Session session)
{
    session.Log("MYPROP VALUE: " + session.CustomActionData["MYPROP"]);
    return ActionResult.Success;
}

プロパティがコマンドラインで設定されていない場合、デフォルト値は空の文字列になります。

0
Funbit