webdevqa.jp.net

Google C ++ユニットテストXMLレポートの生成

私はユニットテストにGoogleテストフレームワークを使用するのが初めてで、テストのXMLレポートまたはコマンド出力をレポートとして生成するつもりです(明らかに印刷することもできます)。 Generate XML Report について読みましたが、レポートの生成方法について明確に理解できていません。どんな助けでも大歓迎です。

乾杯。

22
Neophile

私はv01dのソリューションを参照し、同じ質問に遭遇する可能性のある他の誰に対しても、完全かつ適切にフレーム化された回答を作成しました。

環境変数の設定:

  1. MyComputerに移動し、右クリックしてPropertiesをクリックします。
  2. Advancedタブをクリックし、Environment Variablesをクリックします。
  3. クリックして新しい変数を追加し、次の方法でプロパティを設定します。

    • 変数:GTEST_OUTPUT

    • 値:xml:\ home\user\XML_Report.xml

MSVC++を再起動して、プログラムを再度実行します。指定した 'Value'プロパティに記載されているように、対応するフォルダーでXMLレポートを見つけることができるはずです。さらに、Microsoft Accessを使用してxmlレポートを特定の選択した形式に変換することもできます。これの簡単なチュートリアル/例を以下に示します。 XML変換

お役に立てれば!

12
Neophile

Linux環境の場合:

GTEST_OUTPUT環境変数を次のように設定するだけです:export GTEST_OUTPUT = "xml:/ home/user/src"。または、同じ方法で設定された-gtest_outputフラグを使用します。

19
v01d

@The Newbieによって提案された方法とは別に、コマンドラインでフラグ-gtest_output = "xml:\ home\user\XML_Report.xml"を設定してXMLレポートを生成することもできます。MicrosoftVisualを使用している場合スタジオでは、コマンド引数フラグ-gtest_output = "xml:\ home\user\XML_Report.xml"を追加できます

コマンド引数フラグを設定する:

  1. プロジェクトを右クリックして、プロパティに移動します。
  2. [構成プロパティ]-> [デバッグ]に移動します。
  3. コマンド引数に--gtest_output = "xml:\ home\user\XML_Report.xml"を追加します
10
akib khan

GoogletestはJUnit互換のXMLファイルを生成しません。そのようなシナリオでは、生成されたXMLをJUnit XML形式に変換する必要があります。

報告された問題

回避策

4
Gayan Pathirage